2013年04月17日

大好評!高村正彦副総裁 記者懇談 冒頭発言




日本本












『日本の防衛政策』(田村重信編著、内外出版)『日本の防衛法制』(田村重信他編著、内外出版)を出版。この二冊とも増刷となりました。
よろしくお願いします。

ブログランキングに参加しています。
↓↓↓貴方の応援クリックが明日の活力になります↓↓↓

こちらをクリック


 0増5減の区割り案が特別委員会に付託されたことは、とても良いことでありまして、是非、各党とも審議を進めて、違憲状態を一刻も早く解消するようにして頂きたいと思います。

 特に、0増5減案に賛成した政党が、その必然的結果である区割り案に反対するなどということは全く理屈も無いことであります。

 一部の野党は「あの時は緊急避難で賛成したが、今は緊急事態ではない」などと言っておりますが、違憲判決が続出する中で、緊急性は増してこそいても減ってはいないわけでありますから、是非、成立させて頂きたいと思います。

 東京高裁の判決は、最高裁の判決が出てから1年8カ月もかかって緊急是正としての0増5減を成立させたけれども、1年8カ月もあれば区割り案まで成立させられたはずだと。

 それをしなかったのは、定数削減とか抜本改革とか色んな事を絡ませてやったからだと。

 そういうことまで判示して、まさに民主党が一票の格差の是正をしてしまえば、違憲状態は解消されて解散に追い込まれるのではないかという党利党略から、わざといろんなことを絡ませて引き延ばしたことを断罪しているわけであります。

 それは東京高裁だけが断罪しているわけではなくて、国民もまさにそのことも含めて断罪したのが前回の選挙結果ですから、民主党は反省して、また他のことを色々絡ませて違憲状態を続けさせることなど止めてもらいたいと思います。


 今、民主党は抜本改革案と称するものを出したわけでありますが、民主党幹部は「野党案をまとめる」と豪語していたわけですが、全く野党案としてまとまっていない。

 一党だけで出して、他の野党から「スタンドプレーだ」と批判されるような状況でありまして、絶対成立する見込みが無いものを出して区割り案を引き延ばすということは、また次の選挙で断罪されることになります。

 私としては、他の野党含めてこれ以上支持率が下がって欲しくないわけでありますから、良識に立ち戻ってやってもらいたいと思います。


 民主党案は80減ということを言っていますが、野田さんが総理の時に「自民党は30減、民主党は40減。

 もう少しで詰まるじゃないですか」と言っていたのを、またわざわざ80減に戻して先祖帰りして、絶対にまとまらないようなものをわざわざ出して、そして違憲状態を長引かせようとする。

 一人でも多く減らすものを出せば国民受けするというポピュリズムは、国民から見透かされています。

 なんか一部に、「安倍総理が衆参同日選挙を狙っているような噂があるから、それを阻止するために長引かせるんだ」などと言われていますが、そんなありもしない噂を恐れて、また違憲状態を長引かせることは、是非止めてもらいたいと思います。

shige_tamura at 12:03│Comments(0)TrackBack(0)clip!自由民主党 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
ランキング一覧

人気blogランキング

人気blogランキングに参加しました。
応援よろしくお願いします。
月別アーカイブ
最新コメント