2010年05月28日

福島党首が更迭されても連立政権が維持される?

 鳩山首相は27日、普天間移設先に「辺野古」を明記する日米共同声明に反対している社民党党首の福島大臣について、説得が不調に終わった場合は更迭する方向で検討に入ったとの報道がある。
 福島大臣を更迭しても、直ちに社民党全体の連立政権離脱にはつながらないとの判断があるようだ。
 今朝は、北沢防衛大臣が「福島氏に辞任促す」発言をしている。

 だが、社民党の党首が閣僚をやめて、首をすげ替えて、連立を維持するというのは、明らかに姑息だ。これが民主党のやり方なのだろう。
 社民党党首の福島大臣が更迭されて、連立は維持する。これでは世間は通らない。
 でも、民主党では通るということなのだろう。
 この「意識」、国民との「ズレ」が問題だ。

 社民党は27日、党本部で常任幹事会を開き、日米共同声明から「辺野古」の文言を削除するよう求めることで一致。実現しない場合には、福島氏が閣議で政府方針への署名を求められても拒否することを決めた。
 今日は、署名はしないが連立離脱もしない。

 社民党は30日、全国幹事長会議を開き、連立離脱問題も含め今後の対応を協議する。



 以下、関連記事です。

 福島氏に辞任促す=北沢防衛相(5月28日9時49分配信 時事通信)

 北沢俊美防衛相は28日午前の閣議後の記者会見で、米軍普天間飛行場移設問題で政府対処方針への署名拒否の姿勢を示している福島瑞穂消費者・少子化担当相(社民党党首)について「閣内にとどまって反対することは内閣の存立を脅かす」と述べ、日米共同文書への県内移設明記に同意できないなら閣僚を辞任するよう促した。
 防衛相は「署名を拒否するということは首相に対する不信の表れになる。その前に自らの立場を明らかにする方が政治家として当然(の姿)だ」と語った。 



 首相、福島氏の更迭を検討 署名に応じぬ場合 普天間(5月28日3時1分、朝日新聞)

 鳩山由紀夫首相は27日、沖縄県名護市辺野古周辺を米軍普天間飛行場の移設先とする日米共同声明に反対している社民党党首の福島瑞穂・消費者担当相について、説得が不調に終わった場合は更迭する方向で検討に入った。福島氏を更迭しても、直ちに社民党全体の連立政権離脱にはつながらないとの判断がある。

 首相は28日予定の日米共同声明の発表後の閣議で、声明を政府の方針として確認する文書に全閣僚の署名を得て、閣議了解としたい考えだ。

 だが、福島氏が署名を拒む姿勢を崩さないため、官邸内には「福島氏の更迭もやむを得ない」(首相周辺)との意見が広がっている。首相側近議員の一人は「社民党に弱腰なところを見せれば、政権の評価はますます落ちてしまう」と懸念しており、首相に更迭を進言。首相もこのままでは、福島氏の閣内残留は難しいとの判断に傾いている。

 その場合、政権内には、社民党の辻元清美・国土交通副大臣を現職に残すことで、「福島氏を更迭しても、連立の枠組み自体は維持できる」との見方がある。

 ただ、民主党内では、7月の参院選での社民との選挙協力を重視して福島氏に譲るべきだとの意見も根強い。このため、首相の姿勢への党内の批判も厳しさを増しており、同党参院幹部の一人は27日夜、「鳩山さんはいずれにしても辞めないといけない。この内閣は完全に機能不全になっている」と語り、首相の辞任論に言及した。
平野博文官房長官や輿石東・参院議員会長は、政府方針を閣僚の署名の必要のない「首相発言」とすることで事態を収拾すべきだという考えと見られる。首相が、最終局面でこうした意見を受け入れる可能性も残っている。

 一方で社民党内にも、福島氏のかたくなな姿勢を批判する声がある。27日夜の社民党議員の会合では、福島氏を前に「党首として責任を果たしていない」と批判し、党首交代を求める声も上がった。

 社民、国民新両党は27日夕、国会内で党首会談を開いた。国民新党代表の亀井静香金融相は「閣議での決定に国外・県外移設という文言があれば、あなた方の言っていることは通る」と翻意を促した。しかし、福島氏は「日米合意に辺野古とあればサインしない」と重ねて表明、会談は物別れに終わった。

 鳩山首相は27日夜、首相官邸で記者団に「福島氏の罷免も選択肢か」と問われ、「まだ、そのようなことは一切考えていない。日米共同声明に基づき、閣議の中で決定か結論を得る」と述べた。

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by sss   2010年05月30日 01:58
>>福島党首が更迭されても連立政権が維持される?
http://www.nikkei.com/news/editorial/article/g=96958A9693819699E0EAE2E2E58DE0EAE2E7E0E2E3E28297EAE2E2E2;n=96948D819A938D96E38D8D8D8D8D
>取り返しのつかぬ鳩山首相の失政(日経新聞2010年5月29日)
>首相が福島担当相を罷免したのは当然だが、それにとどまらず社民党との連立を解消するのが筋だろう。安全保障という重要政策で根本的な意見対立を抱えたまま連立を維持するのはおかしい。選挙対策優先で連立を続けるなら本末転倒だ。
普通はこういう感覚ですよね。
2. Posted by なおなり   2010年05月30日 04:07
もう民主党は終わりです。早く解散をお願いしたいですね。

ちなみに、コレ、良いですね!

日本をみんなで救うため、自民党の『ネットサポーターズクラブ「J-NSC」』の会員登録(無料)をしよう!!
http://www.j-nsc.jp/sokai.htm



3. Posted by きんちゃん   2010年05月30日 06:57
5 社民党の連立離脱が決まりそうですね。


社民党の存在意義は戦争反対で、基地も当然反対な訳です。
もし、連立離脱しないと辺野古移転に暗黙の承認をしたことになり存在意義を失う事になります。


社民党もそうですが、民主党沖縄支部は鳩山総理のブレで立場が完全に失われてしまっています。
民主党沖縄は下手すると分解しちゃうんじゃないのかな〜

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
ランキング一覧

人気blogランキング

人気blogランキングに参加しました。
応援よろしくお願いします。
月別アーカイブ
最新コメント