2010年09月24日

中国人船長の釈放を決めた理由は

ブログランキングに参加しています。
↓↓↓貴方の応援クリックが明日の活力になります↓↓↓

こちらをクリック
 
 安全保障・危機管理の専門家から、次の意見が寄せられた。


 今回の中国漁船を巡って、那覇地検が「日中関係を考慮して処分保留を決定」とされております。

 しかし、そもそも地検などが外交関係を考慮するのは、彼らの任務役割を逸脱しているのではないでしょうか?このような決定は、あくまでも外務省または首相が大局的見地に基づいて行うべきものであって、地検が口出しするべきではないはずです。


――という意見だ。


 那覇地検は24日の記者会見で、中国人船長の釈放を決めた理由について、「船長がとった行動に計画性は認められず、我が国の国民への影響や今後の日中関係を考慮した」と説明した――との報道。

 問題は、「我が国の国民への影響や今後の日中関係を考慮した」との説明。


 この問題に関して、これまで政府は、繰り返し「国内法に基づき、粛々と対処する」と表明していた。
 ところが、今回、那覇地検が、突然の処分保留と決定した理由は、「わが国の国民への影響と今後の日中関係を考慮した」とのことであり、これはそもそも、地検が言うべきことではない。

 これでは、国民の大多数は違和感を覚え、中国の圧力に屈したと思うのではないか。
 民主党の山口政調筆頭副会長も「釈放、筋が通らない」と批判している。


 また、国際社会に間違ったメッセージを発してしまった恐れもある。
 これが、政治的判断が働いた末の決定であるとするならば、政府は国民に対し、きちんとした説明責任を果たすべきである。

 
 今回、このような日中関係の悪化を招いた原因は、証拠となるビデオを公表しなかったなど、政府の対応の遅さ、拙さがあった。

 この事案が発生した時期は、民主党代表選挙の真っ最中であり、総理・官房長官・外務大臣は代表選挙に忙殺されていた。
 その結果生じた政治的空白と政府の機能不全が、事態をここまで悪化させたことは明白であり、総理以下の政治的責任は極めて重い。



(参考)

 那覇地検「今後の日中関係を考慮」…船長釈放
(2010年9月24日15時33分 読売新聞)


 那覇地検は24日の記者会見で、中国人の●其雄(せんきゆう)船長(41)の釈放を決めた理由について、「船長がとった行動に計画性は認められず、我が国の国民への影響や今後の日中関係を考慮した」と説明した。(●は「擔」のつくりの部分)

 釈放の時期は未定。



 民主・山口政調筆頭副会長「釈放、筋が通らない」と批判
 (産経新聞 9月24日(金)16時3分配信)


 民主党の山口壮(つよし)政調筆頭副会長は24日午後、那覇地検が沖縄・尖閣諸島沖での漁船衝突事件で逮捕、送検されていた中国漁船の中国人船長を処分保留で釈放すると発表したことについて、「国益の観点から、なぜ処分保留なのか分からない。筋を通すことが必要なのに、なぜ処分保留なのか。筋が通らない」と述べて批判した。国会内で記者団に語った。

shige_tamura at 16:39│Comments(11)TrackBack(0)clip!安保・防衛政策 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 領土問題   2010年09月24日 17:26
日本の司法も馬鹿ばかりになりましたね。
「日中関係を考慮・・」そんな事は司法で考えることではない。こんなこと解らないとはどうしても考えられない。政府の意向が働いたとしか思えません。
そうでなければ、仙石官房長官の「地検が判断したものだから・・」で良いはずではなく。司法が勝手に外交問題をこじらせた事に怒るべきである。それがなかった。
これはひどい。こんなことは自民党時代から何度かありましたが、もうやめてほしい。
2. Posted by 黒崎   2010年09月24日 20:12
失望しました…。
あっちはさぞかし国威発揚(謎)となったことでしょう。
あっちはお上が馬鹿なのは周知の事実ですが
こっちの民主党も同じです。
あっちのお上は自国民をだますことに必死で、今回はどうやら功を奏したようですね。
国民を反日という武器で統制するにはもってこいの自作自演ですし。
かたやこっちのお上はいつまでたっても馬鹿丸出しでまったく国益につなげていません。
やっぱり売国奴なんでしょうかね?
対抗手段で韓流だの華流だのアジア友好だの寝ぼけたこと言わんで馬鹿相手には毅然とした態度で臨みましょう。
3. Posted by みるる   2010年09月25日 07:10
5 前原大臣と仙谷が強引に釈放を要求したと言う話もあります
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100925-00000154-yom-pol
表向きは那覇地検
裏は民主党政府の強引な釈放だと思います
でないと政治主導は嘘になります
責任は地検にして政府は知らん顔です
そして中国に拘束されている日本人4名については日本は抗議していません
4. Posted by 牧野 弘幸   2010年09月27日 22:52
管理人様
>中国人船長の釈放を決めた理由

準大手ゼネコン「フジタ」の邦人社員4人の人名とてんびんに掛け、中国人船長の釈放を決めたようです。

http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/100927/plc1009270008000-n1.htm
■首脳会議一転
>24日午前10時すぎ。
>東京・霞が関の法務・検察合同庁舎19階の最高検会議室。
>中国漁船衝突事件で逮捕、送検された中国人船長に対し、起訴を主張する幹部の声が響いた。
>那覇地検が中国人船長の釈放決定を発表する、わずか4時間前の出来事だった。

>集まったのは、大林宏検事総長、最高検の伊藤鉄男次長検事、勝丸充啓(みつひろ)・公安部長と担当検事に加え、那覇地検の上野友慈(ゆうじ)検事正と福岡高検の岩橋義明次席検事。
>国会議員の逮捕など重要案件を最終決定する際に開かれた「検察首脳会議」ともいえる顔ぶれだ。

>この時点では、方針が釈放で一致していたわけではない。
>1時間に及んだ会議。
>出席者の一人の発言を契機に全員一致での釈放決定への流れが強まった。

>「4人の人命はどうなるんですか。(起訴したら)危ないんじゃないですか」

>準大手ゼネコン「フジタ」の邦人社員4人が軍事管理区域で撮影した疑いで中国当局に拘束されたことが前夜に発覚していた。
>ある幹部は「人命をてんびんにかければ、起訴という判断はできなかった」と悔しさをにじませた。
<続く>
5. Posted by 牧野 弘幸   2010年09月27日 22:53
■潮目変わった日
>船長の10日間の勾留(こうりゅう)延長が決定した19日の時点で、検察当局は「起訴」に向け意気軒高だった。
>「異論を唱える人は誰もいなかった」(幹部)という。

>実際、検察当局は公判に備え、石垣海上保安部が衝突時の様子を撮影したビデオ映像の公開に「待った」をかけていた。
>「手の内を明かすわけにはいかない」(同)からだ。
>詰めの捜査のため、最高検は公安部の担当検事を那覇地検へ派遣する方向で調整していた。

>潮目が変わったのは21日だった。
>中国の温家宝首相が「釈放しなければ、中国はさらなる対抗措置を取る用意がある」と揺さぶりをかけた。
>間もなく、邦人4人が中国で行方不明との情報がもたらされる。

>「すぐに身柄拘束を想像した」とある検察幹部。
>このころから検察内では「船長にいい弁護士がつき、容疑を認めさせれば略式起訴で済ませられるのに」と弱気な声が漏れ出した。

>しかし、船長は否認を続け、連日、中国の在日大使館員と接見した。
>「何か吹き込まれたのは間違いない」と海保関係者。
>否認のままでは略式起訴にできない。
>流れは釈放に傾いた。
6. Posted by 牧野 弘幸   2010年09月27日 22:54
みるる様
>中国に拘束されている日本人4名については日本は抗議していません

当たり前の話ですが、中国人船長の起訴より、日本人4名の釈放の方が重要です。
しかし、他の政治系ブログを見てても、中国人船長の起訴ばかり重視して、日本人4名の釈放を軽視してる傾向があるような・・・・
7. Posted by 領土問題   2010年09月28日 20:05
5 牧野様
すばらしいです。検察の苦悩がよく伝わってきます。牧野さんは、あくまでも釈放の決定は検察が独自に行ったものだと言うことですね。
そうだとしても、重大な問題があると思いませんか?

「フジタ社員4名と天秤に掛けた。」
天秤に掛けてどうするのか決定するのは政府でしょう。
しかも、会見で、”両国の関係悪化、国民の影響を考え・・・。”など余計な理由を付けている。こんなこと言えば「検察が考えることではない」と非難されるのは解っていなかったのか。ちょっとお粗末ではないでしょうか?

「フジタ社員4名の命を・・。」
と言うが、全然解決してない。それは、外交の戦略を無視して、釈放してしまったからだ。
裏取引も何もしていないようだ。と言うことは、自ら”切り札”を捨ててしまった訳です。

外交戦略は政府が考えること。検察ではない。
検察はあくまでも”法”で判断し、それに対して外交的戦略を考えて必要と判断すれば、超法規的措置で首相が釈放するのが筋ではないか。
検察の余計(あえて言う)な決断で、もっと悪化したら誰が責任を取るつもりなのか?

そう考えると、私は”検察単独の決断”ではないと思いますが。
8. Posted by 雪ん子   2010年09月28日 21:36
牧野さん 領土問題さんの言う通り
中国人釈放して その直ぐあと 26日に中国甘粛省の土石流災害で1億相当の物資援助を中国にしてフジタの社員はそのまんまほったらかし
尖閣だって 石垣の漁民の方は釈放した日から中国に拿捕される恐怖におびえながら操業してるはず 同じ日本国民がこんな酷い扱いなんなのよ!!て怒りたいです 
9. Posted by 牧野 弘幸   2010年09月29日 20:57
領土問題様・雪ん子様
>「フジタ社員4名の命を・・。」
>と言うが、全然解決してない。

>フジタの社員はそのまんまほったらかし

 日本人全体が右傾化、冷酷化してしまったのか、中国人船長に隠れて、フジタの社員が無視されてる点が難点です。
10. Posted by 領土問題   2010年09月30日 12:12
牧野様
ごめんなさい、うまく伝わっていなかったようです。

フジタ社員を無視しているわけではありません。検察が単独で考えるて結論を出す事では無いということです。あくまでも法に則って裁けばいいのです。このままでは、フジタ社員が危ないので超法規で釈放するのは政府であるということですよ。今は釈放したことをとやかく言っているわけではありません。最後は”釈放”になると思いますから。

また、”政府が釈放させる”と言うことはその裏で、うまく取引ができるはずです。民主党ができたかどうかは疑問ですが・・。現にできていないようです。
例えば、「船長を釈放する代わりに、フジタ社員も釈放してほしい。」 など。と言っているのです。

よく考えてください。おかげでどうなったか?
「法を曲げても釈放」してしまったのは日本で、
「粛々と自国の法に則って4人を処理をしている」のは中国になっちゃってます。
11. Posted by 牧野 弘幸   2010年09月30日 22:54
領土問題様
>フジタ社員を無視しているわけではありません。
>検察が単独で考えるて結論を出す事では無いということです。
>あくまでも法に則って裁けばいいのです。
>このままでは、フジタ社員が危ないので超法規で釈放するのは政府であるということですよ。
>今は釈放したことをとやかく言っているわけではありません。

>例えば、「船長を釈放する代わりに、フジタ社員も釈放してほしい。」 など。と言っているのです。

 私もそのようなバーターを考えてましたが、検察が勝手に中国人船長の方だけ釈放してしまったため、オシャカになってしまいました。

 それにしても、検察は何故勝手に中国人船長を釈放してしまったのか。
 考えられる可能性として、検察バッシングを起こすため、小沢関係者が検察に依頼して・・・・・・・・の狙いがあるかもしれません。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
ランキング一覧

人気blogランキング

人気blogランキングに参加しました。
応援よろしくお願いします。
月別アーカイブ
最新コメント