2016年06月23日

参院選挙の争点、アベノミクスの評価


ブログランキングに参加しています。
↓↓↓貴方の応援クリックが明日の活力になります↓↓↓

こちらをクリック

 今度の参院選挙の争点は、アベノミクスですが、野党は安保法案廃案・改憲阻止と言っています。
そこで、今回は、アベノミクスの成果について述べます。
 僕の講演のテーマは、平和安全法制が多く、このテーマで全国北は北海道から南は九州沖縄まで100か所以上講演しました。最近は、自民党の基本政策とか参院選の政策課題といったテーマで呼ばれることがあります。

 アベノミクス道なかば→これを前進させるのか?
          失敗だから、止めるのか?→対案は?

 安倍総理は、「最大争点は、アベノミクス前進か後退か!」「自公対民共の闘い」と述べています。

 自民党の参議院選挙公約のキャッチコピーは、「この道を。力強く、前へ。」「政治は国民のもの」です。


 アベノミクスの評価(安倍政権の実績)ですが、三本の矢とは、大胆な金融政策、機動的な財政政策、民間投資を喚起する成長戦略のことです。

 民主党の時代は、円高で企業は海外へ、雇用も10万に減りました。
 日本には、何か暗い雰囲気が漂っていました。外交も、中国と韓国との関係も最悪で、日中韓の首脳会談も開催されなくなりました。

 そうした状況を打破したのが、安倍政権で、政権奪取から3年半、経済最優先=日本経済再生、デフレ脱却を最優先で取り組みました。

 結果は、国民総所得が36兆円増加しました。本年にはリーマンショックで失った50兆円を取り戻すよう努力します。
 就業者数は、110万人増加しました。
 6.270万人(2012年)→ 6.376万人(2015年)

 正規雇用も昨年、8年ぶりに増加に転じ26万人増えました。

 有効求人倍率も、24年ぶりの高水準で、
 0.83倍(2012月12月)→ 1.34(2016年4月)
 史上始めて47都道府県すべて1倍を超えました。(民主党の時は8つでした)

 失業者は60万人減り、失業率は3.2%と18年ぶりの低水準となりました。


 今回から、18歳以上が選挙権を得ます。そこで、若い人の各国の失業率を見てみましょう。以下の数字で、日本は頑張っていることがお分かりいただけると思います。

 2014年、15歳〜24歳の失業率、日本・6.3%です。民主党政権下では8〜9%でした。

 ドイツ7.8、アメリカ13.4、イギリス16.3、スウェーデン22.9、フランス23.2、
 イタリア42.7、スペイン53.2

 若者の就職率は、過去最高です。
 大学生は1997年卒の調査開始以降、過去最高(97.3%)
 高校生は24年ぶりの高水準(97.7%)です。

 給与は、今世紀最も高水準(2%)の賃上げを3年連続で実現 パート賃金も過去最高。
 企業収益は、過去最高(2015年度:70.8兆円)です。これは、大企業のみならず、中小企業も過去最高となっています。

 企業の倒産件数は、25年ぶり低水準で、中小企業の倒産は3割減少しています。

 税収は、21兆円増加(5から8%で8兆円、残り13兆円=アベノミクスの果実)
 78.7兆円(2012年度)→99.5兆円(2016年度見込み)
 法人関係税は47都道府県すべてで2ケタ増となっています。

 株価は、8000円台だったのが一時2万円に、現在は1万6000円前後となっています。
 そのため年金運用益は、昨年12月で38兆円のプラスになりました。今年1〜3月株価が下がり、一部のマスコミ・野党が「5兆円マイナス=消えた年金」と喧伝しましたが、実際は、大きなプラスなのです。
こうしたことは、短期的ではなく中長期で考えることが重要です。


 6月2日開催の連合(神津里季生会長、約675万人)中央委員会の2016春季生活闘争中間まとめでは、
「3年連続して賃上げが実現できたことは大きな成果」、
「特に中小の組合での健闘が目立っている」、
「非正規労働者の賃金改善は時給で昨年を超え、正規以上に進展した」とし、
『企業規模間格差の是正』や『正規非正規の格差是正』の取り組みの広がりが実現できている」との評価でした。


 外国人旅行者数は、政権交代前は、日本(834万人)韓国(1100万人)でしたが、安倍政権で「観光立国」を目指すこととなり、「ビザの緩和」(タイ、対前年比85%)「免税店の大幅拡充」することで、過去最高(昨年=約2.000万人)となりました。
 訪日外国人による消費額も過去最高で、一人当たり日本人よりも10万円多く使うようです。民主党時代の1.2兆が約3.5兆円になりました。
 これは、地方創生にも大いに役立っています。

 農業振興でも、新しい40歳以下の就業者2万になりました。これは、8年ぶりのことです。農産物の輸出額は、3年連続過去最高、7000億円です。2020年まで1兆円を目指します。

 今度の選挙は、「1億総活躍社会」を目標に、新しい三本の矢(強い経済、子育て支援、社会保障)で勝負します。
 強い経済は国力の源です。経済が強くなれば、年金も医療も介護も子育ても社会保障も充実できます。GDP600兆円、希望出生率1.8、介護離職ゼロを目指します。

 アベノミクスは道なかばです。これを前進させるか否かです。
 民進党は、相変わらず分配が優先します。これは間違いです。
 パイを大きくしてこそ、その分配・配分も多くなるのです。
 そのための努力を、みんなでしようというのが自民党の考え方です。

shige_tamura at 09:03│Comments(0)TrackBack(0)clip!自由民主党 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
ランキング一覧

人気blogランキング

人気blogランキングに参加しました。
応援よろしくお願いします。
月別アーカイブ
最新コメント