2010年05月28日

普天間移設 日米共同声明発表

 日米両政府は、両国の外務・防衛の閣僚名の共同声明を取りまとめ、今朝8時に鳩山・オバマの電話会談を受けて、9時に発表した。
 共同声明には、社民党が反対していた「辺野古」が明記された。
 これで社民党がどうするかが焦点となる。


以下は、「普天間移設 日米共同声明発表」NHKニュース、5月28日 9時11分 です。

 沖縄のアメリカ軍普天間基地の移設問題で、日米両政府は、キャンプシュワブがある名護市辺野古に滑走路を建設するとともに、アメリカ軍が行っている訓練の沖縄県外への移転を拡充し、移転先として鹿児島県徳之島も検討するなどとした共同声明を発表しました。

 日米両政府は、両国の外務・防衛の閣僚名の共同声明を取りまとめ、28日朝行われた鳩山総理大臣とオバマ大統領の電話会談を受けて、発表しました。共同声明では、キャンプシュワブがある名護市辺野古とこれに隣接する水域に1800メートルの長さの滑走路を建設するとしたうえで、具体的な建設場所や工法は、8月末までに専門家による検討を行い、秋に予定している日米の外務・防衛の閣僚による日米安全保障協議委員会までに完了するとしています。

 また、沖縄の負担を軽減するため、アメリカ軍が行っている訓練の沖縄県外への移転を拡充するとし、適切な施設が整備されることを条件に、鹿児島県徳之島や本土にある自衛隊基地の活用も検討するとしています。
 また、アメリカ軍と自衛隊による共同使用も拡大することを検討するとしています。さらに、沖縄本島東側にある「ホテル・ホテル」と呼ばれる訓練区域の一部を返還するほか、4年前に日米が合意した施設や区域の返還を着実に実施することなども盛り込んでいます。

shige_tamura at 10:06│Comments(0)TrackBack(0)clip!安保・防衛政策 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
ランキング一覧

人気blogランキング

人気blogランキングに参加しました。
応援よろしくお願いします。
月別アーカイブ
最新コメント