2010年04月21日

普天間問題、徳之島問題、どうなっているの?

 徳之島は18日、米軍基地移設反対集会を開き、目標の1万人を超え1万5千人もの島民が集まった。この時点で、徳之島への移設は無理となった。

 ところが、20日午後、滝野官房副長官が徳之島の3町長に個別に電話し、「普天間移設問題について話がある」「鹿児島市内で平野官房長官に会ってほしい」と要請した。3町長は反対集会で「決定的な民意だ。協議の余地はない」といずれも会談を拒否した。
 
 普天間移設問題で、徳之島案が浮上し、3町長は直接確かな情報を得ようとして、3月末に3町長が上京し平野官房長官に面会したが、その対応が冷徹だったために、「頭にきた」のだった。平野長官について「私たちがせっかく行ったのに『徳之島の『と』と言ったこともない』と(言われた)。」3町長は、その時の忸怩(じくじ)たる思いがあった。
 そこで「そんな不誠実な方に会う気は全くない」「平野長官に会えば民意に反することになる」と、天城町の大久保幸助町長が3町長とも面会を拒否することを政府に電話で返答した。

 こうした重要な問題は、平野官房長官が直接電話するとか、徳之島をさけて鹿児島市で面会するというのはいかにも姑息だ。堂々と行動すべきなのだが、いかにも高圧的な対応だ。デリケートな問題であればこそ相互の信頼関係が大切なのに、それが築けず反発をうけるようでは、官房長官としては失格と言わざるを得ない。

 また、鳩山首相は20日夜、官邸で「徳之島の皆さんには、完全に政府案が決まっていない段階で様々な憶測で迷惑をかけ、深くおわび申し上げなければならない」。
 滝野官房副長官の電話については、「どのような思いで電話したかわからない。政府の考え方がまとまった段階で移設先にお願いすることはあろうかと思うが、まだその段階でない」と述べた。
 
 鳩山首相は、問題が大きくなると「僕、しらな〜い!」と、今回の対応も他人事だ。
 鳩山政権の対応の特徴は、「他への思いやり」と「優しさ」がないことだ。

 北沢防衛大臣は20日の閣議後の記者会見で「仮に徳之島でお願いするとなれば、今の状況はなかなか厳しい」と。これに対し、鳩山首相は「あきらめの声だと思っておりません」だと。

 5月末はどんどん迫る。
 鳩山首相は「腹案がある」と先の谷垣総裁との党首討論で大見得を切ったが。

 その中身は何か?あると言って、本当はないのでは?

「ユーチュウブ」対談 田村重信 x 三橋貴明「沖縄普天間問題について」をご覧ください。

shige_tamura at 08:47│Comments(2)TrackBack(0)clip!安保・防衛政策 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by サラリーマン   2010年04月21日 11:42
2 爺や〜ぼくちゃんは基地問題は飽きたからやっといて〜他に面白いおもちゃないの?外国人参政権っておもしろそうだけど…こんな感じですかね 好きじゃないけど、事態収拾するために小澤幹事長が総理になるしかないかな と思います。それで旨くいけば良いし、ダメなら民主党衆議院議員が大量離脱で与党転落。
2. Posted by 宇宙人   2010年04月22日 16:26
4 「普天間基地はそのまま残し、基地の行政区画を沖縄県から東京都に変更します」by鳩

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
ランキング一覧

人気blogランキング

人気blogランキングに参加しました。
応援よろしくお願いします。
月別アーカイブ
最新コメント