2010年09月29日

中国漁船衝突事件への対応を誤った仙谷官房長官

ブログランキングに参加しています。
↓↓↓貴方の応援クリックが明日の活力になります↓↓↓

こちらをクリック

 仙谷官房長官は29日午前の記者会見で、中国漁船衝突事件の処理を巡り、「当初段階で中国側の対応を見誤ったことを認めた」「中国側も理解してくれるだろうと判断していたが、(日中間の)司法過程の理解がまったく異なることを我々が習熟すべきだった」と語った。

 これほど甘い判断をしていたかと思うとゾッとする。

 「孫子の兵法」によると、相手の出方を考えるのが当然とあるのだが。
 今回は、中国の出方を分析・考えずに、甘い考えで行動を起こし、その後、中国の厳しい反応にビックリして、船長まで釈放してしまったということだろう。
 
 やっと、中国の対応が和らいできたので、今回の応答となったようだが、これは、大きな責任問題だ。こんな甘い決断する人物が官房長官だと、失った信頼が、さらに失墜することになる。

 この事件を受け、民主党有志議員が建白書や緊急声明を出し、原口一博前総務相らは29日、超党派で「国家主権を守るために行動する議員連盟」(仮称)を設立する方針を固め、国会内で午後に準備会合を開く予定だ。与野党を超えた、大きな政治問題となっている。
 

 今回は政府の初動(当初)段階でのミスが、大問題となった。
 僕はブログで、これは危機管理だと述べた。危機管理は、初動の対応と情報収集の一元化とそれに基づく対応が重要だと述べた。

 ところが昨日、北沢防衛相は今回の事件で「官房長官のもとに関連の各省が協議する場を設けるべきだ。それにより統一的な見解、戦略を作り上げていく必要はある」と述べていたが、全く今回の対応には問題があったということだろう。

 どうしてこうした過ちを犯したのか。

 菅政権は、安全保障・危機管理への対応について、トップの地位にある政治家のセンスが欠けていたことだ。さらに、民主党の政治主導では、役人は勝手に動くなという民主党政権のために、官僚が本来の動きができなかったことだ。

民主党政権では、役人としては生き残るためには「イエスマン」になること。「言われたことだけをやること」。創意をもって自主的・積極的にやれば身を滅ぼすことになりかねないので、指示されたことしが動かない。


 内政上の失敗は何とかなるが、外交上の失敗は、取り返しがつかない。
 残された道は、失敗した人が責任をとって、辞めることだ。


(参考)
 
 <中国漁船衝突>対応見誤り認める 仙谷官房長官
 (毎日新聞 9月29日(水)12時28分配信)

 仙谷由人官房長官は29日午前の記者会見で、沖縄県・尖閣諸島付近での衝突事件を巡り、当初段階で中国側の対応を見誤ったことを認めた。中国漁船の船長を除く乗員14人を13日に帰国させた際、仙谷氏は状況が改善するとの見通しを示したが、「中国側も理解してくれるだろうと判断していたが、(日中間の)司法過程の理解がまったく異なることを我々が習熟すべきだった」と語った。

 船長を釈放した後も中国は謝罪と賠償を求めるなど強硬姿勢を維持。一方、対抗措置の解除を示唆するなど柔軟姿勢を見せ始めたことについて「戦略的互恵関係から逆向きの事態をゼロに直す努力をされ始めたと推測しているが確認はできない」と述べた。【野口武則】



 仙谷官房長官反省…「中国に習熟すべきだった」
 (2010年9月29日13時46分 読売新聞)

 仙谷官房長官は29日午前の記者会見で、沖縄・尖閣諸島沖の中国漁船衝突事件をめぐる日本政府の一連の対応について「司法過程についての理解が(日中間で)ここまで異なるということについて、もう少し我々が習熟すべきだったのかなと思う」と述べ、当初の見通しの甘さを認めた。

 仙谷氏は中国人船長以外の乗組員14人と船体を中国側に引き渡す方針を決めた13日の記者会見で「船員と船が(中国に)帰れば、違った状況が開ける」と事態打開への期待を示した。しかし、中国はその後も反発を強めた。

 これについて、仙谷氏は「『中国も理解してくれるだろう』と判断していた。(中国でも)司法権の独立とか、政治行政と司法の関係が近代化されてきているとの認識を持っていたが、あまりお変わりになっていない」と指摘した。

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by ガセネタ   2010年09月29日 16:33
ほんとに,すぐに辞職してくれないと,
日本と国民は甚大な被害を被ることになりますね.

今回の情けない政治事件の根本原因は,
初動のミスとか何とかという話ではなく,
仙石や菅に国を断固として守るという意識が
本質的に欠落していることだ.
だから戦略も基本方針も建てられない.

失政をカバーするには,尖閣警備の強化や警備方法の大改革を直ちに行わないといけないが,
仙石たちの頭には無いだろう.
2. Posted by 戦う憂国の戦士たち   2010年09月29日 16:37
もはや民主党に外交どころか我が国の内閣を任せるわけにいきません!

今年中に補正予算の内容で戦う総選挙をしてほしいです。
3. Posted by natyu   2010年09月29日 17:55
田村さんはこのブログで孫崎享氏の著書を紹介しているのですが、その孫崎享氏が昨日テレビ朝日のワイドスクランブルに出演してほとんど中国の代弁者みたいな発言をしてました。

サラッと中国は尖閣諸島を取り返しにくるとか言ってたし、取り返しに来るって表現は元々は尖閣は中国のものみたいじゃないですか。

やたらととにかく経済的な事もあるので中国を刺激しないためにあまり日本の正当性を世界に向けて発信するのは避けたほうが良いとか。

保守派にも受けが良いことも言ってるようですがまだまだ日本独自の防衛は長〜い時間がかかることを見越して日米離間を画策する工作員では、と思いました。
4. Posted by y16a   2010年09月29日 18:10
民主党に危機管理能力がない、ということは、既に豪雨災害や円高対応でも十分に分かっていたことですが、こうした国家的危機の最中に代表選にかまけていたということからも、単に危機管理のみならず、物事を大局的に判断するとか本質を見極めるといった、政治家に必要な能力が根本的に欠けているということです。民主党内から建白書や意見書が出されているようですが、そもそも中国へ朝貢外交し、敵性国家の親玉と記念撮影をして喜んでいた民主党議員に意見する資格はありません。
マスコミの無責任な煽動に踊らされ、このような左翼運動家くずれやプロ市民もどきの素人集団を政権与党に選んだ国民に、責任の過半はあると思うのですが、今回の中国の傲慢ぶりについては、敢えて厳しい意見を言わせていただきますが、これまで中国をさんざん甘やかしてきた自民党政権にも責任があるものと判断せざるを得ません。共産党一党独裁の覇権国家との互恵関係など、経済界が拘る金儲け以外にはあり得ません。拝金主義のために国家を潰すことはまかりなりません。はっきりと、自民党に対する抗議の意思を表明しておきます。
いずれにせよ、次の国会では、この問題も含めて民主党の不手際を徹底的に糾弾するとともに、自民党ならどう対処していくつもりなのかを国民の前に明らかにしていただきたく思います。
5. Posted by yamada   2010年09月29日 19:49
3 民主党の外交戦略が無いためね今回これからも全世界からつつかれてしまいそう。イランの油田は大丈夫ですか。
6. Posted by あらいぐま   2010年09月29日 20:01
3 初動が全て、今回の中心は前原だ。
今も反中国で対決姿勢を顕わにしている。
今日も口も滑らかに進軍ラッパを吹き続けている。
仙谷は影の総理を自認しているようだが、こんなになっても前原を御せずにいる。
尤も、政治オンチの謀略・策略以外何にも解らない弁護士でしかないのだから最後の「中国に習熟すべきだった」の恥も外聞も無い話も頷ける。

しかし、自民党が仙谷を揶揄する資格があるのだろうか?
アメリカべったりの政権で対中問題は一手に旧田中派に頼っていたくせにどの口で攻撃するのか不思議だ。

それでも菅政権はマスコミが作った人気者ばかりの偽政治家の内閣だ。
小沢排除をマスコミと一緒に行なってきた自民党はこうなる事は予想出来ていたはずだ。
つまり、仙谷・前原それと菅総理と同罪だという事を自民党は知るべきだ。
国益や国民の利益などより権力を追求してばかりいるのは同じだという事だ。
7. Posted by 牧野 弘幸   2010年09月29日 20:53
管理人様
>仙谷官房長官は29日午前の記者会見で、中国漁船衝突事件の処理を巡り、「当初段階で中国側の対応を見誤ったことを認めた」「中国側も理解してくれるだろうと判断していたが、(日中間の)司法過程の理解がまったく異なることを我々が習熟すべきだった」と語った。
 特に外交の場合、将棋・囲碁のように、常に最悪の事態を考慮することです。
 とは言え、戦争になる危険性は(ほぼ)避けられただけでも、良かったと思います。
8. Posted by 牧野 弘幸   2010年09月29日 20:54
戦う憂国の戦士たち様
>今年中に補正予算の内容で戦う総選挙をしてほしいです。
 どう考えても無理です。
 菅首相にしてみたら、参議院の方を解散したいぐらいなので。
(大連立政権が精一杯です。)
9. Posted by 智太郎   2010年09月29日 20:57
 今の与党:民主党の議員をはじめ、知的でなく、発想力も国の管理レベルも低い政治家・役人どもが、まるで日本を私物化であるかの様に動かし、ヘマばかりしている日本国家に怒り、辛口トークで記事にしました。いつもの"おもしろ写真"では「沖縄県尖閣諸島沖での中国漁船と海上保安庁巡視船の衝突事件画像」「民主党有志73人が緊急声明 っ?はぁ〜?民主党有志〜っ?」「小沢一郎=汚沢一郎の民主党の醜態」「秋葉原の電気街や池袋の“チャイナタウン”で買い物する中国人の感想」等々を貼ってみたのです。・・(*^_^*)トラックバックをさせて戴きとう思っております。<m(__)m>
10. Posted by プチ・リタイア   2010年09月30日 04:41
5 小沢一郎の茶坊主・細野が訪中するそうですが、いったい何を裏取引してくるつもりなのでしょうか。日本が中国自治区になった時のための、自己アピールでもするのでしょうか。細野という男は、権力者に見境なく媚びを売るピエロのような男です。
そのうち茶坊主No.2の原口が、細野に先を越されまいと焦って動き出しますよ。よく見ておきましょう。この原口という男も、小心、傲慢、かんしゃく、虚栄で凝り固まった権力亡者で、本当に困った男です。
11. Posted by 領土問題   2010年09月30日 11:06
5 優しい言い方すれば、仙石さんも含め民主党は”世渡り”が下手なのです。
結果は別にして、”どう発言したら、対外的には強いアピールとなり、国民を説得し、納得してもらえるのか。”全然考えていない。
何度も言ってますが、検察があんな会見をして、それに政府として何も強い主張を追加せず、ただ人ごとのようにOKを出せば国民、中国がどう感じるのか解って発言したのか?と言うことです。
外交はもっと”ずる賢さ”が必要なのです。きれい事ばかりでは負けます。特に中国、韓国、北朝鮮には。

民主党全般に言えますが、よく考えて発言してほしい。言い方を変えれば、”馬鹿正直な発言”をしているのです。いや”大馬鹿正直”ですね。またそれで良いと思っているからもっと問題です。政治家として、これでは困ります。

これでは、外交問題の解決、もしくは日本に少しでも有利な決着をつけることはできないでしょう。
少なくとも外交については能力ないですね。
12. Posted by 牧野様へ   2010年09月30日 13:13
牧野さん、仰るとおり戦争はなんとしても避けなくてはなりません。

>特に外交の場合、将棋・囲碁のように、常に最悪の事態を考慮することです

その通りです。「考慮する」ことは必要です。
しかし
「考慮」して、「ただ逃げる」では困ります。
”将棋・囲碁”を例にあげていますが解っていないですね。おかしいと思いませんか?
「最悪を考慮」して「逃げてばかり」いたら、勝てないではないですか? 
外交は”引き”も必要だが、”攻め”も必要でしょう。同じ”引き”でも勝つために”引く”のです。後の”攻め”を考えて引くのが将棋・囲碁ですよ。今回次の”手”を考えていないのです。
それと、相手の事が解らなくては作戦を立てられず、勝てるはずがない。仙石さんは自ら無能を露呈しただけです。

牧野さんが言って言っているとおりのことしてたら、日本の経済構造上、「最悪の事態を考慮」ばかり。逃げてばかりで面白いように日本を攻めてくるでしょう。日本は戦争しなくても終わりです。

この問題は与党が民主党でなくても同じです。党を超えて考え、国民もそれを指示する覚悟が必要だと思います。ひょっとしたら憲法の改正が必要かもしれません。
13. Posted by 牧野 弘幸   2010年09月30日 22:26
>>12
>>特に外交の場合、将棋・囲碁のように、常に最悪の事態を考慮することです

>その通りです。
>「考慮する」ことは必要です。
>しかし「考慮」して、「ただ逃げる」では困ります。

 私のコメントが少し弱気でしたか。
 申し訳ありませんでした。

 しかし、小沢一郎を抱えたままでは、とてもじゃないが「攻め」に転じれない。
 こんなこと言ってはいけないが、小沢一郎と中国政府が組み、菅内閣の倒閣に向けて動いてる可能性があります。
  (民主党代表選挙に敗れた小沢一郎が、中国政府に依頼して・・・・・・・・)
 そのため、民主党は、自民党と連立政権を組んででも、小沢一郎を除名しなければなりません。
14. Posted by WEBRONZA編集部   2010年10月01日 20:24
今回『中国漁船衝突事件への対応を誤った仙谷官房長官』のブログをWEBRONZAテーマページにリンクさせていただきました。
不都合な場合、WEBRONZA@asahi.comにご連絡ください。
宜しくお願い致します。

WEBRONZA編集部

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
ランキング一覧

人気blogランキング

人気blogランキングに参加しました。
応援よろしくお願いします。
月別アーカイブ
最新コメント