2010年09月15日

マスコミに負けた小沢氏

ブログランキングに参加しています。
↓↓↓貴方の応援クリックが明日の活力になります↓↓↓

こちらをクリック

 朝日新聞などのマスコミは「菅首相 大差で再選」との見出しで、菅総理が小沢氏に圧倒的に勝ったような印象を読者に与えている。


 確かに獲得ポイントを見れば、菅氏721ポイント、小沢氏491ポイント、その差は230ポイント。菅氏が圧倒したように見える。

 国会議員票は菅氏が206人で412ポイント、小沢氏が200人で400ポイント。
 地方議員票(2382人)は菅氏60ポイント、小沢氏40ポイント。

 党員・サポーター(34万5286人)では、菅氏249ポイント、小沢氏51ポイント。当初からマスコミが予想してた通り、菅氏が小沢氏を引き離した。

 しかし、得票数を見れば、菅氏13万7998票、小沢氏9万194票。
 党員・サポーター票は衆院小選挙区ごとに上位得票者が1ポイントを得るシステム。小沢氏の「死票」が多くなった。
 
 党員・サポーターの票数は、地方議員票と同じ「6対4」だ。


――ということは、得票から見た実態は、大勝どころか僅差だった。国会議員も3人が投票先を代えれば同数となる。


 マスコミは、民主党の代表選を「政治とカネ」「首相を3カ月で代えていいのか」とキャンペーンを張り、先週は『週刊文春』『週刊新潮』が、小沢氏及び秘書と青木愛議員の関係を報じた。
 こうしたマスコミ報道が、党員・サポーター、地方議員、国会議員に影響を及ぼした。


 今回の民主党の代表選は、菅氏と小沢氏の政策及び政治手法の差がクローズアップされた。同じ政党なのに、こんなにも違うのかという点が浮き彫りにされた。

 それは、民主党が綱領を持たず、憲法や安保政策などをきちんと議論できない政党ということが、改めて明確になった。


 今回の代表選は、政権政党でありながら、喫緊の課題である経済政策などをほったらかしにした。
 菅総理が民主党代表選で再選された直後、円高が進み、14日のニューヨーク外国為替市場は、円相場が一時、1ドル=82円90銭台に急伸した。82円台は95年5月下旬以来15年3カ月ぶりの円高水準となった。


 民主党は、今回の代表選で、「小沢派」と「反小沢派」に二分された。今後、菅総理が挙党態勢を築けるかがポイントとなる。

 菅総理は、早速、鳩山前首相、小沢氏と会談予定だとか。うまく「トロイカ体制」を復活できるか。あるいは亀裂が一層深刻となるか。

 今回の代表選の問題は、党員・サポーターには在日外国人が入っていたことであり、これが菅氏「大勝」に大きな影響を与えたことだ。民主党は、在日外国人の割合を公表していない。数字を把握していないなら、なお問題だ。


 小沢氏は「一兵卒として民主党政権の成功に貢献したい」などと言っている。

 小沢氏をよく知る政治評論家の花岡信昭氏はメルマガで、「これをうかつに認識すると、なんとも怖い。『一兵卒』とへりくだるときには、小沢氏のハラの中はまったく逆だという見方もある。」と解説している。


 「ホンネとタテマエ」だ。 

shige_tamura at 10:59│Comments(9)TrackBack(0)clip!小沢一郎 | 菅直人

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by プチ・リタイア   2010年09月15日 12:29
5 幹事長の枝野の更迭は当然ですが、小沢にとって枝野はしょせん小物です。小沢はまちがいなく仙谷官房長官にターゲットを定め、彼の更迭を求めてくるはずです。しかし菅首相は仙石を更迭できない。
細川政権の時の小沢vs武村官房長官と同じ構図です。小沢vs仙石、どちらも意地になって張り合い、政権内での血なまぐさいバトルが展開されるでしょう。
2. Posted by カルロス   2010年09月15日 16:26
今回の代表選は民主党のどこが「国民の生活が第一」なのかと思いました。この暑い時期に本当に不愉快なニュースでした。菅続投を望む国民の声が圧倒的に多いのに、民主党の議員達はそれすら無視して小沢支持と言って大多数の国民を不安に落とし入れたのです。

民主党の議員は国民の気持ちも全く理解せず自分達の事しか考えずに平気で行動するのですね。円高、尖閣諸島の問題もそっちのけです。今回小沢は負けましたが奴は必ずまたやってきます。菅を支持した議員達に復讐することもあるでしょう。本当に恐ろしい政治家です。
3. Posted by MARK   2010年09月15日 19:38
今回の民主党代表選は「実」の部分では完全なる「小沢氏」の勝利でしょう。
彼の代表選での言動・行動は三手先・五手先を睨んでの「演説」「組織回り」であったと思います。
「政治とカネ」の問題も
今後、これ以上マスメディアが騒ぐことは国民の「マスコミ・バッシング」に火をつけることになりかねません。
検察もこれ以上打つ手がないのが現状のようですし。

これから来年の春のかけて「外交(安全保障)」「経済」の問題で、日本も世界のさらなる混乱に巻き込まれていくことは必至です。

必然的に次にトップには「小沢氏」が浮き上がってくることになると思います。

菅氏もそれが十分、今の段階でわかっています。


4. Posted by ばんばん   2010年09月16日 11:28
小沢VSマスコミと書けばまるでマスコミ権力に対向する小沢一郎のような印象を受けますが、報じられている金の問題は氷山の一角であり海に隠れたその汚い金権政治家の姿は数十倍大きな存在である。
5. Posted by ななお   2010年09月17日 04:33
マスコミに負けたと言えば、何も小沢さんだけではなくて、自民党もでしょうw?
 
高度経済成長期、自民党は、中選挙区制度、地方を中心とした強力な組織基盤のおかげで勝てました。
 
しかし、1980年代になると、日本の都市化が進み、組織に属さない浮動層の比率が大きくなった。また、1985年前後から、様々なニュースショー番組が開始され、それらは、世論、とくに浮動層に投票行動を左右した。
 
そんななかで1993年、ついに55年体制は終幕をむかえた。ここでも、大きな力を発揮したのは、地上波テレビ放送のニュースショーなどであり、テレ朝の椿発言は問題になった。そうして、政界再編を行った小沢らは、小選挙区制度を導入して、ますます、テレビ依存の政治体制になっていった。
 
そんな目まぐるしい変化に、自民党は全く対応できず、相変わらず旧態依然の選挙戦術「ドブ板」選挙のままだった。
6. Posted by ななお   2010年09月17日 04:36
(前の続き)
そんなところに、メディアの前でうまくパフォーマンスができる小泉純一郎という首相が登場した。彼は、それまでの自民党や日本の政界にいないタイプの政治家であり、彼の政治手法を「小泉劇場」とマスコミは揶揄した。

しかしながら、小泉首相のそうした劇場型政治は、自民党の長期的な低落傾向を抜本的に変えるところまでは至らなかった。むしろ、小泉氏によって、自民党はドーピングをうたれ延命治療をうけていただけで、むしろ、小泉氏の改革によって、自民党はこれまでの強力な組織基盤はズタズタになってしまい、小泉氏の個人的な魅力を支持する浮動層と、創価学会の組織票に依存する体質になってしまった。

そうして、小泉氏が引退した途端、その問題点は明らかになるのである。気が付いたら、自民党には、あらゆるものが消えてしまっていたのだ。そもそも、テレビに影響されやすい浮動層など、こんな浮気な層はない。また、地上波テレビやマスコミ業界で働く人間というのは、リベラルや市民活動家といわれるタイプの人間が多く、業界の体質上、保守政党の自民党とは相性が悪く、彼らは心情的に、左派政党である民主党の応援団なのだ。

そんなわけで、2009年、自民党は歴史的な大敗を屈した。これは、自民党という政党が、自分達の長期的な低落傾向を正しく分析し、それに対応できなかったからである。
7. Posted by きたろう   2010年09月17日 17:30
これだけ都市化が進み、浮動層が増えた現在において、テレビの報道の影響は無視できない。国民の大半が、難しい政治の話や政策や思想に無関心で興味がなく、その政治家の「改革ぽい人」「ハンサム」「人柄が良さそう」などのキャラクターだけで投票している人が多い。日本のような、階級社会がない、宗教対立がない、ほぼ単一民族的である、そういった党派色の薄い国家ではそうなのだ。よって、安倍シンゾウ氏が、いくら「菅政権は極左政権で危険だ」と叫んだところで、国民の多くが「極左って何ですか?」で終わるのである。
 
しかしながら、じゃ、小泉劇場みたいなことをすれば良いのですか?となるが、あういうパフォーマンスは長続きしない。そもそも、マスコミという業界はリベラル色が強い業界であり、彼らが強い意志をもって左派に有利なように編集すれば、保守系の政治家はお手上げなのだ。
 
つまり、自民党のような保守系政党がマスコミ対策をするとしたら、現在のマスコミ業界やテレビ業界の構造自体を、根本的に変えてしまうことからしないと駄目である。それは、規制ではなく、むしろ開放であり、その重要キーワードは、放送と通信の融合、再販制度の見直し、新聞宅配制度の解体、マスメディアの超多チャンネル化・細分化・希薄化、動画共有サイトの大普及などである。いかにして、洗脳されやすい視聴者を、あういう左翼色の強いニュースショーから遠ざけるのか?にかかっている。

次のソースは5年前のソースであり、今では、やや古くなってしまったけど、その考え自体は、今でも正しいと思っている。↓

自民党 vs. 朝日〜NHK番組改変問題の深層
http://www.akashic-record.com/y2005/ldpvsa.html
米TV政治再編〜自民党と共和党の違い
http://www.akashic-record.com/y2005/ustv.html
8. Posted by 読者   2010年09月18日 13:21
いまさらですがコメントします
■「2010民主党代表選は、党員・サポーター票の総数では6:4だった。だから、小沢が世論調査ほど大差で負けたわけではない」という人がいるが…
 「(投票した)党員・サポーターは ▽県ごとに人数が違う ▽県ごとに投票先の傾向が違い、小沢一色・菅一色になる県もあるだろう」 という事を考慮していない。
 総数で争ったら、たくさん党員・サポーターを集めた地域の民意が、異常に反映されてしまう。
 現実には有り得ないが、小沢の地盤である岩手県がサポーターを異常に多く確保したら、総数の結果はそれだけでだいぶ影響を受けるかもしれない。
 総数では、白票を集めたり、幽霊サポーターなどの問題の影響も大きくなる。
 だからこそ、そういう不確定要素を排除するために、衆院選小選挙区の区割りでの総取りになっているのだろう。
 第一、勝った負けた以前に、国家の行く末・政策による決断ではなく、選挙で勝てるかどうかでの票の奪い合いは「数は力」という、古い旧自民党にそっくり。
 自民党は2010参院会長選(任期3年)で、中堅若手が森―青木体制を継承しようとしたベテラン勢と闘い勝った。
続く
9. Posted by 読者   2010年09月18日 13:22
続き
 また、衆院選参院選の前哨戦として見ると、やり方は良い。小選挙で勝てなかったTOPの下では、衆院選の小選挙区や参院選の1人区で勝てない可能性が高いということでもある。
 小沢は小選挙区で大敗したという今回の結果から、小沢の下では民主党は負けるということ。
 全国の縮図である静岡県の結果。
◆2010/09/14民主党代表選、静岡県内の党員・サポーター票
 ▽1区:菅…963 小沢…204
 ▽2区:菅…481 小沢…153
 ▽3区:菅…681 小沢…246
 ▽4区:菅…694 小沢…221
 ▽5区:菅…1093 小沢…600
 ▽6区:菅…610 小沢…230
 ▽7区:菅…354 小沢…119
 ▽8区:菅…486 小沢…189
 →衆議院小選挙区ごとの結果、全てで菅が小沢を大きく上回る。菅一色の様相。よって、静岡県内の8ポイントは、菅が総取り。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
ランキング一覧

人気blogランキング

人気blogランキングに参加しました。
応援よろしくお願いします。
月別アーカイブ
最新コメント