2017年09月25日

解散・総選挙、いろんな動きがあります。

 今日から選挙モードです。
 これから、政治関連のツイートをして行きたいと思います。

 比例復活の自民党の福田峰之氏が離党して新党に参加するのは、相手候補が強くて、今の選挙区では連続落選で、今後も当選の見通しがないため、新党に活路を見出したいというとこです。
 自分が政治家として生き残るための選択です。

 民進党からも、離党して新党へという動きがこれからも出てきます。
 民進党だと落選、新党だと当選確率が増えるという読みです。

 日本のこころの中山代表の新党への参加は、夫君の成彬氏を政治家として復活させたい、そのためには新党が得策との考えです。

 政治家は、理念・政策よりも、自分が当選するには何が得か?
 選挙目的で動く生き物と見た方が良いと思います。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

 こういう人もいるのです。

 細野氏の新党出馬要請、溝口氏断る 「自民お世話に…」
 9/24(日) 23:22配信

6月の静岡知事選で現職の川勝平太氏に敗れた溝口紀子氏(46)は24日、浜松市浜北区で取材に応じ、民進党を離党した細野豪志・衆院議員らが立ち上げる新党から、衆院静岡1区に立候補の打診を受けたことを明かした。その上で、「知事選で自民党の支部や1区選出の上川陽子法相にお世話になった。恩をあだで返すことはできない」と出馬要請を断ったと説明した。

 溝口氏によると、要請があったのは、数日前で、細野氏に非常に近い人からだったという。「知事選で静岡市葵区、駿河区での得票が川勝氏を上回ったことから、1区で知名度があると判断されたようだ」と話した。溝口氏は「知事選の敗因は準備不足、勉強不足。資金も底をつき、今は選挙ができる状態にない」とし、比例区も合わせいずれの政党からも衆院選に立つつもりがないことを明らかにした。
(朝日新聞社)

....................................................................

 政策を盗む、盗まないといった議論はナンセンス。

 国民にとって良いと思う政策があれば、行動に移すことが大事。
 自民党が野党の時、僕は橋本政調会長と細川首相の所にいって、自民党の政策要望を提出、この中で良いものがあれば政府で実行して下さいと言っていた。
 今の政治はおかしい。

.........................................................................

 前原誠司「安保関連法が廃止になると、日米防衛協力(ガイドライン)の合意が履行できなくなる」(2015年11月、読売テレビ)と言っていた。

 ところが、民進党政権公約では「安保法制を白紙化する」と。

 民進党は、日米関係をガタガタにして、なにをしたいのか?

 これが、「言うだけ番長」か!
 酷い!
.........................................................................

 前原・民進党代表は、かつて「共産党はシロアリだ。協力したら土台が崩れる」と言っていました。
 これから、共産党と選挙協力する?
 結果は、どうなるか?

..........................................................................

 前原誠司「私は改憲ではなく“加憲”を主張してきた。9条3項、あるいは10条といった形で、自衛隊の存在を明記してはどうかと考えている」(週刊東洋経済5.13)と明言。

 民進党代表として、どうするんだろう?

..............................................................................

 解散・総選挙は、勝てる見込みのある時にするもの。 

 大義がいくらよくても、不利な時に負ける戦いをするのは愚策。
 「孫子」を読めばわかること。
.........................................................................

 かつて解散すべきと言ってた人は、
 安倍首相は解散できないと思って言ってただけ。

 ところが、解散するとなると、その人達は、驚いて、「大義がない」などと難癖を付けて批判する。


この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
ランキング一覧

人気blogランキング

人気blogランキングに参加しました。
応援よろしくお願いします。
月別アーカイブ
最新コメント