2017年09月29日

前原・小池両氏の嘘と談合政治

 おはようございます。
 昨日は衆院解散と野党第一党の民進党解散となりました。
 びっくりです。

 民主党は与党から野党になって、負けた原因を党名が悪かったとの理由から、民進党に党名を変えました。
 いよいよ解散・総選挙となると、離党者が相次ぎ、党名を変えても間に合わないとなり、新しくできた小池新党に合流することになりました。

 なにかおかしい?と思いませんか?

 負けるのは、政党の名前でないのです。そこの政治家の自らの努力であり、頑張りなのです。
 上手くいかない原因は、政治家自身なのに、それを外に求めるのは、まったく無責任です。
 希望の党が上手く行かなかったら、また、別の新しい党が生まれるとことでしょう。

 今、日本が上手く行かない原因は、世界が変わっているのに、自らで努力しないで、真正面から競争しない姿勢です。

 例えば、就職が上手く行かない学生。
 この原因を社会が悪いからだとするのか、それとも、他の人が上手く行ってるのだから本人がもう少し努力すべきとするのか、ここが大事なことなのです。

 希望とは、自分で努力しないで、それは実現できないのです。

 選挙に当選するために、今まで所属した政党を捨て、今まで育った家を捨て、希望のいう名前の政党に入ったから、引越ししたから、当選できる、良い生活ができるという考える方。
 おかしい、間違っていると思いませんか?

 僕は、自民党本部で40年生きて来ました。
 その間、いい時ばかりでなく、細川政権では野党になって、その後、離党者が続出しました。今の民進党よりもひどかったです。
 今、自民党に復党し、活躍している著名な政治家の結構の人=かつての離党者です。

 離党する人は、それなりの理屈を言って離党します。
 でも、残った人は大変です。
 それでも、その時に自民党に残って、歯をくいしばり、一生懸命努力した人がいたのです。
自民党も、今の民進党と同じ行動をとっていたら、今の自民党はないのです。

 壊すことは簡単です。
 つくり、それを長く継続するのが大変で最も大事なことなのです。
 踏み留まったからこそ、自民党の今があるのです。

 人生、山あり谷ありです。政党も良い時も悪い時もあります。
 良い時に有頂天になると失敗します。悪い時には、希望に向かって自らで努力すればいいのです。

 今の野党の動きは間違っています。
 自らの政党を捨てて、希望の党に行けば未来は明るいのですか?
 答えは、暗いです。
 それは、自らで努力をするという人にとって、もっとも大事ことにを放棄しているからです。
 世の中、そんなに甘いものでありません。
 民進党には、野党第一党としての矜持を持ってもらいたかったです。日本の政治を考えれば、必要な政党だったのです。

 小池新党、「変」です。
 党首が現職の都知事ですよ。
 公務をキャセルして、テレビや記者会見を優先する知事はおかしいです。
 知事として東京都のために頑張ると言ったのは嘘でだったのですか?
 あれだけ騒いだ築地・豊洲は、どうするんですか?
 投げ出すのですか?
 もう、口でいろいろ言うのはもう良いです。ちゃんと東京都のことをやってください。

 小池氏は、日本新党、新進党、自由党、保守党、保守新党、自民党、都民ファースト、希望の党、もうどんどん政党を変えるのは、いい加減にしてもらいた。

 日本がおかしくなったのは、一箇所で、シックリ腰を据えて、努力しないで、上手く行かないのは、社会が悪い、だから社会を変えたい?

 そんな人に、良い社会ができるはずありません。悪い社会、混乱した社会はできるでしょう。

 ボビリズムとは、民主党政権のことでした。
 国民の望む要望を公約にして、国民の圧倒的な支持を得て、政権の座につきました。
でもそれは財源の裏付けのない嘘だったのです。
 国民は、民主党への希望から、大変な失望へと変わったのです。
 国民が一時の熱狂から冷めたのです。
 ボビリズムの恐さは、一時の熱狂とその後です。
 だらか、民主党政権はこりごりだと国民が思い、支持率が上がらないのです。

 小池氏は、都知事選挙と都議選で熱狂を起こしました。
 その結果は、どうですか?

 今度、また衆院選挙の熱狂ですか?
 マスコミは、熱狂を煽ります。結果に責任を負わなくて良いのですから。
 でも、政治は、良い結果を出さなくてはいけません。

 今度の選挙、本当に大事です。

 今の場所で頑張っている人が報われる社会をつくるのか?
 上手く行かないなら、場所をどんどん変えて新しい社会を築くのか?

 僕は、今の場所で、祖国・日本を良くしたいと考えます。

 前原、小池両氏の共通点。

 前原氏は口だけ番長として有名ですが、
「安保関連法が廃止になると、日米防衛協力(ガイドライン)の合意が履行できなくなる」(2015年11月、読売テレビ)と言っていました。
 ところが、昨日は安保法制については、「違憲の疑いのある安保法制についてはその部分は白紙撤回をし、そして新たなものをつくる。」と述べています。
 小池氏は、小池新党に参加する人は、首相指名について「(公明党の)山口那津男(代表)さんがいいと思う」と嘘とふざけた言動が多すぎます。
 今度は、国政に出ないとの明言を撤回して、知事を辞めて、国政に出るとなるんですか?

 お二人に言いたい。

 政治家ならば、自らの言動に責任を持て!

 二人だけで、談合政治をするな!
ーと。

 それでも今朝も、前原・小池両氏は2人でホテルで、談合政治をしています。


ブログランキングに参加しています。
↓↓↓貴方の応援クリックが明日の活力になります↓↓↓

こちらをクリック
 

shige_tamura at 09:51│Comments(0)clip!ニュース 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
ランキング一覧

人気blogランキング

人気blogランキングに参加しました。
応援よろしくお願いします。
月別アーカイブ
最新コメント