2010年08月20日

民主党の見識のなさが今白日の下に(井上政典氏)

ブログランキングに参加しています。
↓↓↓貴方の応援クリックが明日の活力になります↓↓↓

こちらをクリック

 昨日は、千葉県長生郡町村議会議員事務局合同研修会で、「日本の現状と未来」というタイトルでの講演をしてきました。
 その際、ツイッターで長生郡についての情報を求め、ご返事をいただき、それを冒頭に話をしました。あらためて、ツイッターの威力を感じました。
 企業がツイッターで販売促進をしているというのには納得行きます。

 僕は、議員さんも職員さんも皆がブログ、ツイッターをしたらいいと述べ、町のホームページなども、これから英語、中国語、韓国語などでも読めるようにして、海外にも発信したらいいと言いました。

 以下が、昨日講演したレジメです。


日本の現状と未来(レジメ)


1、はじめに
  今の生活に満足か?

2、日本は良い国か


3、日本の現状は
  GHQの占領政策の影響
  冷戦の激化(朝鮮特需、自衛隊、55年体制)
  冷戦の崩壊
  ピーター・ドラッカーの『見えざる革命』とは

4、日本の予算・財政・社会福祉の現状
(参考資料)

5、日本の安全保障政策
  自衛隊と日米安全保障
  普天間問題
  「日韓併合百年」に関する総理談話

6、日本の将来
  アジアの時代
  インターネット革命
  憲法改正
  学問のすすめ

7、おわりに
  日本論語研究会
  こころの青空基金
  人の幸福とは(他人に尽くすこと)



 ところで、今日は、民主党の代表選について書こうと思いましたが、平河総合戦略研究所メルマガ(2010年8月19日 NO.675号)☆☆甦れ美しい日本☆☆の井上政典氏の【民主党の見識のなさが今白日の下に】が良かったので、それを以下、紹介することにしました。
     
------------------------------------
 9月の民主党の代表戦に向けての動きが活発になってきました。

 日本の未来を憂う同志の方々には、政権交代前からわかっていましたが、一般の方にもその見識のなさが白日のもとに晒されてきています。

1.歴史的な認識の無知さ
 菅談話に代表される個人的な思いと利益のためだけに、日本国民と英霊、そして日本国の存在までを汚す暴挙。
⇒どれだけ、仙谷由人君やその友人の高木弁護士はこれで潤うのでしょう。彼らの銀行口座に入金されたお金の出所や、接触する外国人たちを調べたりするのが、公安の役目ではないのか。でも、その公安の長官自体が部下からの信を得ていないか。

2.英霊に対しての礼儀
 8月15日に靖国神社に閣僚全員が申し合わせて参拝しなかった事。
⇒あなたたちは国会の議決で日本には戦犯は存在しないということを知らないのか。

3.遺族に対しての礼儀
 戦没者遺族の前での総理大臣の言葉。
⇒「あんたの夫や父さんは、アジアでいっぱい酷い事をして、とても迷惑な事をしたんだよ」という暴言を平気で言う無神経さ。一体どちらを向いてしゃべっているのか。またその内容の矛盾に気付かないのか、それとも意図的なものか。

4.数々のばら撒き人気取り政策
 子供手当て、高校無償化、農家の戸別補償など。
⇒これらのばら撒きによって政府の財政出動や為替対策の資金を枯渇させ、この経済の停滞状態に何の手も打てなくしている。

5.日本を解体する法案
 外国人地方参政権付与、夫婦別姓及び民法改正によるシングルマザーの推奨は日本の伝統的な「家族」を破壊。
⇒子供は社会が育てるのではなく、家庭で両親が育てるものです。その家族が日本の文化を今まで脈々と守ってきたのです。それを無くすと言う事は、日本を解体することです。


 上記5つは、これまでいろんなことで語られてきました。それにより、去年民主党に入れたあほな国民もやっと自分たちの判断の過ちに気付いてきました。私の友人も去年の今頃に「俺は民主党が大好きだ」と公言していましたが、昨今は、「民主党じゃもうつまらんばい、おれは間違っていた」というようになりました。

 そして、今回の代表選の動きです。

6.誰が総理を選ぶ?

 民主党の代表はそのまま日本国の総理大臣になれるのに、国籍を問わないサポーターも代表を選ぶ事ができ、その割合も一切公表されていない。
 まだ、外国人参政権は付与されていなくても、これだけ朝鮮半島や大陸よりの政策をするということは、代表戦に大きな影響があるほど、外国人サポーターが民主の代表選の命運を握っている事か。

⇒民主党は代表選の外国籍のサポーターからの投票を中止すべきである。代表=総理大臣という重さがまだわかっていない。

7.誰を選ぶ?

 ここに来て、また小沢氏が注目を集めています。
 いい加減にしろよ!

 今回の参議院の惨敗の原因をもともと作ったのは、この人の金に対する汚さと、権力への執着心に国民が嫌気を指したからです。それをまた担ごうとしている民主党の議員のバカさ加減には国民もへきへきしている。

⇒小沢一郎の民主党からの除名を誰か動議しないのか。生方とかいった外国人参政権付与に賛成のおっさん、テレビで国民受けする事ばかり言っていないで、民主党の中できちんと発言しろよ。あなたのパフォーマンスでは、国民は騙されないぞ。

 そして極め付きが、鳩山由紀夫の外交です。どれだけ、この人の外交オンチによって、日本の国益がだめにされたか、もう民主党の国会議員は忘れたのか。

⇒このルーピーが動けば動くほど、同盟国アメリカは日本を見限り、CHINAやロシアは喜ぶのかまだわからないのか。

 首相時代の人脈を通じて外交を取り組んで行きたいって? そんな人脈があったら普天間問題を住民のために早く解決しろよ。それもできなかったから退陣したのに、なんであんたが出てくるの。

⇒代表選の行方を占う鳩山グループの影響力と言うが、お母さんからの大人手当てで養っている議員の集まりでしょう。検察はもう総理大臣ではない鳩山氏のお金の使い道をしっかり追求しないと、誰もが贈与税を払わなくなりますよ。

⇒小沢と鳩山のこの二人が、民主党の癌です。それがまた影響力を持ったと言う事は、やはり民主党は日本の癌であると言えるでしょう。

 これ以上日本国をそしてその国民を貶め、国益を損ない、国威を低下させる民主党政権は入りません。

 菅総理大臣、すぐにあなたの専決事項である解散権を行使して、総選挙に打って出て、国民の審判を仰ぐべきだと思います。

 この期に及んでも小沢や鳩山が国会に戻ってくるようなことがあれば、日本国はもうだめだと思いますが、私は日本の底力をまだ信じています。

(歴史ナビゲーター)

shige_tamura at 09:42│Comments(3)TrackBack(0)clip!民主党 | 鳩山由紀夫

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by moe   2010年08月20日 11:56
5 自覚があるのかないのか民主党は国が滅んでしまう危険性を孕んでいる政策を淡々とこなしていらっしゃる。
それを支持する国民がまだおられるのも不思議でなりません。
閣僚たちの言葉を聞いていると、彼らは気の合った仲間とばかり話をし、とても狭い世界に住んでいるのではないかと思えてくるのです。
彼らはもっと、政治を、世界情勢を第三者的立場にたって勉強するべきです。今の日本は幸運にも多くの情報と資料と書物が溢れ、私のような一市民でも自由に幅広い知識を得ることができるのです。
菅さんは一国の首相が自衛隊の最高指揮官であったと最近まで知らなかったようです。仮にも政治家です。それも何年も続けておられる。今までなんの勉強をされてきたのかと怒鳴りたいくらいです。
代表選云々よりも一日も早くまず解散していただきたいです。
民主党内に権力にとらわれず、国益を重んじる気概溢れる党員がいらっしゃってなんらかの党革命を起こしてくれないかと本気で思っております。本当にもどかしいです。
追記:民主党の外国人を過優遇する政策、サポーターのあり方、こういったものは法律に抵触しないのでしょうか。日本とはそこまで無防備な国だったのでしょうか。
長々とすみません。底力・・私も信じています。
2. Posted by カルロス   2010年08月20日 22:54
今日の夜テレビで小沢が非常に嬉しそうに満面の笑みを浮かべていましまさに今の小沢を支持している民主党議員たちは「ヒットラーユーゲント」そのものです。

菅は予算委員会をやらずに選挙に突入して大敗した大馬鹿者です。今回の談話はまさに売国です。自分達が有利になるために解決済みの問題を再び再燃させ日本の国民に非常に怒りや不快感を与え日本の外交を完全に敗北させました。日本人の靖国神社すら全閣僚で不参拝=戦没者にすら慰霊しない。こいつ等は日本人じゃありません。

結局小沢がやったところでヤツは政治とカネの題を問抱えているしあの衆議院マニフェストもくだらないものばかりです。むしろ自民党にとってチャンスです。ヤツの政治とカネの問題で支持率はさらに下がると思います。菅も小沢もこんな下らない政治は止め。潔く解散すべきです。そして国民で民主を殲滅すべきです!

3. Posted by まーさん   2010年08月24日 09:51
じゃ今の非小沢の管内閣ならこの衆参ねじれ国会の現状を打破できて安泰なんだろうか?小沢対非小沢の感情論ではなくしっかりとした政策を聞きたい。少なくとも小沢抜きの民主党で政権政党で有り得ましたか?管首相、枝野幹事長、現官房長官、現法務大臣この顔ぶれの政権なら安泰ですか?小沢が特に好きと言う訳ではないけど、少なくとも今の管内閣よりはまだましに思うけどね。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
ランキング一覧

人気blogランキング

人気blogランキングに参加しました。
応援よろしくお願いします。
月別アーカイブ
最新コメント