日本論語研究会

2019年05月27日

「日本論語研究会」の予定

初めての参加の方は、田村までEmailに、ご連絡ください。stamura@hq.jimin.or.jp

「日本論語研究会」の予定
〜内外出版後援〜

第156回
1、日 時 6月8日(土)16時30分〜18時
2、場 所 TKP東京駅八重洲カンファレンスセンター
 (東京都中央区京橋1-7-1 戸田ビルディング)
https://www.kashikaigishitsu.net/facilitys/cc-tokyo-yaesu/access/
3、講 師 吉川圭一・グローバル・イッシューズ総合研究所 代表取締役
(テーマ、「救世主トランプ―“世界の終末は起こるか?」)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
〇参加費は、1000円(会場費、資料代など)徴収します。(初回の方は、2000円です。)
〇日本論語研究会事務局 (内外出版(株)内)
       Email: bouei_fukyu@naigai-group.co.jp
       F A X: 03−3712−3130
       T E L: 03−3712−0141(担当:積田)
 *なお詳細は、田村までEmailに、ご連絡ください。stamura@hq.jimin.or.jp

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

第157回、『秘録・自民党政務調査会 16人の総理に仕えた男の真実の告白』(田村重信著、講談社)出版記念講演

1、日 時 6月29日(土)16時30分〜18時
2、場 所 TKP東京駅八重洲カンファレンスセンター
 (東京都中央区京橋1-7-1 戸田ビルディング)
https://www.kashikaigishitsu.net/facilitys/cc-tokyo-yaesu/access/
3、講 師 田村重信・代表幹事
(テーマ、「自民党とは?今後の政局は?」)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
〇参加費は、2000円(会場費、本代などを含む)徴収。(初回の方は、+1000円です。)
〇日本論語研究会事務局 (内外出版(株)内)
       Email: bouei_fukyu@naigai-group.co.jp
       F A X: 03−3712−3130
       T E L: 03−3712−0141(担当:積田)
 *なお詳細は、田村までEmailに、ご連絡ください。stamura@hq.jimin.or.jp


shige_tamura at 07:50|PermalinkComments(0)clip!

2019年05月17日

日本ブランドをつくった男・渋沢栄一(その5、終わり)

 渋沢栄一の業績

 渋沢さんの偉大さというのは、
 一つ目は、日本の近代資本主義を見事に創った。
 二つ目は、社会福祉事業です。東京府養育院、貧しい人たちのための施設ですね。それから障害者施設、全国社会福祉協議会の前身である中央慈善協議会の会長も務められました。

 これはお母さんの栄さん、非常に慈悲に富んだ、嗜みの深い方だったそうですが、このお母さんの影響を受けていますね。人に物を施すことが好きで、残り物をいつも取っておいて、困った人が来ると渡していたそうです。

 それから有名な話ですが、近所にハンセン病の娘さんがいたんですね。
 誰からも、相手にされない。
 渋沢さんのお母さんは、その娘さんと一緒にお風呂に入って、背中を流していたそうです。
 そういう素晴らしいお母さんの影響を受けているわけです。

 三つ目は教育への貢献ですよ。
 明治時代になって、東京帝国大学なんかができるわけですが、商業者の地位が低かった。
 商業は二流だと思われていたんです。
 これに渋沢さんは不満を感じ、激怒するわけです。
 そこで実業教育・商業学校が必要だと言うことで、今の一橋大学なんかを創ることに力を注ぐわけです。
 大倉高等商業学校、高千穂商業学校、岩倉鉄道学校なんかもそうですね。

 あと女性のための学校、東京女学館や日本女子大学校ですね。
 いずれも校長を務めました。
 東京帝国大学、早稲田大学とか他の学校にも援助をしています。

 それから道徳教育、「論語が大事だ」ということですね。儒教の発展に貢献したり、あと神社の改築にも援助したり、仏教団体、キリスト教団体にも援助をした。それと民間外交ですね。これにもいろいろと尽力をされたわけです。


 「己の欲せざる所人に施すことなかれ」

 最後になりますが、私は今日、冒頭に「己の欲せざる所人に施すことなかれ」のことを話しました。これに関するエピソードをご紹介して終わりたいと思います。
 一九三七年(昭和十二年)三月に、中国国民政府行政院長の蒋介石が、中国を訪問した財界使節団に対し、次のような挨拶をしました。

 「今日は日本経済考察団の歓迎であるが、自分にとってそんな形式的なものでなく、日本における自分の大先輩で、昔からの知己のある皆さんにお会いでき心から嬉しく思う。ちょうど十年前、私は日本を訪問し、張群と共に渋沢さんにお目に掛かった。
 その時、渋沢さんは自分に『論語』を渡され、『この本を勉強されるように』と言われ、論語の中の『己の欲せざる所人に施すことなかれ』の一節を開いて、『これは、友人の間のみでなく、広く国際間にも適切なる金言であるから、日支両国関係もこの金言を基礎として結合していかなければならぬ。我々も常にこの金言を大事にしたい。この論語の言葉によって両国の調和を図るようにしてほしい』と言われた。
 自分は今でもこの時の渋沢さんから頂戴した論語の本を書斎に置いて、その言葉に背かないよう願っているけれども、この日支両国にとって、大事な存在だった渋沢さんは今はもういない」と。

 そして、皆で起立をして黙祷を捧げたというんです。
 だから論語というのはすごいですよね。
 中国の専売特許じゃなくて、もう渋沢さんの頃になれば日本においても十分浸透して、蒋介石さんに渋沢さんが論語の本をあげて、そして「『己の欲せざる所人に施すことなかれ』という言葉をお互いに大事にしていきましょう」と言った。

 蒋介石さんと渋沢さんの二人が会談した時に、しばしば論語が話題となった。
 渋沢さんは特に「恕」の意味を解説した。
 そして「『己の欲せざる所人に施すことなかれ』というのが両国の平和を保障するものである」と述べたそうです。これに対し、蒋介石は「ただいまの論語の話は深く肝に銘じて忘れません」と言ったそうです。

 今、日中関係が、いろいろと、ゴタゴタしていますが、今月号の『月刊現代』(講談社)で、中国の駐日大使の王毅さんが論文を書かれていて、やっぱりこの言葉が出てきました。「『己の欲せざる所人に施すことなかれ』という使命は今も中国人の心に根差しています」と。

 だからこれから中国とは、「中国語」とか「日本語」というのじゃなくて「論語」という共通語を持ってお互いに話し合いをしていくというのが、いい日中関係を築けるのかなぁと思います。


 シンガポールと「儒教教育」

 そして今、シンガポールが大きく発展していますが、その秘密というのは実は「儒教教育」の徹底にあるんです。
 モラルを向上させるために「儒教教育」をやったんですけど、ところがそれに比例して経済も良くなった。
 どうして経済と儒教が関係あるのかということを今、シンガポールでは、分析しているそうなんですけど、その答えは、まさに渋沢栄一にあるんです。
 つまり信用さえきちんと保たれていれば、経済もどんどん良くなるんです。
 一回、でも誤魔化したり、詐欺をしたりして、相手にわかっちゃったら、同じ人に商品売れないでしょ。
 「あの人は詐欺師なんだよ、あの人は信用ないんだよ」と言われれば、商売ができなくなるわけですよ。
 その意味でも経済を良くするためには道徳が必要なのです。

 それから渋沢さんは政治についても同じだと言っております。
 論語でも、「政は正なり」といい、政治の要諦は正しいことを行うこととあります。
 「道徳を持たなければ、人は付いて来ないし、良い政治はできない」というわけです。

 ちょうど時間が参りましたので、これで終わりたいと思います。
 どうも有難うございました。


shige_tamura at 12:40|PermalinkComments(0)clip!

2019年05月16日

日本ブランドをつくった男・渋沢栄一(その4)

 『日本の信用をつくった男』

 日本の経済、日本の近代化を発展させたんですね。
 そのためには、「道徳」と「経済」を一致させるべきだと。
 それはどういうことかと申しますと、目先のことだけ考えて、とにかく儲けようというのではなく、「いい物を安く売れば、又、いい物が安く売れる」。

 それがある意味、信用なんですね。
 ですからよく「ブランド」と言われますが、私は、「日本というブランド」を渋沢さんがつくったと思うんです。
 日本は戦後、不死鳥のように経済的に復活できた。
 それは、「日本の商品はいいものだ」という信用があったらだと思うんですね。


 『論語の復活が日本を良くする鍵』

 ところが最近それがおかしくなった。
 それはどういうことか。去年亡くなられましたが、京都大学教授で、ノーベル経済学賞候補となった唯一の日本の経済学者である森嶋通夫さんが『日本はなぜ行き詰ったか』(岩波書店)という本を出しました。

 「失われた十年」について書かれておりまして、経済学者ですが、社会学的見地から分析をされております。
そこでは、「日本がなぜ経済的に繁栄したか、それは儒教の精神が生きているから」とあります。

 聖徳太子の十七条憲法もそうですし、三百年に及ぶ徳川幕府の天下泰平も孔子の思想を中心に据えていました。
 明治維新以降もそうですね。教育勅語なんかもそういう精神が生きています。
 しかし、戦争に負けて、GHQ(連合国最高司令官総司令部)によって日本人の伝統・精神が潰されました。
今もその復活はありませんが、でも少なくとも一九八〇年代くらいまでは、そういう儒教的な考え方を持った各界のリーダーがいたんです。

 でも一九九〇年代に入ってから、そういう人たちがさっぱりいなくなっちゃった。だから、大企業のトップがとんでもない嘘を付いたり、事件を起したりするわけですよ。

 だからこのままでは日本は、どんどん腐りきってしまいます。

 ローマ帝国が国の内部から滅んだように日本も同じようなことになってしまう。
 そういう警鐘を鳴らして森嶋通夫さんは亡くなられました。

 ですから、やはり、原点に返って、論語の精神に返って、渋沢栄一という偉大な日本人がいるわけですから、渋沢さんが何をどうやって実践したかということを学ぶことが、これから日本を良くすることなのではないか思います。


shige_tamura at 10:28|PermalinkComments(0)clip!

2019年05月10日

日本ブランドをつくった男・渋沢栄一(その1)

 今度の新札の一万円に渋沢栄一が決まりました。

 僕は、第三回日本論語研究会(平成十七年三月二十日、慶應義塾大学)で
 演題 「論語とそろばんー論語を実践した渋沢栄一」で講演しました。

 そのときの講演録を数回に分けて掲載します。


 「己の欲せざる所は、人に施すこと勿れ」

 日本論語研究会の代表世話人を務めております田村でございます。
 最初に、恒例でございますが、お配りした資料の中にある、論語の一つを皆さんと一緒に詠んでみたいと思います。

 子貢問いて曰く、「一言にして以て終身之を行うべきもの有りや。」と。
 子曰く、「其れ恕か。己の欲せざる所は、人に施すこと勿れ。」と。

 これは子貢、孔子の十人の弟子の一人です。
 孔子よりも三十一歳若い方でございます。
 子貢が孔子に「たった一言で、生涯を通じて実践すべきことはありますか」と尋ねました。
 これに対して、孔子は「それは『恕』だ。恕とは『思いやり』だ。
 自分が他人からやって欲しくないことは、自分も他人にやってはいけない」と答えました。

 人を思いやるということは、言い換えれば、「他人のことでも自分のことのように考える」ということです。
 これは、孔子が、人間の最高の徳と考えている『仁』に通ずるものがございます。
 「人間の行動は、それが仁と言えるか、常に考え、又、仁を身に付けるために一生かけて努力すべきである」という孔子の考えであるわけでございます。

 これからお話をする渋沢栄一さんも、「『恕』は、思いやりであって、『恕』の観念なき者は、やがて冷血、軽薄、もしくは利己主義などと冷評され、その結果、社会から自然に排斥されるであろう」と述べております。

 実は、これと似たような言葉がございます。それはイエス・キリストの言葉です。「己の欲するところを人に施せ」。「自分のしてほしいことを他人にもしてあげなさい」ということです。


 「渋沢栄一を知るには?」

 さて、本題に入ります。
 渋沢栄一さんのことは、良くご存知の方もおられるでしょうし、初めて聞かれる方もおられると思います。
 その意味では、両方の方に百パーセント満足して頂けるかどうかわかりませんけれども、少しでもご理解頂けたらと思います。

 実は本日(2005年3月26日)、夜九時からNHKの番組「NHKスペシャル」がございます。
 新聞のテレビ欄を見ますと、「明治、大きな転換点に直面した日本は劇的な変化を遂げる」、「銀座れんが街、日本海海戦、渋沢栄一と人材活用」というタイトルがあります。

 それから渋沢栄一さんのことを深く知りたい方は、北区の王子駅の近くに「渋沢史料館」というのがございます。こちらに行かれれば、渋沢さんの九十一年に亘る生涯を詳しく知ることができます。
 あと青森県三沢市に「古牧温泉渋沢公園」というのがございまして、ここに港区三田の渋沢邸が、移築されております。
 なぜ、古牧温泉にあるのかと申しますと、この公園の経営者である杉本行雄さん、実は、渋沢さんの書生だったんです。
 それで、いろんな思いがありまして、温泉を造られて、自分が最も尊敬する渋沢さんの屋敷を移築したというわけです。

 この杉本さんという方も大変立派な方でして、「挑戦―五十五歳からの出発、古牧温泉、杉本行雄物語」(実業之日本社、平成四年)という本まで出ております。これは五万部以上のベストセラーとなりました。

 それから最近、作家の津本陽さんが『小説―渋沢栄一』(NHK出版、平成十六年)という本を書かれております。
(以下、続く)

shige_tamura at 14:14|PermalinkComments(0)clip!

2019年04月19日

講演会のご案内

「グローバル・イッシューズ総合研究所 特別企画
共催:一般財団法人尾崎行雄記念財団、日本論語研究会
協力:株式会社近代消防社


日時:(講演会)2019年5月22日18時から19時30分
   テーマ「『憲法と自衛隊そして危機管理』」
講師:田村重信代表幹事

場所:憲政記念館(電話:03―3581―1778)
千代田区永田町1丁目1-1(永田町駅2出口から徒歩約5分、桜田門駅1出口から徒歩約5分
国会議事堂前駅2出口から徒歩約7分)

その後、懇親会が、20時から21時30分があります。
場所:町村会館ペルラン(電話:03―3581―9471)
千代田区永田町1-11-35(有楽町線・半蔵門線・南北線「永田町駅」3番出口徒歩1分)

会費:(講演会)3000円(書籍代込み。当日、尾崎財団受付にてお支払いください)
   (懇親会)4000円(パーティ代。当日、ペルラン受付にてお支払いください)

(注)今回は、事前申し込み制ですので、参加希望者は、田村まで、Emailにて、ご連絡ください。stamura@hq.jimin.or.jp
 田村重信のFBでも可能。
〇講演会参加、懇親会参加と御連絡下さい。(講演会のみの参加もOKです)


*グローバル・イッシューズ総合研究所は、公益財団法人日本国際問題研究所客員研究員田村重信氏を講師に迎え、新防衛計画大綱の概要、日本周辺の軍事環境の変化、憲法と自衛隊の関係、55年体制の崩壊の意味、新聞によって違う憲法・安保報道、憲法改正に関する今後の動向―等々に関して、以下の要領で御講演して頂きます。今回も懇親会を予定しております。多くの方々の御参加を待ち申し上げております。

(講師:田村重信)
1953 年、新潟県栃尾市(現長岡市)生まれ。拓殖大学政経学部卒業後、宏池会(大平正芳事務所)勤務を経て、自由民主党本部勤務。政調会長室長、総裁担当(橋本龍太郎)などを歴任。政務調査会の調査役・審議役などとして外交・国防・憲法・インテリジェンス等を担当。元慶應義塾大学大学院法学研究科非常勤講師。
現在、自由民主党政務調査会嘱託、日本国際問題研究所客員研究員、拓殖大学桂太郎塾名誉フェロー、国家基本問題研究所客員研究員、防衛知識普及会理事長、防衛法学会理事、日本論語研究会代表幹事など。
著書に『知らなきゃヤバい!防衛政策の真実』(育鵬社)、『改正・日本国憲法』(講談社α新書)『日本の防衛政策 第2版』『新・防衛法制』(内外出版)他多数。


shige_tamura at 17:26|PermalinkComments(0)clip!

2019年03月04日

4月の「日本論語研究会」の予定

「日本論語研究会」の予定
〜内外出版後援〜

第154回
1、日 時 4月6日(土)16時30分〜18時
2、場 所 TKP東京駅八重洲カンファレンスセンター
 (東京都中央区京橋1-7-1 戸田ビルディング)
https://www.kashikaigishitsu.net/facilitys/cc-tokyo-yaesu/access/

3、講 師 加藤 和磨 (日本論語研究会 代表幹事)
(テーマ、「論語とビジネス」)


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

〇参加費は別途 1000円(会場費、資料代など)徴収します。(初回の方は、2000円です。)
〇日本論語研究会事務局 (内外出版(株)内)
       Email: bouei_fukyu@naigai-group.co.jp
       F A X: 03−3712−3130
       T E L: 03−3712−0141(担当:積田)

 *なお詳細は、田村までEmailに、ご連絡ください。stamura@hq.jimin.or.jp


shige_tamura at 14:24|PermalinkComments(0)clip!

2017年04月07日

日本論語研究会の予定

 今度の土曜日は、日本論語研究会です。

第136回
1、日 時 4月8日(土)16時30分〜18時
2、場 所 TKP市ヶ谷カンファレンスセンター(新宿区市谷八幡町8番地TKP市ヶ谷ビル) 
3、講 師 岩越 豊雄(公益社団法人 国民文化研究会参与、寺子屋「石塾」主宰)
(テーマ、「二宮尊徳と論語」)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

第137回
1、日 時 5月13日(土)16時30分〜18時
2、場 所 TKP市ヶ谷カンファレンスセンター(新宿区市谷八幡町8番地TKP市ヶ谷ビル) 
3、講 師 筒井 潔(アジアパシフイックコーポレーション(株)代表取締社長)
     (テーマ、「今後の日本と世界」)

第138回
1、日 時 6月10日(土)16時30分〜18時
2、場 所 TKP市ヶ谷カンファレンスセンター(新宿区市谷八幡町8番地TKP市ヶ谷ビル) 
3、講 師 坂本博之(元日本・東洋太平洋チャンピオン)
     (テーマ、「強く、やさしく、生きるには。(仮)」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

〇参加費 無料です。
〇問い合せ先  田村重信(代表幹事)
 Eメールstamura@hq.jimin.or.jp へ連絡下さい。
http://rongoken.com/


shige_tamura at 07:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2017年01月31日

「日本論語研究会」の予定

〜日本政策学校後援〜


第134回
1、日 時 2月4日(土)16時30分〜18時
2、場 所 TKP市ヶ谷カンファレンスセンター(新宿区市谷八幡町8番地TKP市ヶ谷ビル) 
3、講 師 吉川 圭一(グローバル・イッシューズ総合研究所代表取締役)
(テーマ、「トランプ大統領誕生ーその意義と今後」)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
第135回
1、日 時 3月18日(土)16時30分〜18時
2、場 所 TKP市ヶ谷カンファレンスセンター(新宿区市谷八幡町8番地TKP市ヶ谷ビル) 
3、講 師 末富 理栄(防衛省大臣官房企画官)
      (テーマ、「防衛省の仕事」)

第136回
1、日 時 4月8日(土)16時30分〜18時
2、場 所 TKP市ヶ谷カンファレンスセンター(新宿区市谷八幡町8番地TKP市ヶ谷ビル) 
3、講 師 岩越 豊雄(公益社団法人 国民文化研究会参与、寺子屋「石塾」主宰)
(テーマ、「二宮尊徳と論語」)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

〇参加費 無料です。
〇問い合せ先  田村重信(代表幹事)
 Eメールstamura@hq.jimin.or.jp へ連絡下さい。
電話―3581−6211(職場) 
(参考)日本論語研究会の講演日程等は、日本論語研究会のホームページhttp://www.rongoken.com/と代表幹事のブログhttp://tamtam.livedoor.biz/archives/cat_50011952.htmlに掲載しています。

ブログランキングに参加しています。
↓↓↓貴方の応援クリックが明日の活力になります↓↓↓

こちらをクリック


shige_tamura at 12:21|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!
ランキング一覧

人気blogランキング

人気blogランキングに参加しました。
応援よろしくお願いします。
月別アーカイブ
最新コメント