2018年08月10日

竹下派の佐藤正久外務副大臣、安倍総裁支持へ

産経新聞に、「竹下派の佐藤正久外務副大臣、首相支持へ 同派参院は石破氏支持、別行動」
との記事が載っていた。
 以下が内容だ。

 自民党竹下派(平成研究会)に所属する佐藤正久外務副大臣は9日、9月の党総裁選で安倍晋三首相(党総裁)を支持する考えを明らかにした。産経新聞の取材に「自衛隊の存在を明記する首相の憲法改正案に一貫して賛成してきた。外務副大臣として安倍外交を支える立場でもある」と述べた。

 竹下派の参院は総裁選で石破茂元幹事長を推す方針だが、各議員の個別事情による投票も認めている。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 今回の自民党総裁選挙、石破氏支持を竹下派の参議院議員が一本化となったが、それに佐藤副大臣は反旗を翻した格好だ。

 それは、記事にもあるが、佐藤副大臣は、自民党の憲法改正論議で、「今まで一度も憲法改正したことがない状況で、かつての自民党改正案は理想だが、一刻も早く憲法に自衛隊を明記することの方が大事で、その方が、国民の理解も得られる。」と発言してきた関係で、今回、自説を曲げるわけにはいかないとの信念からの決断だ。

 佐藤副大臣は、自衛官から国会議員となり、現在は、防衛政策に加え、外交も分かる政治家として大成している。

 最近、勉強会で佐藤副大臣の講演を聴いたが、大いに参考になった。
 立派な政治家になった。
 いま最も、信頼できる政治家だ。
 


shige_tamura at 08:54│Comments(0)clip!自由民主党 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
ランキング一覧

人気blogランキング

人気blogランキングに参加しました。
応援よろしくお願いします。
月別アーカイブ
最新コメント