たむたむブログについて

2017年09月25日

解散・総選挙、いろんな動きがあります。

 今日から選挙モードです。
 これから、政治関連のツイートをして行きたいと思います。

 比例復活の自民党の福田峰之氏が離党して新党に参加するのは、相手候補が強くて、今の選挙区では連続落選で、今後も当選の見通しがないため、新党に活路を見出したいというとこです。
 自分が政治家として生き残るための選択です。

 民進党からも、離党して新党へという動きがこれからも出てきます。
 民進党だと落選、新党だと当選確率が増えるという読みです。

 日本のこころの中山代表の新党への参加は、夫君の成彬氏を政治家として復活させたい、そのためには新党が得策との考えです。

 政治家は、理念・政策よりも、自分が当選するには何が得か?
 選挙目的で動く生き物と見た方が良いと思います。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

 こういう人もいるのです。

 細野氏の新党出馬要請、溝口氏断る 「自民お世話に…」
 9/24(日) 23:22配信

6月の静岡知事選で現職の川勝平太氏に敗れた溝口紀子氏(46)は24日、浜松市浜北区で取材に応じ、民進党を離党した細野豪志・衆院議員らが立ち上げる新党から、衆院静岡1区に立候補の打診を受けたことを明かした。その上で、「知事選で自民党の支部や1区選出の上川陽子法相にお世話になった。恩をあだで返すことはできない」と出馬要請を断ったと説明した。

 溝口氏によると、要請があったのは、数日前で、細野氏に非常に近い人からだったという。「知事選で静岡市葵区、駿河区での得票が川勝氏を上回ったことから、1区で知名度があると判断されたようだ」と話した。溝口氏は「知事選の敗因は準備不足、勉強不足。資金も底をつき、今は選挙ができる状態にない」とし、比例区も合わせいずれの政党からも衆院選に立つつもりがないことを明らかにした。
(朝日新聞社)

....................................................................

 政策を盗む、盗まないといった議論はナンセンス。

 国民にとって良いと思う政策があれば、行動に移すことが大事。
 自民党が野党の時、僕は橋本政調会長と細川首相の所にいって、自民党の政策要望を提出、この中で良いものがあれば政府で実行して下さいと言っていた。
 今の政治はおかしい。

.........................................................................

 前原誠司「安保関連法が廃止になると、日米防衛協力(ガイドライン)の合意が履行できなくなる」(2015年11月、読売テレビ)と言っていた。

 ところが、民進党政権公約では「安保法制を白紙化する」と。

 民進党は、日米関係をガタガタにして、なにをしたいのか?

 これが、「言うだけ番長」か!
 酷い!
.........................................................................

 前原・民進党代表は、かつて「共産党はシロアリだ。協力したら土台が崩れる」と言っていました。
 これから、共産党と選挙協力する?
 結果は、どうなるか?

..........................................................................

 前原誠司「私は改憲ではなく“加憲”を主張してきた。9条3項、あるいは10条といった形で、自衛隊の存在を明記してはどうかと考えている」(週刊東洋経済5.13)と明言。

 民進党代表として、どうするんだろう?

..............................................................................

 解散・総選挙は、勝てる見込みのある時にするもの。 

 大義がいくらよくても、不利な時に負ける戦いをするのは愚策。
 「孫子」を読めばわかること。
.........................................................................

 かつて解散すべきと言ってた人は、
 安倍首相は解散できないと思って言ってただけ。

 ところが、解散するとなると、その人達は、驚いて、「大義がない」などと難癖を付けて批判する。


shige_tamura at 13:22|PermalinkComments(0)clip!

2017年01月17日

「ギリシア人の物語 民主政のはじまり(2)」(塩野七生著、新潮社)

政治は、ある職業でもある技術でもなく、高度な緊張を要する生活のなかであり・・・

民主主義にとって最大の敵は、「機能しない」ことであり、「結果が出ない」ことなのだ。


「安全保障」とはなんだろう。

 歴史の成り行きに任せていたら、結果的として百年間保障された、ということか。
 それとも、終了直後からの諸々の対策、保障されなくなった事態も考慮したうえで実行に移した諸々の対策、をつづけてきたからこそ、その結果として、百年間の安全が保障されたということか。

 歴史を後世から見る立場に立つと、前者になる。同じ歴史でも、その時代に生きた人の視点で見ると、後者に変わる。
 前者だと、所詮は成り行きどおりに進むのが歴史だから、それをどうこうしようとして成される人々の努力のすべてが無用に見えてしまう。その中でも常人以上に営々たる努力を惜しまなかったリーダーたちに至っては、常人以上の愚か者で、それでも彼らが何かをやったのは、地位や権力にしがみつきたかったにすぎない、とでも裁かれ終わりだ。
 こう考える人には、「安全」が長期にわたって「保障」された状況を示す「平和」も、ピースと呼ぶほうがふさわしい。英語でピースと言っていると、何となく、そう言っているだけで実現するような気分になってします。

 古代ローマ人は、「平和」を「長期にわたる安全保障の継続」と認識し、厳しくも冷徹な人間たちによる努力の成果、と考えていた。

 このように考えると、権力者も普通の人もふくめた当事者全員の安全保障への努力も、バカバカしくは見えてこなくなる。たとえこの種の努力が、後世から見れば無用に終わったことであっても、愚かな行為には見えてこなくなるのだ。
 それどころか、想定外の事態さえも考えに入れたうえで成された対策の数々があったからこそ、その結果として、たとえ百年間にしても、ギリシア人は「平和」を享受することはできたのであった。ペルシア軍の侵攻を、心配しないで済んだのである。

 これを、地位や権力にしがみつきかったからであると断ずるのは、下品な言い方を許してもらえば、「下司(げす)の勘繰り」にすぎない。下司の勘繰りくらい、歴史に親しむのに、ふさわしくない心の持ちようもないと思っている。

ブログランキングに参加しています。
↓↓↓貴方の応援クリックが明日の活力になります↓↓↓

こちらをクリック

shige_tamura at 14:48|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2017年01月13日

「ギリシア人の物語 民主政のはじまり(1)」(塩野七生著、新潮社)

 ギリシアに誕生した民主制の実態を探るために読んだ。
 以下、参考になったことを記述します。

・「市民」とは?
 スパルタ人にとって「市民」とは、祖国の防衛に生涯を捧げる「戦士」しか意味しない。
一方、アテネはでは、職人も商人も農民も「市民」なのである。


・「本格的な改革を成し遂げる人は」
 既成階級からしかでない。
 既成階級の中には、自分たちが享受してきた既得権を堅持することしか考えない人もいるが、自らでどうしようもない欠陥を直視する人がいる。
 改革は、既得権階級のもつ欠陥に斬りこまないことには達成できない。斬りこむには、欠陥を知りつくす、というか肌で知っている者のほうが有利にきまっている。どこに、どう斬りこめば成功するか、家庭教育で自然に会得し、この種の「蓄積」はいかに優秀な新興階級の出身者でも、一朝一夕には得られるたぐいのものではなかった。


・「デモクラシー」
 古代アテネの「デモクラシー」は、「国政の行方を市民(デモス)の手にゆだねた」のではなく、「国政の行方はエリートたちが考えて提案し、市民にその賛否をゆだねた」。
 エリート(特権階級)をぶっ壊したのではなく、その温存を謀ったのだ。

 アテネの民主政は、高邁なイデオロギーから生まれたのではない。必要性から生まれた、冷徹な選択の結果である。このように考える人が率いていた時代のアテネで民主主義は力を持ち、機能したのだ。それがイデオロギーに変わった時代、都市国家アテネを待っていたのは衰退でしななかった。
 

・「指導者」
 興隆期のアテネの指導者たちは、一人を除く全員が、名門の出身者で占められているのには驚かされる。アテネの改革の中心人物を考えると、世襲の弊害なんて言ってはいられない、と思うくらいの世襲の連続だ。
 アテネの指導者たちは、理想を追うことがイデオルギーという名の目的になってしまう、人間性に無知で単純な理想主義者ではなかったのである。
 これにより、自らが属する階級の基盤をぶち壊すことによって、かえってその階級の持つ真の力をより強く発揮させる政体の構築という大技までやってのけた、アテネ人らしく悪賢いクリステネスをどうぞ。=「クリステネスの改革」


・「棄権、少数意見」
 棄権や少数意見をことさら重要視すること自体が、民主政治の精神に反する。こう考えないと民主政を機能させていくことはできない。(続く)

shige_tamura at 10:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2017年01月12日

人生、下流から上流に行くためには

 僕は、「政治とは弱いもののためにある」と考えていますから、格差とか、貧困とかに関心があり、それを如何になくせるかを常に考えています。
 その一環で、児童養護施設を支援する元プロボクサーの坂本博之氏を応援しています。

 そこで今回「続・下流社会」(藤田孝典著、朝日新書)を読みました。
 筆者の「下流社会を生み出すのは、自己責任ではない。この国の社会システムの歪みだ。」の考えには一部賛同できません。
 こういった本に共通するのは、例えば、就職がうまくいかないのも「この国が悪い、安倍政権の政策が悪い」といったものが多く、結論は「社会保障制度などの脆弱性が問題」と指摘しています。
 筆者は、カール・マルクスを称賛しています。

 だから、こうした本に書いてあることを読めば、自分がうまくいかないのは「社会のせいだ。自分は悪くない」ということになります。
 それでいったい、就職できない人は、その先うまくいくのか?
 うまくはいかない。他にうまくいっている人がいるからです。

 自ら、うまくいった人に学び、それを参考にして頑張ったほうがいいと思うのだが。

 僕はこうしたことに反対して、「論語」を広めることにしている。
 それは社会の体制を変えることも重要ですが、それによって、うまくいっていない人が必ず上手くいく保障はないからです。

 今週の土曜日に日本論語研究会があります。
 そこで僕が講演をします。

 テーマは、「13年目を迎えた日本論語研究会〜人生を考える〜」とうものです。

 以下が、レジメの一部です。

 自分の人生(生まれる?)、どう生きるか?どう死ぬか?それは自分が決める。

 良い人生、悪い人生=誰が原因か?

 友は?自分が選ぶ。台風になると倒れない木。因果応報


「利のやっこ 位のやっこ多き世に 我はわが身のあるじなりけり」佐佐木信綱

ーなどです。

 人生、うまくいかないことを人のせい、社会のせいにしたら、気が楽になりますが、でもそれで、その人の問題は何も解決しないのです。

 どうすれば、より楽しい人生を送ることができるか?
 それを、僕なりに話したいと思います。

 是非とも多くの方のご参加をお待ちしています。

(その後、パーティも同じビルであります=会費6000円です)


ブログランキングに参加しています。
↓↓↓貴方の応援クリックが明日の活力になります↓↓↓

こちらをクリック

shige_tamura at 09:42|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2017年01月11日

「論語から人間学を学ぶ」まもなく出版

 『論語から人間学を学ぶ』(田村重信 著、内外出版)
 出版社HPから予約注文できます。http://www.naigai-group.co.jp/_2016/12/post-61.html

ISBN 978-4-905285-69-4
四六判 全288ページ
定価=本体1,500円+税
1月17日発売!!


田村重信による人間学の集大成!

日本論語研究会での講演のほか、ぐんま政治塾、美濃青年会議所、中国儒学と法律文化研究会(中国浙江省義烏市)での講演を収録!
『論語』から人生のエッセンスを抽出、人生を善き方向へ向かわせるコツ、人間学を学びましょう!


【目次】
はじめに 『論語』を学ぶと、生きる勇気が湧いてきます。
第1部 論語から人間学を学ぶ
(1) 論語から人間学を学ぶ  「修己知人」と「経世済民」
(2) 継続することが目的  「一隅を照らす」と「積小為大」
(3) 田村流・生き方のノウハウ「時間」と「約束」を守る
(4) 日本経済の発展と論語  「アジア経済の発展と儒教」
(5) 政治家と人間学    「中曽根康弘・青雲塾長の教え」
第2部 いま、学ぶべき偉人伝
(1) 孟子と大和魂       吉田松陰 「至誠通天」
(2) 代表的日本人       西郷隆盛 「敬天愛人」
(3) 日本ブランドをつくった男 渋沢栄一 「論語と算盤」
(4) 聖徳太子の十七条憲法   聖徳太子 「以和為貴」
(5) 善く生きるとは      ソクラテス「無知の知」
おわりに

ブログランキングに参加しています。
↓↓↓貴方の応援クリックが明日の活力になります↓↓↓

こちらをクリック


shige_tamura at 11:24|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2017年01月10日

防衛・憲法・外交関連の本

 来週、19日に防衛省で講演をしますが、その際の講演レジメを休暇中に作成しました。
 その中で、僕が出版した防衛・憲法・外交関連の本を整理しました。

 有事法制(武力攻撃事態対処法案など)が国会で議論されたときは、『急げ!有事法制』を作りました。これは、書店などにいくと「有事法制は危険だ、戦争になる」といった反対本しかなく、そこで、国民に正しい知識を理解してもらうために急きょ出版しました。
お蔭さまで、この本は、国会議員が参考にするなど、増刷し、結構売れました。

 その後、防衛知識普及会を作ってテロ特措法や海賊対策の必要性についても、少しでも国民に正しい知識が広まるよう努力しました。

 最近では、一昨年の7月の集団的自衛権を含む閣議決定がなされ、急きょ『安倍政権と安保法制』を出版、これは、憲法と自衛隊の関係をわかりやすく解説し、4刷になりました。

 その後、平和安全法制が国会で成立した後に、『平和安全法制の真実』を出版し、昨年は、『防衛装備庁と装備政策の解説』(共著、内外出版、2016年3月)、『日本の防衛政策 第2版』(編著、2016年9月)を出版しました。

『日本の防衛政策 第2版』は、世界中の日本大使館に送付され、日本の最新の防衛政策の虎の巻になっています。
 現在2刷ですが、今年になって、「まもなく3刷になる予定」と今年になって出版社から嬉しいお話をいただきました。 

 もし、皆様が正しい防衛知識を学びたいのであれば、僕の『安倍政権と安保法制』(内外出版、2014年7月)、『平和安全法制の真実』(内外出版、2015年10月)、『日本の防衛政策 第2版』(編著、2016年9月)をご覧ください。

 自民党の憲法改正が知りたければ、『これで納得!日本国憲法講義』(内外出版2013年8月)、『改正 日本国憲法』(講談社+a新書、2013年11月)をお読みください。

 以下が、今まで出版した僕の防衛・憲法・外交関連の本です。

 26冊になりました。

 今後も、正しい防衛知識の普及のために出版していきます。


「憲法と安全保障」(南窓社、1993年)
「日本国憲法見直し論」(KKベストセラーズ、1994年)
「日米安保と極東有事」(南窓社、1997年)
「日華断行と日中国交正常化」(共著、南窓社、2000年)
「急げ!有事法制」(朝雲新聞社、2002年)
「教科書 日本の安全保障」(共著、芙蓉書房出版、2004年)
「政治と危機管理」(共著、内外出版、2006年)
「防衛法制の解説」(共編著、内外出版、2006年)
「新憲法はこうなるー美しいこの国のかたち」(講談社、2006年)
「防衛省誕生―その意義と歴史」(編著、内外出版、2007年)
「テロ特措法 海上自衛隊の給油活動」(防衛知識普及会編、内外出版、2007年)
「新テロ対策特措法 石破防衛大臣に聞く」(防衛知識普及会編、内外出版、2007年)
「岐路に立つ日本の安全―安全保障・危機管理政策の実際と展望」
                           (共著、北星堂、2008年)
「教科書・日本の防衛政策」(佐藤正久参議院議員と共編著、芙蓉書房出版、2008年)
「日本の防衛法制」共編著、内外出版、2008年)
「防衛省改革」(防衛知識普及会編、内外出版、2008年)
「海賊対策 海上警備行動と海賊対処法案」(防衛知識普及会編、内外出版、2009年)
「漂流する日米同盟」(森本敏監修、海竜社、2010年)
「日本の防衛法制 第2版」(編著、内外出版、2012年)
「日本の防衛政策」(編著、内外出版、2012年)
「これで納得!日本国憲法講義 」(内外出版2013年8月)
「改正 日本国憲法」 (講談社+a新書、2013年11月)
「安倍政権と安保法制」(内外出版、2014年7月)4刷
「平和安全法制の真実」(内外出版、2015年10月)
「防衛装備庁と装備政策の解説」(共著、内外出版、2016年3月)
「日本の防衛政策 第2版」(編著、2016年9月)2刷 

ブログランキングに参加しています。
↓↓↓貴方の応援クリックが明日の活力になります↓↓↓

こちらをクリック

shige_tamura at 09:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2017年01月06日

安倍首相と陽明学

 安倍首相は、1月5日の自民党本部の仕事始めの挨拶で、

「180年前は、大塩平八郎の乱がありまして、知行合一、行動を尊ぶ。」
「党内で大塩平八郎出ろ、と言う意味ではない」と笑いを誘った後、

 大塩の言葉を引用し、
「山中の賊を破るは易(やす)し、心中の賊を破るは難し」
「つまり、目の前の敵を倒すのはある意味で簡単だが、自分の心の中にある敵を倒すのは難しい」と、


「この言葉を私自身の戒めにしながら、常に緊張感を持って、国民の信頼があってこその我々がある、自民党であるという気持ち、安倍政権なんだという気持をもって、一歩一歩、皆様と共に進んでいきたいと思います。

共に今年一年、国民のために一生懸命汗を流し、日本を世界の真ん中で輝く国にしていこうではありませんか。

今年一年間、私らにとりまして輝ける年となりますことを、日本にとって素晴らしい年となりますことを祈念し致しまして年頭のご挨拶といたします」
と締めくくった。

安倍首相は、陽明学を重視し、評論を嫌い、できないことは言わない、言ったことは実行するという政治家である。


(参考)大塩 平八郎(おおしお へいはちろう)は、江戸時代後期の儒学者、大坂町奉行組与力で、大塩平八郎の乱を起こした。
学問は陽明学をほぼ独学で学び、知行合一、致良知、万物一体の仁を信じて隠居後は学業に専念し、与力在任時に自宅に開いていた私塾・洗心洞で子弟を指導した。


ブログランキングに参加しています。
↓↓↓貴方の応援クリックが明日の活力になります↓↓↓

こちらをクリック

shige_tamura at 14:08|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!

2017年01月05日

年賀状

 60歳を超えると老後をどう過ごすか?いろいろ考えます。
 そこで、高齢者の生き方論の本を結構読みました。
 そこには、年賀状は止めた方が良いとのことが圧倒的でした。
 僕もそれらの影響を受けて、止めようと思っていました。

 しかし、今年の年賀状を見て考えを変えました。
 結構、役に立つ情報があるのです。

 昔は、子ども達とプリントごっこで、年賀状を作っていました。また、過去一年の総括と今後の決意を印刷したものを作ったりしました。
 一時は500枚ほどの年賀状が来ていました。それが、自分の人脈の広さを考えていました。ところがそれが、だんだんと煩わしくなり、最近では、年賀状の名簿の整理が大変で、年賀状が来た人には必ず返事を出すこととしていました。
 それで、年賀状を止めようと思ったのでした。

 今年は、250枚ほど年賀状を買い、返事を書きました。
 今回年賀状を止められなかったのは、住所が昨年4月に変わったため、それを知らせる必要もあったためもありました。(*転居報告のハガキをださなかったため)

 でも、今回、それほど苦労がなく年賀状の返事を書くことができ、来た年賀状をじっくり読めたことで、これは続けないといけないと思ったのです。

 老後、年賀状が減るでしょうが、ずーっと続けて年賀状を出してくる人のために、出し続けようと思いました。これが、僕にとって老後を楽しくすることだと思います。

 煩わしい、面倒くさいことをするから、人生が楽しくなるのです。

 また、相手が亡くなれば、年賀状は来なくなるのです。

 今回の年賀状に、33年前の「日本青年の船」で世界を旅した班員(僕は班長)から、「班長、ブログ見ています」と書かれていました。

 そこで、今日からブログを真面目に書くことにしました。
 内容は、野党批判中心から、その時々に感じたことを書くことにします。

 将来、これを本に出来たらと思います。

防衛
この度『日本の防衛政策 第2版』(田村重信編著、内外出版)を出版しました。
増刷となりました。








安倍政権と安保法制ブログランキングに参加しています。
↓↓↓貴方の応援クリックが明日の活力になります↓↓↓

こちらをクリック
4刷になりました。

shige_tamura at 11:36|PermalinkComments(0)TrackBack(0)clip!
ランキング一覧

人気blogランキング

人気blogランキングに参加しました。
応援よろしくお願いします。
月別アーカイブ
最新コメント