2013年11月13日

大好評!高村正彦副総裁 記者懇談 冒頭発言(特定秘密保護法案について)

本『改正・日本国憲法』 (田村重信著、講談社+α新書)の表紙ができました。
 発売は11月21日。全国書店でお買いもとめできます。

 アマゾンで予約受付中!

「田村重信出版記念・追加講演のお知らせ
ブログランキングに参加しています。
↓↓↓貴方の応援クリックが明日の活力になります↓↓↓

こちらをクリック

 高村正彦副総裁 記者懇談 冒頭発言


 特定秘密保護法案ですが、頭から絶対反対だという政党はそんなに多くはないんだろうと思います。

 それは、日本の平和と独立、あるいは国民の安心安全を守るために、同盟国あるいは友好国と情報を共有しなければならない。その情報の中には当然秘密情報もある。

 それを提供する側は、自国と同じ程度の秘密保護法制を持たない国に提供することを嫌がるのは当然でありますから、大方の政治家はそのことは分かっているんだろうと思います。

 一方で、私たちは知る権利にも配慮払って法案を作ったつもりですが、まだ十分でないという考えの政党があるわけで、そういうことについては、政局のおもちゃにするのではなく、真摯に修正協議を求めるのであれば、しっかり聞いていけばいいことだと思います。

 中には言いがかりみたいな言い方もあるし、杞憂としか思えない言い方もありますが、真摯に耳を傾けなければならない点もあるのかなと思っています。

 ただ修正する場合であっても、やはり、この法案がグローバルスタンダードに満たないものになれば、各国は秘密情報を提供しないということになるので、グローバルスタンダードということを大切にしながら、修正協議に応じていく必要があると思っています。

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
ランキング一覧

人気blogランキング

人気blogランキングに参加しました。
応援よろしくお願いします。
月別アーカイブ
最新コメント