2014年02月06日

「九幸」とは?

本『改正 日本国憲法』(田村重信著、講談社+a新書)
 紀伊国屋書店新宿本店の週間ベストセラー12月30日〜1月5日(新書)
 ついに「第1位」になりました。

ブログランキングに参加しています。
↓↓↓貴方の応援クリックが明日の活力になります↓↓↓

こちらをクリック

 今日は僕のFBより

 今朝も国防部会・防衛政策検討小委員会合同会議、
 テーマは「防衛生産・技術基盤について」防衛省からヒヤリングでした。

 今、雑用をかたずけ「ほっと一息」です。
 明日も、朝から会議です。
 今週は、火曜日から金曜日まで朝の会議でした。
 最近は、目覚まし時計にたよる毎日です。


「九幸」とは?

「九つの幸福」をもって一生を送った名医。
杉田玄白(江戸中期の蘭医。小浜藩の外科医。「解体新書」を翻訳。「蘭学事始」等。

 玄白は、死ぬ前に自分の号を「九幸」とした。

「自分は、九つの幸福をもった人間だ」ということである。


1、 平和な世の中に生きられたこと

2、 天下の中心である江戸で勉強ができたこと

3、 優れた人々と広く交流できたこと

4、 長生きできたこと

5、 安定した給与を受け続けたこと

6、 それほど貧しくなかったこと

7、 一応、有名人になったこと

8、 子孫がおおいこと

9、 年を取っても、なお元気なこと


「人生の下り坂をしらない向学心」

 僕も「九幸」を胸に頑張ります!

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
ランキング一覧

人気blogランキング

人気blogランキングに参加しました。
応援よろしくお願いします。
月別アーカイブ
最新コメント