2012年12月14日

石破 茂 幹事長街頭演説

アサヒアサヒ







 現在発売中の『アサヒ芸能』に僕の記事が掲載されました。
 日本の安保・防衛政策、憲法改問題が分かります。
 話題の憲法改正で「国防軍」も。

 大反響で、売れているそうです。

 
ブログランキングに参加しています。
↓↓↓貴方の応援クリックが明日の活力になります↓↓↓

こちらをクリック


 次の世代のために必ず政権奪還果たす

 街頭演説 要旨 最終盤 わが党はこう訴える

 わが国の命運を懸けた総選挙も最終盤に突入した。

 石破茂幹事長、細田博之総務会長、甘利明政務調査会長らは連日のように全国各地の選挙区を駆け巡り、街頭で多くの聴衆に対しわが党の目指す新しい国づくりや責任政党として日本を立て直す決意を訴えている。演説要旨をまとめた。


 使命感、責任感で戦う

 石破 茂 幹事長


 この選挙で仮にも敗れることがあれば、それは自民党の終わりではなく、日本の終わりだという使命感と責任感を持っている。
 日本の国にまともな政治を取り戻さなければならない。

 民主党政権で、色々な人が大臣になった。
 自らを「素人」という人が防衛大臣に就任した。命をかけて国のために働く自衛官の立場で考えると、何と恐ろしいことか。わずか4カ月で退任し、次の田中直紀大臣も、また短い期間で辞めた。現在は民間人の森本敏氏。民主党にはあんなに国会議員がいるのに、誰一人、防衛大臣が務まる議員がいないということだ。

 そういう状況だから、北方領土にはロシアの大統領が、竹島には韓国の大統領が上陸し、尖閣諸島では中国がやりたい放題、中国漁船が海上保安庁の巡視船に体当たりしても無罪放免。
 国の独立もおかしくなった。民主党のこんな人たちには退場してもらわないといけない。

 景気が悪いのは、お金を使える状況にないから。高齢者は将来への不安から使えず、若者はお金がないから、使いたくても使えない。高齢者に安心を、若者に職と収入を確保する。

 3年前、わが党はなぜ政権を失ったのか。長い間、与党でいて、どこかに驕(おご)りや高ぶりがあった。わが党は大衆の中に生き、大衆の中に死んでいく。国会議員のためではなく、国民一人ひとりの悲しみ、苦しみ、喜びをわが事とする自民党として、もう一度、信を問いたい。

 今さえよければよいのではなく、次の世代のために。日本さえよければいいのではなく、世界のために。最後まで全身全霊をもって戦う。

shige_tamura at 15:22│Comments(0)TrackBack(0)clip!自由民主党 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
ランキング一覧

人気blogランキング

人気blogランキングに参加しました。
応援よろしくお願いします。
月別アーカイブ
最新コメント