2013年07月18日

『大リーダーの世界』(片岡寛光著、成文堂)

片岡先生

ブログランキングに参加しています。
↓↓↓貴方の応援クリックが明日の活力になります↓↓↓

こちらをクリック

 昨日、家に帰ったら、『大リーダーの世界』(片岡寛光著、成文堂)が送られてきました。
 この本、ものすごい本です。600ページを超える大著です。
 これから熟読しようと思います。先生には、今度僕の本が3冊出ますのでこれをお礼に送ろうと思っています。

 片岡先生は、早稲田大学の政経学部教授で、政治・行政学の権威です。先生は、大学野球部部長をつとめるなど、人柄も素晴らしく、誰からも慕われ尊敬される方です。今は、退官され、それでもこんなすごい本を出されるから「すごい!」...のです。

 この本は、「知の巨匠』いうべき本です。
 学者のお手本です。
 大学教授でも、博士論文を本にしただけで、それ以降、まともな本を出版しない教授もたくさんいます。
 大学教授の偉大さは、著作があるか否かです。

 僕は、拓殖大学生でしたが、早稲田大の片岡ゼミに3〜4年生の時に所属し勉強しました。

 片岡ゼミ出身者は、学者では僕の一期上が姜 尚中(カン サンジュン)氏がいます。当時もめちゃめちゃに頭が良かったです。首一つ抜けていました。

 マスコミは、新聞・テレビで活躍中の記者がごろごろいます。

 片岡ゼミのおかげで、仕事がら助かっています。

 先生のご自宅にも、家族でお伺いしたこともあります。

 選挙が終わったら、また訪ねてみようと思います。


 この本は、政治家、マスコミ、大学関係者の必読書です。

shige_tamura at 10:06│Comments(0)TrackBack(0)clip!本の紹介 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
ランキング一覧

人気blogランキング

人気blogランキングに参加しました。
応援よろしくお願いします。
月別アーカイブ
最新コメント