2013年02月27日

大好評!高村正彦副総裁 記者懇談 冒頭発言

日本本












『日本の防衛政策』(田村重信編著、内外出版)『日本の防衛法制』(田村重信他編著、内外出版)を出版。早速、増刷が出ました。
よろしくお願いします。

ブログランキングに参加しています。
↓↓↓貴方の応援クリックが明日の活力になります↓↓↓

こちらをクリック


 日銀総裁・副総裁の同意人事でありますが、民主党の海江田代表が柔軟な姿勢を示唆したところ、みんなの党の渡辺代表が「与党ボケだ」と言ってののしっておられました。
 また、維新の会の橋本代表は、柔軟姿勢を示した自分の党の国会議員を、「与党ボケだ」、あるいは、「当選ボケだ。」と言っておられましたが、多くの国民は渡辺さん、橋下さんの方を「野党ボケだ。政局ボケだ。」と思っているのではないかと思います。

 以前、野党の人達が国益よりも政局ということで、日銀総裁の同意人事に反対して総裁の空白期間を作ってしまって、まさに日本に打撃を与えたということは、国民は良く覚えておられると思います。

 どうか野党の方たちも、政局よりも国益ということで対応して頂きたいと思います。


 各種世論調査では、夏の参議院選挙に自公が過半数を取って欲しいというのが、それこそ過半数を大幅に超えているというのも、やはり‘決められない政治’からの脱却をしたいという気持ちの表れなんだろうと思います。



 TPPですが、今年1月に米国のキャンベル前国務次官補と会ったときに、キャンベルさんが、「TPPをどうする。」と言ったので、私は、「それは米国次第である。米国がハードルを下げれば入ることが可能になる。」ということを申し上げました。

 私は、「自由民主党は、聖域なき関税撤廃を前提とする限り加入に反対であるということを国民に対して約束してきたので、総理が胸を張って『聖域なき関税撤廃を前提としていない。』と言える条件を作らなければ、それは入れない。」ということを申し上げましたが、今度の首脳会談で安倍総理は見事に完ぺきな、『聖域なき関税撤廃を前提としない』ということをとって来たということは、大変素晴らしいことだったと思います。

 民主党政権時代に野党であった自由民主党は、聖域なき関税撤廃を前提とする限り加入に反対であるということを突き付けたわけですが、TPPというのは一見すると建前上、聖域なき関税撤廃を前提としているかのごとく見えるために、実態上はそうではないよという確約を取っておかないと、仮に入った場合対等な交渉ができない。

 こういうことであるわけで、ハードルをひきさげさせるために私達が突き付けた文言が、民主党政権が米国と交渉するための武器になるだろうと思ったのですが、全くそういうハードルを引き下げさせるという交渉をする意思が無かったのか、能力が無かったのか、両方なのかよくわかりませんが、全くハードルを引き下げさせないまま突入しようとして、党内の一致も見ないで玉砕したということです。

 今度はハードルを引き下げることに成功致しましたので、その上で国益全体を考えて、総理が入るか入らないかを決める。そして入ったとすれば、対等な条件で米国はじめ他国と交渉をすることになるということであります。

 最終的には合意が成立して署名をして、その上で批准を求めるとすればそこで厳格な意味の党内手続きが必要であります。

 署名をしておいて、党内手続きが得られないから批准ができないなどというみっともないことがあってはならないわけですから、そういう意味でも、政府は自民党内の党内世論、あるいは国民世論に十分耳を傾けて、その中でしっかりとした交渉、国益を守る交渉を、加入するとしたらしてもらいたいと思います。

shige_tamura at 13:16│Comments(0)TrackBack(0)clip!自由民主党 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
ランキング一覧

人気blogランキング

人気blogランキングに参加しました。
応援よろしくお願いします。
月別アーカイブ
最新コメント