2010年04月23日

鳩山総理の訪米報告(山本一太議員の代表質問)

 今終わった山本一太議員の参議院代表質問「鳩山総理の訪米報告について」を全文を掲載します。良い内容です。

外交防衛委員会筆頭理事  山 本 一 太

 私は自由民主党・改革クラブを代表して、鳩山総理の訪米報告について、質問いたします。
 もし、総理の答弁が不明確、不十分である場合には再質問、再々質問を行う考えがあることをあらかじめ申し上げておきます。

【日米首脳の非公式な意見交換】

 このたびの訪米については、総理が帰国されてからも、日々日本の国益を損なう報道がなされています。毎日ニュースを見るのが本当に情けない限りです。普天間交渉の一連の過程で明らかになったのは、鳩山政権の呆れるばかりの外交能力の欠如に他なりません。

 鳩山内閣は普天間移設問題に関して、発足以来、迷走を重ねて来ました。総理、官房長官、外務大臣、防衛大臣の、それぞれ無責任でバラバラな発言が、いかに、沖縄県民、そして移設候補地として報道された地域の方々を混乱させ、米国の信頼を失ってきたか、総理、あなたはきちんと認識されているのでしょうか。

 米国の不信感がここまで高まっているのかと、私が報道を見て一番驚いたのは、日米首脳の非公式な意見交換におけるオバマ大統領の言葉です。

そもそも、このたびの訪米においては、日本政府の強い要請にもかかわらず、公式な首脳会談は米国に断られました。これは同盟国として極めて異常な事態です。
何とか、ワーキングディナーが始まる前に、オバマ大統領と話が出来たようですが、わずか一〇分、通訳を入れれば、半分の五分、その中でイランの核問題も話し合われたとすると、普天間問題に当てられた時間は、実質、たった二分半です。これは現在の日米関係を象徴していると言わざるを得ず、中国の一時間半に比べようもありません。

 しかしながら総理、あなたはその短い時間で見事な答弁を引き出されました。
 総理は否定されていますが、オバマ大統領は五月末決着への協力を求めた首相に対し、「Can you follow through?(きちんと責任をとれるのか)」と強い疑問を呈したと報道されています。事実とすれば、大変なことです。かつて、同盟国である米国大統領がこんなに強い不信感を示したことがあったでしょうか。

 九十年代の日米摩擦などで、大統領が日本の対応を批判するなど、双方の主張がぶつかったことはありました。が、しかし、大統領が首相個人に対する不信感を口にするのは極めて異例です。「トラスト・ミー」といくら言っても実績を伴わなければ、協力も信頼も得られません。

 総理、あなたは米国紙にも酷評されました。ワシントン・ポストのコラムでは、サミットでの最大の敗者は鳩山総理であり、「hapless and increasingly loopy―― 哀れでますますいかれた日本の首相」だと書かれてしまいました。

 米国のみならず、世界中の有識者に影響を与える米国主要メディアのこのような報道が日米関係にどんなにマイナスの影響を与えるか、日本の立場を如何に不利にするか、総理には明確な認識がおありでしょうか。

 鳩山政権の外交はまさに行き当たりばったり。何の周到な戦略も、根回しもなく、ただ相手の善意を好意的に解釈し、自己中心的な結論を夢想する。これが外交と言えるでしょうか。

 本来、このように日本の首相が罵倒されたことは、私としても怒りを持って抗議すべきですが、鳩山総理、あなたの余りの外交音痴ぶりは、もはや庇いようがありません。
 同盟国に全く信頼されない、それどころか、有力紙に堂々とバカにされる、このような首相を持ったそんな日本国民は大変不幸だとは思われませんか。

 ワシントン・ポストだけではありません。CNNではオバマ大統領が鳩山総理を全く信用していないと報じました。トラスト・ミー、この答えはもはやはっきりしています。
 総理の外交はまさに「行き当たりばったり、思いつき、八方美人外交」です。
 日米首脳の意見交換では何が語られたのでしょうか。わずか一〇分足らずの話し合いですが、大統領から何か発言があったとすれば明らかにしていただきたい。報道は間違っているのか。そして、現在の日米関係が最悪という認識がおありか、お伺いします。

【普天間移設問題】

 さらに驚くべきは、総理の移設先候補地に対する無神経なアプローチです。政府高官の無責任な情報発信や勇み足によって、政府が何も説明をしないうちから、次々とマスコミに候補地の名前が挙がり、地元が反発をし、正式な打診すらできない、という最悪のパターンを繰り返しています。

 鹿児島県徳之島では先週末、島の六割が参加する一万五千人もの集会が開かれ、反対の民意が示されました。あわてた鳩山政権は、滝野官房副長官に、官房長官との会談をセットさせようとしたようですが、地元三町長にきっぱりと拒否されました。

 鳩山政権には、驚かされることばかりですが、極めつけはこの件に対する総理の発言です。
 総理は、「滝野副長官がどのような思いで電話をされたかは分からない。政府の考え方がまとまった段階で移設先にお願いすることはあろうかと思うが、まだその段階でない」と述べられ、正式な打診でないとの考えを示しておられます。この他人事のような口ぶり。総理、この国の最高責任者は誰なのでしょうか。

 政権の主要官僚であり、官邸内で地元自治体との交渉窓口を担っている官房副長官が、政権発足以来初めて、具体的な候補地である自治体首長と接触したのに、正式な案ではないとは、怒りを超えて言葉が見つかりません。

 政府の統治能力の欠如はもちろん、総理の一人の人間としての人格を疑わざるをえません。徳之島の方々、日本国民を余りに馬鹿にした言い草ではないでしょうか。徳之島案は政府の正式な案ではないのか。そもそも候補地ではないのか。総理、明確にお答えください。

 五月末までの決着はもはや絶望的です。にもかかわらず、総理はサミットで、オバマ大統領に明確に約束されました。もはや国際公約であり、果たせなければ外交詐欺と言われても仕方ありません。

 総理は、再三にわたり、「決着」とは、米政府の同意と、移設先である地元の受け入れ合意、そして与党の合意を終えることだと明言されています。

 しかし、徳之島での反対集会や、三町長の会談拒否という事実を繰り返すまでもなく、すでに、足元の民主党鹿児島県連からさえも「白紙撤回」を申し入れられているあり様です。地元の受け入れ合意という条件は現時点で完全に、崩れ去っているではありませんか。

 鳩山総理自身が繰り返し、「決着」の定義を言明しているにもかかわらず、平野官房長官は最近になって、「五月末までに、技術的詳細も含めて全部終了していなければ合意や理解ではない、という認識には立っていない」などと、決着の定義を変えるかのような発言を始めました。全く持って言語道断、耳を疑うしかありません。

 北澤大臣も外交防衛員会で私の質問に答え、「五月末までに完全決着するということを、私の立場で申し上げるわけにはいかない」とおっしゃるなど、各閣僚が結論先延ばしに向け、軌道修正を図っています。

 万が一、決着の定義が、移設先、米国、与党の合意から少しでも後退するとしたら、これほど日本国民、沖縄県民、そして米国政府を愚弄した話はありません。国民もそして米国も二度と総理の言葉を信じなくなるでしょう。

 日本国のリーダーである総理が国民と米国政府に約束した五月末までの決着を先送りすることは許されません。総理は、すでに三月までに政府案をまとめるという約束を、法律で決まっているわけではないからと先送りされました。ここで「五月末決着」の約束を果たせなかったら、無責任・先送り総理として、同盟国アメリカはもとより、世界の失笑を買うことは間違いありません。

 総理、五月末までに、移設先、米国、与党の合意を得て、三月の党首討論でおっしゃられたように、現行のキャンプ・シュワブ沿岸部に移設する現行案と同等か、それ以上の案で決着すると改めて明確にお約束ください。

 私が会談した米国政府や議会要人も五月末までに決論が得られなければ、日米関係全般に悪影響を及ぼすと強い懸念を抱いています。

 もし普天間問題の解決が先送りされた場合、約束が守れない日本として国際的な信用が失墜するとの認識はおありでしょうか。また、その場合、どのように責任を取るおつもりでしょうか。潔く、お辞めになるのか、国民の信を問うおつもりなのか。逃げずに明確にお答えください。

 本来ならば、唯一の被爆国として、また米国の同盟国として、日本が核セキュリティサミットで、どのようなイニシアチブを発揮したのか、訪米の成果をお聞きすべきところですが、鳩山総理のサミットでの存在感はあまりに希薄で質問すべき成果が全く見当たりません。

 鳩山総理、あなたは先日の党首討論で、総理を酷評したワシントン・ポストのコラムに触れ、私は愚かな総理かもしれない、とおっしゃいました。私からはっきりと申し上げます。あなたはまさしく愚かな総理です。

 日本の国益のため、そして日本国民のため、一刻も早く退陣されることを求めるとともに、それこそあなたが、この国のためにできる最大の貢献であると強く申し上げて、私の質問を終わります。

shige_tamura at 10:36│Comments(3)TrackBack(0)clip!安保・防衛政策 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by サラリーマン   2010年04月23日 14:07
2 世界の山ちゃんが鳩ぽっぽを唐揚げにしちゃいました。徳之島はアメリカからも基準外として断れた。鳩山政権は全てが稚拙でわざとやっているのか?とさえ思えてしまう。日本列島は日本国民だけのものではない…本当にそう考えるから国益に反することを平気でやるのです。
2. Posted by なおなり   2010年04月23日 18:43
いや〜 民主党政権の何かにつけドタバタしているのを見ると・・・
私たちが学生の頃にやった大学祭の実行委員会のほうが、調査・慎重な根回しや段取り・予算・値交渉・相談・計画・実行・後片付け・反省会 etc.・・・
何かにつけ上ですね。

社会人ならこんな初歩的なことが出来なければニートになるしかありませんね。民間企業ならこんな社員(議員)がいれば倒産ですよ。

民主党議員は、ルーピー・ニート議員ばかりですよ、ホント。
3. Posted by 原田   2010年04月24日 06:08
田村様、

情報を色々と有難うございます。

>鳩山総理のサミットでの存在感はあまりに希薄で質問すべき成果が全く見当たりません。>

鳩山首相に関しては、本当に困ったものですね。 周りで見て(行方を心配)いる人達とは全く次元の違いに気づいていない、それだけに凄く性質が悪く、今後の日本はどうなって行くのだろうか…という懸念で一杯です。

この方は年齢こそは63歳という、云わば長年色んな経験して来ているのでしょうが、精神面ではまるで成長をしていない部分を沢山お持ちです。 日米間での信頼を失い、又自民党を目茶目茶にしてしまい(いや、もしかしたら少しは良いことも有ったかも知れません = 思想の異なる議員さんが離党された事で)、国民への政治不信を募らせ…一方では’友愛’などを掲げる支離滅裂さに、最悪な方が首相になられた!と思えるくらい罪深い方だと思っています。

どうすれば、ご自分が罪深い事をしているという事が分かるのでしょうか?
私が思うには良識ある民主党の議員さんが勇気を持って、国の危機感を訴えない限り多分無理のような気がします。
自民党や国を思う日本人の方達の必死な訴えには全く耳を貸そうとしていませんね。

世の中の人たちは暗く不安を抱えながら過ごしていると言うのに…

>日本の国益のため、そして日本国民のため、一刻も早く退陣されることを求めるとともに、それこそあなたが、この国のためにできる最大の貢献であると強く申し上げて>

全く山本氏に同感です。

ここ数日の間の動画など見させていただきました。三橋氏、小泉氏本当に頼もしい方達だと感銘を受けました。
最近では田村さんの応援歌も覚え易いので時折口ずさむ事もあります(笑

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
ランキング一覧

人気blogランキング

人気blogランキングに参加しました。
応援よろしくお願いします。
月別アーカイブ
最新コメント