2010年10月13日

中国軍事専門家・平松茂雄 資料が語る「尖閣は固有の領土」

ブログランキングに参加しています。
↓↓↓貴方の応援クリックが明日の活力になります↓↓↓

こちらをクリック

 尖閣諸島問題がクローズアップされています。
 今日(10月13日)の産経新聞【正論】に、中国軍事専門家・平松茂雄氏の「資料が語る『尖閣は固有の領土』」が掲載されました。以下が全文です。



 尖閣諸島が紛れもなく日本領土であることを実証する資料集が2冊、この数年の間に沖縄で出版されている。那覇の尖閣諸島文献資料編纂(へんさん)会による『尖閣研究−高良学術調査団資料集』(上下巻、平成20年)と、『尖閣研究−尖閣諸島海域の漁業に関する調査報告』で、前著は700ページ、後著は300ページを超す大部である。

 前著は、筆者が平成20年3月3日付本紙読書欄で紹介した。戦後5回、多方面にわたり行われた高良学術調査団の調査を通し島の実態が克明に記述されていて興味が尽きない。この種の調査が戦後5回も実施されたことが、取りも直さず尖閣諸島に対するわが国の実効支配を裏付けているという意味でも貴重な文献である。

 今度出た資料集は、官報、公文書、各種新聞記事、漁業・水産関係資料などを基に編纂され、この8月に刊行されたばかりなので、本欄を借りて紹介する。

 ≪領土宣言前からの日本漁場≫

 尖閣諸島が日本の領土となったのは、明治28年(1895年)である。だが、それ以前の明治初年から、先島諸島次いで沖縄の漁民たちが、小さな刳(く)り舟や伝馬船で東シナ海の洋上遥か彼方(かなた)の小島を目指して出漁していた。

 尖閣諸島周辺海域は豊かな漁場である。直近の海域でカジキ、カツオ、イルカ、フカなどが簡単に獲れた。波の高い時には海水とともに魚が甲板に飛び込んできた。魚釣島の海岸にはいくつもの自然にできた掘割があり、満潮になると入ってくる魚を棒で追い出して獲った、と高良調査団員は回想している。島はアホウドリその他の野鳥の楽園でもあった。同報告書によれば、推定1000万羽の海鳥が群れをなしていた。

 尖閣諸島は、明治17年から石垣島の古賀辰四郎氏が、1島を除く4島を日本政府から借り上げ、主島の魚釣島と南小島で鰹節(かつおぶし)工場やアホウドリの羽毛の採取を生業としていた。昭和7年に払い下げを受けて古賀氏の私有地となった。昭和15年、戦争が近づいてきたため古賀氏が引き揚げて以来、無人島となった。現在は埼玉県在住の日本人が所有している。

 ≪中国の足跡は何もなし≫

 中国は尖閣諸島に何の足跡も残していない。それに対し、この膨大な資料は尖閣諸島周辺海域での先島諸島、沖縄本島漁民たちの明治初年からの長い漁業活動の歴史を伝えてくれている。尖閣諸島の領有権を考える上で忘れてはならない貴重な歴史である。

 だが、わが国政府の対応は今に至るまで余りに消極的に過ぎた。明治政府は、明治初期の「琉球処分」以来、沖縄の反対勢力と旧宗主国だった清国(中国)を恐れ、沖縄の改革に腰が引けていた。明治政府の事なかれ主義は尖閣諸島の扱いでも同様だった。

 内務省の命を受け明治18年、沖縄県は「沖縄県と清国福州との間に散在する」無人島(尖閣諸島)を調査した。その結果、清国帰属の証拠は少しも見当たらず、「無主地」として、国標建設(領土編入)を要望する旨の上申書が沖縄県令から提出されたが、井上馨外務卿は反対の態度を取り続けた。その後も沖縄県から明治23年と26年に領土編入の上申書が提出されたが、明治政府は放置した。そして、日清戦争の勝利が確実となった明治28年1月、突然、尖閣諸島に標杭建設の儀は差し支えないとの閣議決定が下された。

 ≪政府の及び腰が脅威を招く≫

 明治18年以降、領土編入までの10年間に3回の調査を重ねながらも、明治政府は沖縄県からの「領土編入」の上申を受け入れなかった。対中(清国)関係を重視して渡航を自重させるでもなく、慎重な調査を続けるでもなかった。何もしなかったのである。

 尖閣諸島へ渡ったのは、明治政府や沖縄県の役人など調査の関係者ではなく、先島諸島や沖縄本島の漁師たちだった。夜光貝、アホウドリの羽毛など換金性の高い漁獲物が廃藩置県後に沖縄に流入した寄留商人に大量に買い取られ、那覇港から輸出された。

 領土編入以来、100年を経た現在、またも日本政府の対中及び腰で、尖閣諸島は周辺海域に頻繁に押し寄せてくる大量の漁船からの「中国の脅威」にさらされている。
 漁船といっても、漁民を装った民兵の船や武装漁船である。

 これらの船舶による侵犯状態が続き、漁船保護目的で中国海軍艦艇が展開するようになると、尖閣諸島は「中国の領土」、周辺海域も「中国の海」となって、先島諸島と沖縄本島の漁民は中国政府の許可を得ないと操業できなくなってしまうだろう。日本政府は、これらの諸島の漁民たちの、明治以来の尖閣諸島や周辺海域での活動を無にしてはならない。(ひらまつ しげお)

shige_tamura at 12:08│Comments(4)TrackBack(0)clip!安保・防衛政策 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by プチ・リタイア   2010年10月13日 22:36
5 尖閣を民間人が所有しているという現実は何とかならないのでしょうか。中国人に売られた時点で、日本の実行支配は事実上終わってしまいます。

驚くことに、尖閣の地権者に対して、国は毎年4千万円ものべらぼうな金額を支払って土地を借りているそうではありませんか。尖閣の実行支配が揺らいでいる現状では、地権者からいくら値段をつり上げられても、文句は言えないでしょう。まさに尖閣は、「打ち出の小槌」になっているのではないのでしょうか。その上、中国人に土地を売らないという保証は全くないのですから、困ったことです。

今こそ国有化に向けて決着をつけるべき時だと思います。
2. Posted by coco   2010年10月14日 18:55
本当に、中国ならやりかねません。

現に日本の森林や水源地、安全保障上重要な土地が外国資本に買いあさられています。

しかも日本人名義で売買され、その後外国に転売される形なので問題の大きさに気づくのが遅れたそうです。

尖閣に限らず、貴重な資源や安全保障上重要な土地の国有化や、土地売買を規制する法律整備を急いで欲しいと思います。
3. Posted by 日本の領土   2010年10月15日 17:04
私も国有化に賛成で、早急に決着してほしいです。
解らないのは、所有している方の考えです。国の領土に関する問題で、まさに国益に関することです。一個人が所有すべきではない。
所有者が日本国民で領土に対する危機感が有るのなら積極的に自ら国に売却すべきだと思いますが。先祖代々の土地だからなどと言っている場合なのでしょうか。個人の利益の問題ではないのです。

空港、沖縄の基地など私有地は”土地収用法”で最後は強制収用されるのですから、この場合もある程度の金額を提示し、それでも拒むのなら、日本国の領土を守る観点から強制収用すべきであると思います。

自民党政権時代から、なぜそうしなかった不思議でした。竹島で懲りていないのか。
4. Posted by フェラガモ 通販   2013年07月25日 04:03
突然訪問します失礼しました。あなたのブログはとてもすばらしいです、本当に感心しました!

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
ランキング一覧

人気blogランキング

人気blogランキングに参加しました。
応援よろしくお願いします。
月別アーカイブ
最新コメント