2011年01月31日

坂本博之さんの愛弟子、錨吉人さんが「1ラウンド2分26秒KO勝ち」

ブログランキングに参加しています。
↓↓↓貴方の応援クリックが明日の活力になります↓↓↓

こちらをクリック

 28日(金)「現代のタイガーマスク」の元東洋太平洋ライト級チャンピオン坂本博之さんの愛弟子、錨吉人さんのプロボクシング・デビュー戦の結果は「1ラウンド2分26秒KO勝ち」でした。
 もの凄く、早いパンチでした。
 強いかったです~

 この試合の一部(デビューウイン)と坂本さんのインタビューがユーチューブで観れます。 勝利に沸くリングの映像です。
 当日の試合の模様は、SRSボクシングジムでご覧いただけます。




(参考)

「施設の子に夢与えたい」 KOデビューの錨選手

 28日に東京・後楽園ホールで行われたボクシングの興行で「平成のKOキング」のまな弟子がプロデビューを果たした。錨吉人選手(21)は元東洋太平洋ライト級チャンピオンの坂本博之氏(40)が会長を務める「SRSボクシングジム」のプロ第1号。坂本氏と同様に児童養護施設での生活を経験したボクサーだ。

 現役時代に破壊的な強打で人気を集めた坂本会長の教え子は、1回KO勝ちで期待に応えた。「楽しかった。僕が坂本さんに力をもらったのと同じように、僕も施設の子どもたちに夢を与えたい」と言葉を弾ませた。

 鹿児島県西之表市で生まれた錨選手は父親を早くに亡くし、鹿児島市内の児童養護施設「たらちね学園」で小学6年から高校2年まで過ごした。施設の指導員の紹介で、現役時代から養護施設の支援活動を続けてきた坂本氏と出会い、昨年8月に東京都内に開設されたジムに入門した。

 坂本会長は「デビュー戦に勝つことが目的じゃない。これからだ」と意気盛ん。世界王座に4度挑戦してタイトルに手が届かなかった会長の夢を引き継いだ錨選手は「世界のベルトを取りたい」ときっぱり言った。

[ 共同通信 2011年1月28日 21:46 ]



 “坂本2世”錨、KOデビュー!

 プロボクシング(28日、後楽園ホール)「平成のKOキング」と呼ばれた強打者、元東洋太平洋ライト級王者・坂本博之氏(40)が主宰する「SRSボクシングジム」のプロ第1号、錨(いかり)吉人(21)がプロデビュー戦で1回に2度のダウンを奪い、KO勝ち。

 錨は、坂本会長と同様に児童養護施設での生活を経験。鹿児島市内の施設「たらちね学園」で小6から高2まで過ごし、「施設の子どもたちに夢を与えたい」。昨年8月、都内にジムを開いた同会長は「デビュー戦に勝つことが目的じゃない」。4度世界王座に挑戦して失敗した、会長の夢を引き継ぐ。

(サンスポコム.1.29 05:00)

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by shizu   2011年02月10日 19:18
5 養護施設へのご支援
タイガーマスクが現実にいたんですね
坂本さんご夫妻に感服です
錨さんも男らしくなって幸せは自らつかんでいく事でしょう
将来が楽しみです
最近のボクシング(なんとか兄弟???)は嫌いでしたが
SRSのファンになりました
頑張って下さいね
これからも応援します
プロデビュー戦KO勝ちおめでとうございます

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
ランキング一覧

人気blogランキング

人気blogランキングに参加しました。
応援よろしくお願いします。
月別アーカイブ
最新コメント