2010年05月25日

普天間問題、閣内はバラバラ

 普天間移設は、鳩山総理が沖縄で移設地を辺野古にお願いするといった。
 そこで、北沢防衛大臣は、昨日、ワシントンに向け出発、日米合意の道筋をつめるためにゲーツ国防長官との会談に臨む。

 社民党内は、辺野古に移設する政府方針への反対では一致しているが、連立を離脱するかどうかについては意見が分かれたままだ。社民党党首の福島消費者相は「新たな基地をつくることは沖縄県民負担軽減にならない」として連立違反と主張。
 これに対して、鳩山総理は、「合意に反していない」と。

 福島党首は25日、沖縄県入りし、普天間飛行場移設問題について仲井真弘多知事らと会談する。


 これについて、閣僚からは福島氏の行動に賛否両論が示された。
 閣議後の記者会見では、直嶋経済産業相が「3党合意を曲解し、世の中に『合意違反』だと繰り返すのは問題。与党の立場で収束させる努力をしないといけない。むしろ火をつけて回るのはどうか」と批判。前原沖縄相も「閣僚の一員として内閣の方向性に従って努力して頂くことをお願いしたい」と述べた。これに対し、国民新党代表の亀井金融相は「連立の立場で必死にやっているのは妨害ではない」と福島氏を擁護した。(2010年5月25日11時54分 読売新聞)

 これでは閣内不一致だ。
 常識的には、これだけ政策に開きがあるのだから連立離脱が自然だが。
 大臣や副大臣になっている人は権力の魔力によって離脱したくない、そうでない人は離脱すべきというのでしょう。
 連立離脱しないと社民党は選挙が厳しくなるでしょう。存在理由が問われますから。

 鳩山総理は、「最低でも県外」と言ったのだから、明確な公約違反。
 でも、鳩山総理は、辺野古でも自民党案とは違うと言っています。

 問題は、県外といったことができなかったことです。

shige_tamura at 17:07│Comments(1)TrackBack(0)clip!安保・防衛政策 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by きんちゃん   2010年05月26日 12:02
5 毎日のニュースを見て「批判する」を通り越して「呆れる」。
この件は「呆れる」も通り越して「笑うしかない」になりました。


社民党の生命線である戦争反対が政権の座にある事で失われようとしているのですから党首は大変ですよね。

だいたいが連立とは言いながら政治基盤が全く違いますよね。


いったいどうやって沖縄県民の信頼を修復するんだろと心配になります。
また日米合意の期限から逆算して5月末が最終判断を行ったはずで、すぐに工事を着工しないと間に合わないと思います。
もし私の考えが間違っていないなら強制執行も行うしか無いのではないでしょうか?

そうしたら民主党自体の信用も地に落ちてしまいます(笑)

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
ランキング一覧

人気blogランキング

人気blogランキングに参加しました。
応援よろしくお願いします。
月別アーカイブ
最新コメント