2013年02月25日

私の主張・自民党千葉県参議院比例区第36支部長 米坂知昭氏

日本本












『日本の防衛政策』(田村重信編著、内外出版)『日本の防衛法制』(田村重信他編著、内外出版)を出版。早速、増刷が出ました。
よろしくお願いします。

ブログランキングに参加しています。
↓↓↓貴方の応援クリックが明日の活力になります↓↓↓

こちらをクリック

 参院選 ―私の主張―

「国創りは人づくり」を理念とし日本の元気を推進!
 臨床検査を通じた健康、医療、福祉でQOL向上

 自民党千葉県参議院比例区第36支部長 米坂 知昭(54)


 私は、政治不信の払拭、それが喫緊の課題と考えます。信頼ある政治は国民生活を安定化させ安心と希望に満ちあふれた国創りにあると思っています。

 また、政治は継続的であるが故に現時点における歴史的事実の検証と将来に向けた継承できうる日本の舵取りにあると考えます。国民一人ひとりが心身ともに豊かになり、協働して国を潤すことで国内の環境整備や諸外国への支援などが効率的かつ実益的に行われる必要があります。

 国民の代表である国会議員は真の国民の代表として国民生活の実態を十分に把握し、国民の視点を忘れることなく現状との乖離(かいり)を是正し、真に日本に生まれ育って本当に良かったと思える国創りが理想です。

 私は就職して32年間、臨床検査技師として、また、病院経営に関わる事務職者として大学病院を含む複数の病院に勤務してきました。

 現在は、大学で検査技師養成を目的とした学部で教鞭を執る傍ら、就職指導や産学研究なども行っております。これらの実務経験を踏まえ、専門性の積極的活用は勿論のこと、多くの皆様と交流を深め種々の政治的課題について語り合い、国民の声を政治に反映させたいと考えます。

 私が特に取り組みたい課題は三つあります。

 一つ目は、少子高齢化に向けた対策と医療体制づくりです。少子高齢化の原因は出生率の低下による若年層の絶対数の減少が、相対的に高年齢層を増加させた状態から発生しています。日本人の平均寿命が伸びることは喜ばしいことです。

 課題とされる出生率の減少は何故起こるのか? その原因の一つに婚期の晩婚化があります。晩婚化の原因は中・高・大卒者の正規雇用としての就職率の低下にあり、特に大卒者の就職は厳しい状況です。正規雇用の拡大と就職率の向上を目指す対策を早急に推進する必要があります。将来の日本を支える活力ある若者の育成と高齢化時代の医療体制の構築は国民生活に直結する大きな課題です。

 二つ目は、国民の健康、医療、福祉に貢献する医療技術者の育成強化と就労環境整備です。医師不足の解消の一つとして注目されるチーム医療の推進において、力を発揮すべき多くの医療、介護専門職は、その身分の確立や業態の明確化という点で多くの問題を抱えています。

 将来的にも国民への貢献度が非常に高まる技術者の充実を図り、就労環境や労働対価賃金を含め改善すべき対策が必要です。またこの分野は、労働集約型事業としても新たな雇用を促進し、新産業構築にも活用したいと考えます。

 三つ目は臨床検査を通じた健康、医療、福祉におけるQOL(生活の質)の向上です。臨床検査は国民にとって医療のみならず健康、福祉分野においても科学的根拠として生命状態を把握する上でとても重要です。臨床検査を通して国民の健康と安心生活の質を向上させたいと考えます。


 米坂 知昭(よねさか・ともあき)

 昭和33年9月北海道函館市生まれ。函館東高校、東京電子専門学校、東京理科大理局物理科卒業。臨床衛生検査技師で東海大学医学部附属病院、神奈川県済生会病院に勤務。神奈川県臨床衛生検査技師会長、日本臨床衛生検査技師会副会長。現在は桐蔭横浜大学教授。平成21年パシフィコ横浜での日本初の国民向け臨床検査イベント「けんさEXPO 09」を総合プロデュースし開催

 米坂 知昭事務所

 〒271-0047 千葉県松戸市西馬橋幸町92
 清光マンション304
TEL・FAX:047-703-7052
E-mail:jimu@yonesaka-tomoaki.jp

米坂 知昭オフィシャルサイト
http://www.yonesaka-tomoaki.jp

shige_tamura at 14:10│Comments(0)TrackBack(0)clip!自由民主党 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
ランキング一覧

人気blogランキング

人気blogランキングに参加しました。
応援よろしくお願いします。
月別アーカイブ
最新コメント