2016年07月09日

参院選の勝敗ライン(61、57、74、78とは?)

 今朝(7月9日)の産経新聞は一面トップで「改憲是か非か議論加速」「3分の2」74議席勢い維持
―との見出し記事を掲載しました。

 3分の2は、78議席でないのか?と疑問がわきますが、
「改憲に前向きな無所属・諸派4人」ということで、74議席となるとの説明です。

 毎日新聞も、「改憲に前向きな非改選無所属ら4人」だとして74議席としています。

 これに関して、読売新聞は「少なくとも3人の非改選の無所属議員がこうした勢力に含まれる」「3人を含めると改憲勢力の3分の2は、75議席になる」としています。

 朝日新聞は、改憲4党「78」焦点―と報道しています。



 僕は先のブログで、「今回の選挙のキーワードになる数字は、61、57、78」と記しましたが、
「61、57、74」ということになります。

 反自民の傾向の強い朝日新聞は、78議席を主張するのは良くわかります。

 74と78は、微妙に違います。

 その辺の数字が、選挙結果とその後の政局に与える影響が大きいからです。


 61=自民党の目標は、与党で改正過半数の61。

 57=単独過半数だと自民で57。これが実現すれば1989年以来、27年ぶりとなります。

 78か74=参議院で改憲勢力が3分の2となるには、自公で86議席必要ですが、改憲に前向きなおおさか維新の会と日本のこころを大切にする党と連携すれば、あと78議席となります。
 これに4議席を加えると74議席になります。
 (78の場合=改憲阻止・野党4党・54)
 
 
 しかし、今回、民進党全員が改憲阻止と計算していますが、なかには改憲志向の議員もいます。僕の知っている民進党参院議員でも改憲派はいます。

 ですから、今回の参院選の勝敗ラインを民進党が提示した3分の2阻止にのってマスコミが報道するのはいかがなものかと思います。

 であるならば、民進党の参院議員全員に改憲についてのアンケート調査を実施すべきです。

 そうすれは、この数字がまた変化するはずです。


ブログランキングに参加しています。
↓↓↓貴方の応援クリックが明日の活力になります↓↓↓

こちらをクリック
shige_tamura at 09:46│Comments(0)TrackBack(0)clip!ニュース 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
ランキング一覧

人気blogランキング

人気blogランキングに参加しました。
応援よろしくお願いします。
月別アーカイブ
最新コメント