2011年08月05日

菅首相、海外への原発輸出は継続

「天に向かって!」(歌・田村重信)が、カラオケ「ウガとジョイサウンド」で歌えます。よろしく!

ブログランキングに参加しています。
↓↓↓貴方の応援クリックが明日の活力になります↓↓↓

こちらをクリック

 菅首相、国内では脱原発といいながら、原発輸出は行うとのことだ。
 
 自民党の小野寺五典外交部会長が、先般、政府の外国との原子力協定締結に対する姿勢を質問趣意書で質したところ、本日政府より別添の通り回答があった。



 原子力協定締結に関する菅内閣の姿勢に関する質問主意書

右の質問主意書を提出する。

  平成二十三年七月二十二日

           提出者  小 野 寺  五  典


 衆議院議長 横 路 孝 弘 殿

   原子力協定締結に関する菅内閣の姿勢に関する質問主意書

 我が国はこれまで、資源小国として原子力発電を推進し、国際社会の信頼と透明性を確保しつつ自らの原子力利用を厳格に平和的目的に限るとともに、国際社会における原子力の平和利用を適切に促進するための外交を実施してきた。
 また、国際的な信頼性と透明性の確保の観点から、核不拡散、原子力安全及び核セキュリティの確保を基本方針として、二国間及び多国間の原子力協力を推進してきた。
 そのようななか、菅内閣では、海外における原子力発電の受注を成長戦略の重要な要素としてとらえ、今国会冒頭の施政方針演説においても、「私みずからベトナムの首相に働きかけた結果、原子力発電施設の海外進出が初めて実現しました。」と海外への売り込みと成果のアピールに積極的であった。
 我が国は現在、八つの国・機関と原子力協定を締結しており、また今国会においても、政府は、ヨルダン、ロシア、韓国、ベトナムとの原子力協定の承認を国会に求めている。
 しかし、七月二十日の衆議院予算委員会においてベトナムとの原子力協定の進捗状況についての質問に対し、菅総理は「外交手続きとして現在進んでいる」と答弁され、外相臨時代理の枝野官房長官も「従来の約束はしっかり守っていくことが前提になっている」と答弁されたが、菅総理はこれを振り切るように「指摘された問題を含めて議論していきたい」と強調した。
 また、菅総理は七月二十一日の参議院予算委員会で、原子力発電所の輸出について、「安全性を高めて進める考え方がベースだが、もう一度きちんとした議論をしなければならない段階にきている」と答弁され、見直しの可能性を示唆されたが、枝野官房長官は七月二十一日の記者会見で、この首相答弁について、「見直しを示唆したとは受け止めていない」と発言されるように閣内不一致が露呈している。
 今般の福島第一原発の事故を受け、原子力発電の安全性の議論がなされているなか、平成二十三年七月七日の参議院予算委員会において、菅総理は、「それまでの原子力発電所に対する考え方と、この事故を踏まえてその後の原子力発電所に対する考え方は、私の中でも大きく変化したことはそれは素直に認めたい」「原子力発電所については徹底した安全の検証が国内的にも必要でありますし、国際的にもそのことをしっかり踏まえなければなりません」「今後のベトナムとの協力関係についても徹底した安全性というものの確保が前提とならなければならない」と答弁した。

 このことを踏まえ、以下の通り質問する。


一 菅総理のいう国際的な原子力協力の前提である「徹底した安全性というものの確保」は、具体的にどのようなものになるのか。また、どのような主体が検証して「安全性の確保」を判断することになるのか。いつまでに検証することになるのか。

二 「安全性の確保」がなされるまでは、国際的な原子力協力は凍結するのか。また、現在政府が提出している四件の原子力協定の承認について、これを取り下げる意思があるのか。


 右質問する。



 衆議院議員小野寺五典君提出原子力協定締結に関する管内閣の姿勢に関する質問に対する答弁書

 一及び二について

 我が国としては、東京電力株式会社福島第一原子力発電所の事故を踏まえ、原子力発電の安全性を世界最高水準まで高めていかなければならないと考えており、安全規制や規制行政の抜本的な改革に着手しているところである。なお、各国における原子力発電所の安全性の確保については」一義的には、当該各国が自国の責任の下で判断するものと考えられている。我が国の原子力技術に対する期待は、引き続き、幾つかの国から表明されており、諸外国が我が国の原子力技術を活用したいと希望する場合には、我が国としては、相手国の意向を踏まえつつ、世界最高水準の安全性を有するものを提供していくべきであると考える。
 国際的な原子力協力の在り方については、東京電力福島原子力発電所における事故調査・検証委員会が行っている事故原因の調査や国際原子力機関(IAEA)における原子力安全への取組強化の検討の状況を踏まえつつ、できるだけ早い時期に、我が国としての考え方を取りまとめる。
 こうしたことを念頭に置きつつ、これまで進められてきた各国との原子力協力については、外交交渉の積み重ねや培ってきた国家間の信頼を損なうことのないよう留意し、進めていく。こうした観点から、現在、国会に提出しているヨルダン、ロシア、韓国及びベトナムとの二国間原子力協定についても、引き続き御承認をお願いしたいと考えている。

shige_tamura at 11:41│Comments(6)TrackBack(0)clip!菅直人 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by k   2011年08月05日 12:40
「脱原発」を自らのキャッチフレーズにしながら、海外には原発を売るというこのダブルスタンダード。『いつものように』日本のマスコミは殆ど触れません。菅首相にもウンザリですが、日本のマスコミには心底ウンザリします。 菅首相は31日に長野県での環境会議で「原発事故は一回起きただけで地球を崩壊させる」と発言しています。 地球を崩壊させるようなものを、どうしてトルコとベトナムに売るのでしょうか? 理念のない、ただのパフォーマンスによる原発行政。このような愚劣な男が日本の総理大臣だとは・・・涙が出てきます。 愚かなマスコミは、どうせ「トルコの方から日本の技術を使いたいと言ってきたんだ」とでも言うのでしょう。 そんな言い方でごまかそうとしても、脱原発宣言の『翌日に』菅がトルコに原発を売り込んだ事実は消えないのです。
2. Posted by みるる   2011年08月05日 20:54
原発を批判しながらもしっかり海外に販売
そしてこれからの原発建設は止めないとか矛盾だらけ
八方美人もいい加減にしてほしくあります
3. Posted by みるる   2011年08月06日 17:33
http://hobbyjapan.co.jp/books_index/
ホビージャパンから
東日本大震災 自衛隊・アメリカ軍全記録

東日本を襲った空前の大震災――この危機にあたって、自衛隊は過去最大規模の救援部隊を展開させました。そして、我が国の同盟国として50年にわたる友情を育んできたアメリカもまた太平洋地域の部隊を日本に集結させ自衛隊を支援しました。
彼らの前にはどのような困難が立ちはだかり、そしてどのように乗り越えていったのでしょうか。本書は、震災救援の最前線で戦った自衛隊・アメリカ軍の指揮官や隊員たちの声をもとに、豊富なカラー写真とともに地震発生から救援活動にいたる彼らの姿を明らかにする活動記録集です。
4. Posted by 攘夷   2011年08月06日 17:38
予告:衝撃的な事実が明らかに

http://blog.goo.ne.jp/nagaikenji20070927/e/fd9afd3a4eb6a0130fdb3b906e01fe20

放射能被害 首都圏(関東)土壌調査 記者会見 8/8(月) 13:45より

8/8(月) 13:45より。参議院議員会館B104 

参加希望ジャーナリス​トやメディア、専門家などの皆さんは事前に info@radiationdefense.jpへ連絡を。参加希望者の通行証の問題があるため。H​Pは8日開設予定。発表地点数は150よりは少ないかもしれません。

このブログの読者やFBのおよそ五千人のグループ「福島第一原発を考えます」http://www.facebook.com/home.php#!/groups/fukushimadaiichi/のメンバーが、立ち上げた団体である「放射能防御プロジェクト」が放射能被害 首都圏(関東)土壌調査約150ヶ所記者会見をおこないます。
5. Posted by プチ・リタイア   2011年08月07日 11:17
5 送電分離には反対です。各自の都合で余裕があるときだけ売電されたのでは困るからです。

百歩譲って、送電分離するのなら、売電量を義務化し、売電義務を果たせない場合には強い罰則を科さなければならないと思います。

そうしなければ電力の安定供給は断たれるでしょう。
6. Posted by なおなり   2011年08月07日 18:59
管のやりたいことは前々からわかっていましたが、
狷本の没落瓩任垢諭

そんなに特ア三国のために我が国を貶めて…
相当良いことがあるのですね、この男には。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
ランキング一覧

人気blogランキング

人気blogランキングに参加しました。
応援よろしくお願いします。
月別アーカイブ
最新コメント