2011年05月26日

またもや韓国閣僚が竹島訪問

「天に向かって!」(歌・田村重信)が、カラオケ「ウガとジョイサウンド」で歌えます。よろしく!

ブログランキングに参加しています。
↓↓↓貴方の応援クリックが明日の活力になります↓↓↓

こちらをクリック

 昨日ブログに「韓国議員の北方領土訪問。菅政権の弱腰外交・重要な抗議は官僚任せ。」と書いた。

 この効果があってか、

 韓国の白喜英(ペクヒヨン)女性家族相が25日、竹島を訪問したことで、松本外相は同日、韓国の権哲賢(クォンチョルヒョン)駐日大使を外務省に呼び、「竹島の領有権に関する我が国の立場に照らし到底受け入れることは出来ない。閣僚による訪問は二度と行われないよう強く求める」と抗議した。

 韓国国会議員による北方領土訪問についても「北方4島は我が国固有の領土だ。ロシアの査証を取得して入域することは、我が国の基本的立場から到底容認できず、国民感情を傷つけるものだ」と伝えた。権大使は「本国に伝える。国会議員の北方領土訪問は政府の立場とは無関係だ」と述べた。
 (2011年5月25日22時13分 読売新聞)

――となった。

 産経新聞 5月26日(木)7時57分配信―「韓国閣僚が竹島訪問 国後訪問議員は日本批判」との報道によると韓国の白喜英・女性家族相が25日午後、竹島を訪問したとのこと。

 白女性家族相の竹島訪問は、「青少年に独島を愛し、国を愛する心を繰り返しかみしめさせる」ことが目的。青少年団体の若者らと同行して島を視察し、警備隊を激励したという。

 竹島には、李周浩教育科学技術相と李明博大統領側近の李在五特任相が先月、相次いで訪問したばかり。日本の中学校の教科書で竹島を「日本領土」と明記したことに反発し、実効支配強化を強調する韓国政府の方針に沿った措置とみられる。


 また、25日午前には北方領土の国後島を訪問した韓国国会の野党議員らが韓国に帰国。
 記者会見で日本側が今回の訪問を問題視していることに関し「コメディーだ」などと発言した。

 仁川空港で開いた記者会見で姜(カン)議員らは、日本政府が国後島訪問に抗議していることに対して「誤解がある。(日本側が)韓国の国会議員の活動にあれこれ言うのはやめてもらいたい」と反発。
 一方で「国後島に対するロシアの実効支配を確認できた」などと語った。

 
 自民党外交部会・領土に関する特命委員会合同会議は、「韓国閣僚の竹島訪問について」、急きょ、今日の午後に開催される。

shige_tamura at 10:39│Comments(0)TrackBack(0)clip!安保・防衛政策 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
ランキング一覧

人気blogランキング

人気blogランキングに参加しました。
応援よろしくお願いします。
月別アーカイブ
最新コメント