動画

2010年10月12日

尖閣問題 最も損したのは日本

ブログランキングに参加しています。
↓↓↓貴方の応援クリックが明日の活力になります↓↓↓

こちらをクリック尖閣ガス












 上記の写真は、僕が国会議員に同行して、自衛隊機から撮った写真である。尖閣諸島と中国のガス田である。

 今の菅政権は、有力な政治家が超党派で尖閣諸島を観たいと海上保安庁や自衛隊に航空機の出航を依頼しても断られる。

 前原誠司外相は香川県直島町で「政府は一切関知していない。コメントはない」。 民主党の岡田克也幹事長は石川県輪島市で「議員は行動の結果について当然責任を持つ」と不快感を表明した。

 なにせ、中国に怒られるのが怖いらしい。


(参考)

 原口前総務相ら超党派議員、空から尖閣諸島視察

 超党派の国会議員がつくる「国家主権と国益を守るために行動する議員連盟」の原口一博前総務相(民主党)、藤田幸久参院議員(同)、河井克行衆院議員(自民党)、柿沢未途衆院議員(みんなの党)が9日昼、沖縄・尖閣諸島を上空から視察した。
 原口氏は視察後、沖縄県石垣市で記者団に、「尖閣諸島のすべての島を視察し、地域特有の自然が広がるのを確認できた。この地域の重要さを改めて痛感した」と語った。
 視察に際し、議連側は海上保安庁や自衛隊に航空機の出航を依頼したが、「(中国との関係が)微妙な時期だ」などとして断られ、民間機をチャーターした。
(2010年10月9日13時36分 読売新聞)



 北沢防衛相が外務省に怒るも当然だ。

 それは、12日にベトナム・ハノイで開かれる拡大東南アジア諸国連合(ASEAN)国防相会議の際に行う参加国の国防相との個別会談のうち、中国との会談を外務省が要請していなかったからだ。

 それで、北沢防衛相は前原外相に直接電話をして実現したと。


(参考)
 北沢防衛相が外務省にお冠、そのわけは?

 北沢防衛相は8日の閣議後の記者会見で、12日にベトナム・ハノイで開かれる拡大東南アジア諸国連合(ASEAN)国防相会議の際に行う参加国の国防相との個別会談のうち、中国との会談を外務省が要請していないとして「けしからん。腹が立っている」と批判した。

 北沢氏は12日の国防相会議自体には国会日程のため欠席するものの、10、11日にハノイを訪れ米国、中国、ベトナムなど7か国の防衛関係閣僚と個別に会談するよう外務省に調整を要請していた。しかし、外務省は中国の梁光烈国防相について、中国政府に会談を要請する公電を出していなかった。北沢氏は7日に前原外相に直接連絡し、外務省は8日までに公電を出したという。
(2010年10月8日23時38分 読売新聞)



 その結果、尖閣諸島への各国の受け止めは厳しいものとなった。

(参考)

 北沢防衛相の「尖閣は日本の領土」に全面賛同なし 5カ国国防相
(2010.10.12 00:09 共同)

 北沢俊美防衛相は11日、ベトナム、インドネシア、オーストラリア、タイ、シンガポールの国防相と滞在先のハノイ市内で相次ぎ会談、尖閣諸島について「日本固有の領土だ。歴史的にも国際法上も疑いようがない」と説明した。しかし、全面的に賛同した国防相はなく、「国際法に基づき平和的に解決することを望む」(インドネシア)など慎重な対応を求める発言が相次いだ。

 北沢氏は各国との会談で、中国の活発な海洋進出に触れ「連携して対処することが重要だ。緊密に意見交換したい」と提案したが、いずれの国も「広い意味での連携」(同行筋)への賛意にとどまり、中国を名指しする発言はなかったという。

 南沙、西沙諸島の領有権を中国と争うベトナムのフン・クアン・タイン国防相は南シナ海情勢に一切言及しなかった。



 次にこれには驚いた。


 それは、岡田幹事長の『夕刊フジ』(7日)「ズバリ直球」コラムの『尖閣問題 最も損したのは中国』という自らの発言記事だ。

 そこには、「事件発生後、私は外相だった。丹羽宇一郎中国大使は、深夜を含めて、中国外務省に4回呼び出された。『同様の対抗措置を取るべき』という強硬な意見もあったが、私は中国の程永華駐日大使を一度も呼び出さなかった。『お互い冷静になろう』というメッセージを込めたつもりだった。」とある。

 呼び出して抗議するのが外相の仕事、それを官僚にさせるのだから。
 これが民主党の菅政権の「政治主導」の実態だ。

 これでは、日本の権威が失墜するだけだ。
 こうした根底には、菅政権の「静かにしていれば」「先送りすれば良い」という姿勢がある。

 だから東南アジアも日本はあてにならない、嫌だけれども中国とうまくやるしかないとなる。


 なお、先週金曜日・僕が出演した「チャンネル桜」の「領土を守るための日本国憲法を」ご覧ください

shige_tamura at 11:55|PermalinkComments(1)TrackBack(0)clip!

2010年06月21日

民主党によって、マニフェストの信頼性が完全に失われた

 今日は、北海道の札幌すすきので18時から三橋貴明と街頭演説を行います。 

 菅政権の世論調査が出た。
 消費税発言で、読売新聞は、「消費税10% 首相言及 評価する48% しない44%」「内閣支持率55% 民主安堵」となり、「民主党は20日、消費税率を引き上げる場合、低所得者の負担緩和策として、食品などの生活必需品の税率を低く抑える軽減税率導入か、低所得者に対する税の還付を検討する方針を固めた。」との記事も踊る。
 読売新聞だけみていると、菅政権の支持率は高く、消費税10%発言も評価されたとなる。

 一方、朝日新聞は、「内閣支持下落50%、消費税発言響く」とある。現政権に好意的な朝日新聞でさえ、支持率が早速9%下落した。
 同じ時期の世論調査なのにどうしてこんなにも違うのだろうか。

 答えは、読売新聞は財務省との関連が強く、消費税アップに積極的だ。だから、菅政権の消費税発言を後押しする。
 朝日新聞は6月18日の社説で―「消費税タブー」を超えてというタイトルで、、消費増税について「選挙後ただちに超党派の検討の場を設け、早急に方向を定めるべきだ。・・・もとより、消費税にしても子ども手当にしても民主党が総選挙で掲げた主張の大幅な変更であり、「公約違反」のそしりを免れるのは難しい。」と述べている。

 今朝の読売新聞と朝日新聞の記事を比較する。

 読売新聞社が18〜20日に実施した参院選第2回継続全国世論調査(電話方式)で、菅首相(民主党代表)が、消費税率の10%への引き上げに言及したことを「評価する」と答えた人は48%で、「評価しない」44%を上回った。
 税率10%に加え、使い道を「年金、医療及び介護の社会保障給付と少子化対策」と明記した自民党の参院選公約については、「評価する」が55%で、「評価しない」は37%にとどまった。
 首相は17日の民主党の参院選公約発表の記者会見で、「当面の税率は自民党が提案している10%を一つの参考にしたい」と述べた。この首相発言と、自民の参院選公約を評価する人は、ともに多数となった。
  

 朝日新聞が19、20の両日実施した全国世論調査(電話)によると、菅内閣の支持率は50%で、1週間前の前回調査(12、13日)の59%から下落した。不支持率は27%(前回23%)。
「消費税率10%」に言及した菅直人首相の発言には「評価しない」が50%で、「評価する」の39%を上回った。首相が引き上げに前向きと取れる発言をしたことで、消費増税に反対の人たちの離反を招いているようだ。


 同じ時期に行った世論調査結果がこれだけ違い、その評価も真反対だ。
 新聞社は、自らの主張を普及するために世論誘導を行うということだ。


 鳩山政権は消費税「4年間上げない」と言ってきた。この公約をどうするのか?

 昨年の総選挙では、民主党は、子ども手当や高速道路の無料化など民主党のマニフェストは節約だけで9兆円の財源が簡単に生み出せると言った。それを自民党は財源は本当に大丈夫か、「夢物語」「絵空事」ではないかと批判した。

 結局、マニフェストの高速道路の無料化、ガソリンの暫定税率引き下げも実現しない。とくに目玉政策の子ども手当「2万6千円の満額支給は不可能」と長妻大臣が明言した。
 昨年の民主党マニフェストは、財源のあてのない「詐欺」「嘘」「でたらめ」だったということだ。
 このことに謝罪もせずに、今度は消費税10%アップ、足りなければさらにアップというのだから。あきれるばかりだ。


 だから、昨日行われた「新しい日本をつくる国民会議」(21世紀臨調)「政権実績・参院選公約検証大会」でも、民主党の実績・公約に厳しい評価だった。当然だ。
 民主党政権の実績評価では、連合(民主党の支持母体)を除く各団体が「政策」「政権運営」ともに40点台以下とした。
 「予算組み替えや財源の手当てが不十分なまま、マニフェスト(政権公約)に掲げた政策実現のため予算規模を拡大させた」(日本総合研究所)、「マニフェストは大幅見直しに追い込まれているのに、国民に説明していない」(言論NPO)などの批判が相次いだ。

 民主党への評価は、落第の20点代が多く、日本にマニフェストを導入した民主党によって、マニフェストの信頼性が完全に失われた。
 この民主党の罪は大きい。


  小泉人気はすごい!小泉進次郎握手 関口まさかず街頭演説後
 ご覧ください!


菅首相に痛撃 韓国人情婦との私生児を韓国で養育か?
中国と台湾メディアが報じています。ユーチューブで見れます。


shige_tamura at 08:14|PermalinkComments(4)TrackBack(0)clip!

2010年06月14日

三橋貴明事務所で選挙が終わるまで仕事をします。

 ブログの書き込みをしばらくしなかったのは、パソコンの仕様が変わったためです。今日から参院選が終わるまで、自民党本部を離れ、参院選全国区比例の三橋貴明候補の後援会事務所に移りました。
 選挙が終わるまで、秋葉原の事務所で勤務します。
 とはいうものの、実際は全国各地を飛び回り、時には、三橋貴明と一緒に街頭演説をしたりで、皆さんとお会いできることもあろうかとおもいます。よろしくお願いします。

 ところで、菅政権が発足し、高い支持率を保持してますが、よく民主党政権の本質を考えて欲しいと思います。
 民主党のマニフェスト、これはもう実現不可能です。
 高速道路料金、ガソリン税の暫定税率など公約違反に加え、目玉の子供手当も来年は満額支給できないと長妻厚労大臣がいう始末です。

 民主党の年金、経済政策がいかにおかしいか、たいへんわかりやすく解説した本、細野真宏さんの『最新の経済と政治のニュースが世界一わかる本!』(文藝春秋)がでました。これを読めば、民主党政権のいい加減さがわかります。

 金曜日にチャンネル桜で、「防人の道 今日の自衛隊」にゲスト出演し「改めて問う民主党政権の安全保障観」というテーマで出演しました。ユーチューブでご覧いただけます。
 
 僕の紹介です。
 自民党政務調査会調査役で安全保障や憲法改正事案等に携わっておられる田村重信氏をお迎えし、これまで日本が積み重ねてきた信用を失墜させた民主党の外交・安全保障観における不見識ぶりについて、政治の現場で普天間基地移設問題にも長らく携わってこられた氏ならではの視点から、改めて検証していただきます。

shige_tamura at 10:51|PermalinkComments(3)TrackBack(0)clip!

2010年06月07日

菅・新?政権を語る

「"田村重信×ウハラカヨ 菅・新?政権を語る」がUチューブでアップされました。
ご覧ください。

shige_tamura at 09:22|PermalinkComments(1)TrackBack(0)clip!

2010年06月03日

中條高徳講師「日本に遺(のこ)す」動画です

 日本論語研究会の中條高徳講師の「日本に遺(のこ)す」動画です
 とても素晴らしいですよ。

shige_tamura at 15:33|PermalinkComments(1)TrackBack(0)clip!

2010年05月28日

僕の歌「日本を美しく!」「天に向かって!」プロモーションビデオ

 僕の歌「日本を美しく!」「天に向かって!」のプロモーションビデオです。
 応援して下さい。

 CDの購入は、レコード店かセントラルレコードのホームページからできます。

shige_tamura at 12:03|PermalinkComments(3)TrackBack(0)clip!

2010年05月26日

三橋貴明×石井浩郎 地方経済について語る

shige_tamura at 13:07|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2010年05月25日

2010.5.20【口蹄疫問題】江藤拓議員(衆議院本会議)

2010.5.20【口蹄疫問題】江藤拓議員(衆議院本会議)
これは、熱のこもった、すごい演説です。
 再生は、37000を超えてます。

5月20日 衆議院本会議にて江藤拓議員が宮崎に置ける口蹄疫被害について政府の対策を質問。外遊していた赤松農相の責任を追及した。本会議場はヤジと声援で騒然となり、与えられた質問時間を大幅にオーバー。時間オーバーを理由に質問を切り上げさせようとする与党。しかし高木毅自民党議院運営委員会理事のがんばりで最後まで質問が続けられた。最後には江藤議員と高木議員が握手する場面も。本会議場には江藤議員の質問が始まる直前迄は席についていた鳩山総理がなぜか退出。本会議場2階のマスコミ記者席もガラガラだった。なぜだ。口蹄疫問題は日本の酪農に関わる問題だ。そして宮崎は今本当に毎日つらい日々を送っている。江藤議員の元に寄せられた多くの地元の声を記事で紹介します。是非ご覧下さい。


松農相だけではない。民主党議員の正体。どうしこのようなことになるのか。同じ日本人なら宮崎の苦悩を助け合いたいと思うのが当たり前だ。ものすごいヤジで江藤議員の質問を遮ろうとする民主党。この尋常ではないヤジ。国民は民主党に恐怖を感じるだろう。この人たちは自分の意見に従わない人にはなんでもするんだ。罵声を浴びせ妨害する。これが民主党議員、民主党政治の真実だ。宮崎県の皆さん、国民の皆さん。この声を聞いてください。やまと新聞社はたとえ本会議場から追い出されようと、日の丸を胸に真実を報道していきます。三脚を立てての撮影が出来ない状況でした、手ブレにより見にくいと思いますがご容赦ください。これが真実です。..是非ご覧下さい。

shige_tamura at 11:03|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!
ランキング一覧

人気blogランキング

人気blogランキングに参加しました。
応援よろしくお願いします。
月別アーカイブ
最新コメント