2010年05月26日

普天間問題、鳩山政権の「二枚舌」

 社民党党首の福島大臣は25日、沖縄県を訪問し、仲井真知事と会談し、「沖縄にこれ以上基地を増やしてはならない。一緒に頑張りましょう」と述べ、名護市辺野古への移設阻止に向け共闘を呼び掛けた。

 直嶋経産相は、社民党党首の福島大臣は連立与党の一員として事態の収拾に努力すべきだとして、「むしろ火を付けてまわるのはどうかと思う」と、閣僚として対応に問題があると厳しく批判した。

 鳩山首相は26日朝、普天間移設問題をめぐり、社民党党首の福島大臣が反発を強めていることについて、「連立を維持できるようこれからも協議を続けていきたい。連立はしっかり維持されると考えている」と述べた。これは、参院選挙のために社民党の選挙協力が必要だということ。

 ところが政府は米国との日米合意に「辺野古」を明記するという。
 
そこで、社民党の反発を和らげるために得意の「二枚舌」を使うことになる。

 福島大臣は、稲嶺進名護市長との会談で「閣議決定、閣議了解でサインはしない」。記者会見も「辺野古という文字が入っている日米合意であれば、閣議で(日本の対処方針に)絶対に署名しない」と述べた。

 そこで政府は社民党の反発をかわすために閣議了解というスタイルを辞めて、総理発言ペーパーという形にしようと考えていた。

 ところが、こんな重要な問題を閣議了解しないのはおかしいとの世論の反発があって、鳩山総理は「最終的に当然のことながら、閣議で何らかのことを決めていかなければならない」と、閣議で意思決定を行うようになった。
 その際には、米国の合意とは別に閣議了解では「辺野古」という言葉を外し、「移設計画はあくまで暫定的で、将来的に国外移設に努力する」との考えを示すことで社民党を説得する考えのようだ。

 米国との合意には、「辺野古」があって、閣議了解は連立政権の維持を考えて「辺野古」を外すという、まさに「二枚舌」でごまかそうとしている。これが鳩山政権の実態だ。

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
ランキング一覧

人気blogランキング

人気blogランキングに参加しました。
応援よろしくお願いします。
月別アーカイブ
最新コメント