2014年11月20日

みんなの党が解党

安倍政権と安保法制ブログランキングに参加しています。
↓↓↓貴方の応援クリックが明日の活力になります↓↓↓

こちらをクリック
僕の本『安倍政権と安保法制』(田村重信著、内外出版)が発売されました。早くも3刷定できました。是非、お読みください。分かりやすいですよ!紀伊国屋書店、池袋ジュンク堂には重点的に配本されます。出版社から送料無料で購入できます。内外出版HPよりアマゾンでもどうぞ!

「みんなの党」が、とうとう解党した。


「みんなの党」は、2009年8月8日、渡辺喜美氏、江田憲司氏、浅尾慶一郎氏ら5人で結党を表明。
 それから、2014年11月19日、両院議員総会で解党を決定した。

 5年間続いた政党がなくなるのは惜しい気がする。

 なぜ、解党になったか?

 それは、3人のリーダーの出自の違いである。

 江田氏は、特定秘密保護法で造反し、離党し「結いの党」を結成。
 その後、維新に合流。

 その後、渡辺代表が8億円の借り入れ問題で代表を辞任、浅尾氏が新代表となった。

 その後、「野党再編」の浅尾氏と「新与党」路線の渡辺氏の対立が表面化が激化。
 これはもともと、浅尾氏は旧民主党、渡辺氏は旧自民党だったことから来ている。

 それに、両者の性格もあり、「俺が、俺が」といった意識から感情的な対立が激化し、分かれる結果となった。

 政党も、うまくいっている時はいいが、うまくいかなかった時に真価が問われるものだ。
 これまでも、いくつもの政党ができてはつぶれ、できてはつぶれを繰り返した。

 政党を長く続けることが、人生や会社と同じように大事なことだ。

 政党をつぶす当人はいいが、もっと他に影響をうける人のことを考えるべきだ。

 「俺のイタリアン」等が流行っているからといっても、政党のトップの都合だけで「みんな」から「俺」はいただけない。

 この結果、迷惑するのが、「みんなの党」から衆院選に立候補を決めている人たちと
「みんなの党」の地方議員だ。
 看板からビラから全て作り直しとなり、それには時間もお金もかかる。

 政治は、政策も大事だが、人間は感情の動物であり、人間性がより大事だ。

 これを、「みんなの党」の解党が教えてくれた。


(参考)

みんなの党が解党へ 渡辺前代表「みんなの党抹殺事件です」
(フジテレビ系(FNN) 11月19日(水)20時53分配信)

 党の路線対立が表面化していたみんなの党は、19日午後、両院議員総会を開き、党所属議員の過半数の賛成で、解党する方針を決めた。
 みんなの党は、路線をめぐる対立が激化しており、両院議員総会では、「選挙で『みんなの党』と書いてくれた人を裏切るな」など、怒号が飛び交った。
みんなの党の渡辺前代表は「地方議員の声を聞けと言ったのは誰だ!」、「両院総会の前に、地方議員の声を聞けと言ったのは誰だ!」、「この前の両院総会は何だったんだ!」などと、声を上げた。
 結局、党所属議員の過半数の13人が賛成し、解党する方針が決まった。
渡辺氏は「独裁的な手続きで、民主的な議論を封殺したと。みんなの党抹殺事件ですよ。瑕疵(かし)がある決定であると」と述べた。
 みんなの党の浅尾代表は「手法の違いによる解党ということだと思います。(代表だった半年を振り返ると?)そうですね...。なかなか、一言では答えられないところもありますけれども。期待ということに、残念ながら応えることが、結果としてできなかったということは、大変申し訳ない」と述べた。
 解党の決定を受け、みんなの党は、5年余りの歴史に終止符を打ち、今後は、民主党との連携を目指す浅尾氏、安倍政権との連携を目指す渡辺氏のほか、新党結成を模索する議員などが、それぞれ活動することになる。


 みんなが解党決定=「第三極」の一角消滅
(時事通信 11月19日(水)16時8分配信)

 みんなの党は19日、両院議員総会を衆院議員会館で開き、解党することを賛成多数で決めた。党内の路線対立で結束維持が困難となったことから、所属議員20人(衆院8人、参院12人)のうち13人が賛成した。これにより、自民、民主二大政党に対抗する第三極の一角が消滅。所属議員は、民主党や維新の党への合流や新党結成を模索する見通しで、野党陣営の候補者調整が進みそうだ。
 総会では、浅尾慶一郎代表が検討していた民主党との合流に反対する松沢成文参院議員が、解党を求める決議書を提出。党存続を主張する渡辺喜美前代表が「安倍政権はみんなの政策を採用してきた。なぜ解党するのか」と詰め寄ったが、松沢氏は「党内は与党路線、野党路線、第三極に割れている。これでは選挙を戦えない。それぞれの道を行くべきだ」と反論した。
 採決は、地方議員も含めた出席者の怒号が飛び交う中、議事進行役を除く国会議員19人で行われ、反対したのは渡辺氏ら6人にとどまった。決定を受け、みんなは28日に正式に解党。衆院選公示日の12月2日に解散を総務相に届け出る。
 総会後、浅尾氏は記者団に「大変残念だ。路線対立によって党のまとまりが付かなかったことが解党につながった」と説明。一方、渡辺氏は、浅尾氏が解党に向けた手続きを進めたことに対し「極めて独裁的な手法だ」と厳しく批判した。 

shige_tamura at 09:06│Comments(1)TrackBack(0)clip!ニュース 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 名無しのナナシー   2014年11月25日 01:30
>政治は、政策も大事だが、人間は感情の動物であり、人間性がより大事だ。

そうなんですかねぇ。むしろ人間性に左右されるような政治理念や政策では不十分ってことでは?
そもそも綱領がイイカゲンだからではないでしょうか? 定義のはっきりした「綱領」と言う立派な単語があるのに、アジェンダとかわけのわからない横文字使ってる時点で┐(´ー`)┌な印象です。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
ランキング一覧

人気blogランキング

人気blogランキングに参加しました。
応援よろしくお願いします。
月別アーカイブ
最新コメント