2011年07月26日

政権能力試験に落ちた方便政党(東洋学園大学教授・櫻田淳) 

「天に向かって!」(歌・田村重信)が、カラオケ「ウガとジョイサウンド」で歌えます。よろしく!

ブログランキングに参加しています。
↓↓↓貴方の応援クリックが明日の活力になります↓↓↓

こちらをクリック

 今日の産経新聞【正論】、「東洋学園大学教授・櫻田淳 政権能力試験に落ちた方便政党」は、良い。
 以下、全文掲載します。


 筆者は、菅直人首相の政権運営に対する批判には、もはや大した意義を感じていない。菅首相は、少なくとも過去四半世紀の日本政治史の上でも、「論じ甲斐」に極めて乏しい宰相として位置付けられよう。

 ≪菅首相論評もはや意義はなし≫

 しかし、菅首相の政権運営の実態は、一昨年夏の政権交代以前から民主党が抱えてきた「弱点」が露(あら)わになったことの帰結である。その意味では、鳩山由紀夫前首相や小沢一郎元党代表を含めて多くの民主党議員が菅批判に走っている光景は、見苦しいものでしかない。早晩、菅首相が退陣したとしても、この「弱点」は消えない。民主党が政権を担当していることの意味が、あらためて問われなければなるまい。

 そもそも、山口二郎北海道大学教授によれば、民主党の実態は、自民党主導政権時代に「権力」に与(あずか)らなかった幾多の政治家が小選挙区制度の下の選挙を生き残るための「方便政党」であった。

 一昨年夏の「政権交代」以前、小沢元代表は、民主党の政権担当能力に否定的な認識を示していたけれども、彼は、民主、自由両党の合併を手掛けた経緯から、民主党の「方便政党」としての実態を冷静に察知していたのであろう。逆にいえば、「政権交代」は、そうした実態が国民各層に対して糊塗(こと)されたところに、自民党の執政に飽いた国民の気分が重なったことの帰結であった。

 ところで、凡(およ)そ政権担当能力と呼ばれるものには、三つの側面がある。第一は、政策遂行の手足たる官僚組織を適宜、操縦する能力である。第二は、政策遂行の根拠となる法案の審議に際して、野党の協力を取り付けて、関係する地方自治体や団体の利害を調整する能力である。第三は、政策の意義を一般国民に対して説明し、納得を得ていく能力である。これらの三つは、どれかが欠けても円滑な政権運営の妨げとなるものであろう。

 ≪官僚操縦、利害調整、説明責任≫

 それ故にこそ、一昨年夏の政権交代以降、鳩山由紀夫、菅直人の民主党政権二代に要請されたのは、政権担当能力を世に証明することでしかなかった。それは、「官僚の操縦」、「各方面との利害の調整」、「国民に対する説明」という「統治」の基本に関わる作法を踏まえて、「方便政党」としての限界を克服する努力を意識的に続けなければならなかったということを意味する。

 「過去に一度も政権を担ったことがない政党」としての民主党であればこそ、それは、厳しく問われなければならなかった。目下、菅首相の「左翼性」を挙げて批判する向きがあるけれども、そうしたイデオロギー色の濃い批判は、積極的な意義を持たない。政治の世界で第一に問われるのは、「『力量』があるのか、ないのか」であるからである。

 実際には、鳩山、菅の民主党政権二代は、この政権担当能力の「証明」には、悉(ことごと)く失敗した。まず、民主党における「政治主導の確立」の大義は、官僚層に蓄積された知見や経験の排除という方向で働いた。それは、「官僚の操縦」を万全に行うには明らかな妨げとなった。鳩山政権下の米軍普天間飛行場移設案件にせよ、菅政権下の東日本大震災にせよ、内閣の失速を決定付けたのは、最も高い次元での「官僚の操縦」が要求される国家安全保障政策案件への対応であった。そのことは象徴的である。

 ≪「ポスト菅」は負の遺産相続≫

 次に、菅政権下では、谷垣禎一自民党総裁に対する二度の「大連立」樹立打診の経緯が典型的に示すように、野党との「協調」を考慮しないかのような対応が繰り返されている。また、普天間飛行場移設案件への対応によって、沖縄との関係に軋轢(あつれき)を生じさせた鳩山政権期の風景は、玄海原発をはじめとする原発の扱いに絡んで、関係地方自治体との関係でも再現されている。それは、「各方面との利害の調整」という政治の基本ができていないことを示しているのである。

 さらに、菅政権下では、「国民に対する説明」は、重視されているようでありながら、その実が伴っていない。先刻の「脱原発」記者会見の後、僅かな時間しか経(た)たないのに、「(脱原発は)個人の考えだ」と釈明する菅首相の姿勢は、その説明から「説得力」を奪っているのである。

 このように考えれば、鳩山、菅の二代の政権の「失政」を継ぐ「ポスト菅」の宰相が背負う政治上の「負債」は、甚大なものになろう。誰が「ポスト菅」の地位を襲うにせよ、民主党の政権運営が続くには、一つの前提がある。それは、民主党は、鳩山、菅両内閣期を通じて自らの「政権担当能力」を証明することには明らかに失敗したという厳然たる事実を自覚することである。

 この自覚が「ポスト菅」の宰相になければ、現下の政治混乱は続く。それは、震災からの復興に要する日本社会全体の「活力」を削(そ)ぎ落とす方向で作用しよう。

shige_tamura at 10:06│Comments(1)TrackBack(0)clip!民主党 | 菅直人

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by k   2011年07月26日 11:16
極めて正論でありますが、それ故に民主党政権に対して語るにはどこか空しい論説でもあります。 櫻田教授は、鳩山・菅政権は語るに空しい政権であると論じていますが、かえってこのような政権に日本の統治を許してしまった時代のことは今後幾百年に渡って語られるべきであろうと私は思います。また、「ポスト菅」の政権担当能力についても説かれておりますが、我々は既に民主党が自浄と反省能力のない政党であることを思い知らされたのではありませんか? 目下の問題は、もう民主党に正しい政治運営を期待することではない。そのような段階はとうに過ぎてしまったのだというのが実感です。「明らかに失敗したという厳然たる事実を自覚することである」・・・これが民主党には出来ない。出来ないのです。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
ランキング一覧

人気blogランキング

人気blogランキングに参加しました。
応援よろしくお願いします。
月別アーカイブ
最新コメント