2010年04月05日

新党騒ぎと政権奪還への道は

 自民党を離党するとか新党を作るというとテレビや新聞が大きく報道してくれ、騒いでくれる。

 政治家は、大臣を辞めた後が「寂しいものだ」という話をよく聞く。それは、大臣であればいつも記者(マスコミ)が周りを取り囲み、SPもつく。その時は、自分が本当に偉くなったと感じるようだ。ところが、大臣を辞めたり、党の役職を離れたりすると、マスコミは来なくなり、とたんに周りは静かになる。その時は本当に「寂しい」と感じるようだ。
 議員も落選すると、華やかない世界から別世界の生活となる。

 会社の社長がなかなか息子に譲らないのも、そうした寂しさに耐えられないからだ。
 役者でもいくら人気があっても、必ず舞台を降りることがある。
 
小泉純一郎元首相は、「スパッ!」と議員を辞めた。山崎 拓前自民党副総裁は参院全国区比例区に出馬しようとしたが、駄目だった。
 政治も、新しい世代に任せ、それを先輩が指導するということが重要だ。
 
 自民党を離党した与謝野馨氏は、若手の抜擢を強調していたが、それが受け入られず、また、このままでは自民党が民主党批判票の受け皿とはならないとの危機感からの離党と伺っている。
 しかし、現実は、自民党の分裂で、さらに自民党の支持率は下がることになり、結果的には、民主党を助けることになる。

 マスコミは、郵政で意見の違う与謝野さんと平沼赳夫議員は政策の一致はあるのか?   

 新しい政党と言っても、参加者の年齢が70歳弱で「シルバー政党」と揶揄する。また、「与謝野さんは小沢幹事長と囲碁友だち」、園田博之議員は新党さきがけ出身で、鳩山由紀夫首相や前原・枝野大臣などと親しいなどとの報道もある。

 新党の目標が、「与党・民主党の参院選での過半数割れ」とのことだが、野党が自民党、みんなの党、与謝野・平沼新党と割れて、「漁夫の利」は民主党へという構図にある。

 民主党が政権を取れたのは、かつて野党が分かれていたのを小沢・自由党と菅・民主党が合併し、その時に、小沢氏は、政党名も政策も捨て、民主党に吸収される道を選んだ。
 それが、その後の政権交代となり今日の民主党となったのだ。

 野党が分裂すればするほど政権奪還は遠ざかる! 

shige_tamura at 09:05│Comments(5)TrackBack(0)clip!自由民主党 | 民主党

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by とおる   2010年04月05日 11:31
> 自民党を離党した与謝野馨氏は、若手の抜擢を強調していたが、……、離党と伺っている。

新党を作ってみたが、若手が居ないようでは、言ってることと、行っていることが、バラバラです。
ここでも、民主党と馬が合います。
2. Posted by なおなり   2010年04月05日 14:38
参院選前後か・・・ たぶん8月に参院選惨敗で小沢氏が民主党解体か分裂して政党再編を試みるのでは?

民主党に政権担当能力が無いことを一番知っているはずですからね。
それとカネに執着のある彼は、政策はどうでも良く、いつも注目を浴びたいだけの人間ですから。
3. Posted by 江戸の黒猫   2010年04月05日 20:00
あの苦しい選挙で離党した議員に投票した国民の多くは裏切られた思いで一杯でしょうね。みんなが個人的な人気で当選したわけではないでしょう。与謝野さんは比例復活です。麻生政権時代に自民党に多大なるダメージを追わせた道徳家もいますね。ふつうの感覚であれば何年かおとなしくしているものだと思います。
彼らの主張するところによると「保守」層の結集だそうですが、状況が厳しいからといって、家を火をつけて出て行く政治家が何を守るというのでしょう。誰が本当のところ、後で笛を吹いたのかわかりませんが、どんなもっともらしい理由を並べても自民党に入れた国民や組織にたいする裏切り者に変わりがありません。
与謝野さんについては、あれだけ若手登用と主張しておきながら、新党に若手はいない。鳩山邦夫氏は当面合流しないようですが、平成の脱税王は兄弟一緒のはずなんですけどね。
4. Posted by ようの   2010年04月05日 21:20
小沢氏としては、幹事長職のまま、政界再編の大儀の下、民主党を解散したいはず。そうすれば、また、党の資金を手に入れることができるのですから。これは、彼のビジネスモデルです。鳩山氏も党首のまま、民主党解散にもちこみたいはずです。民主党の結党資金を出したといわれていますから、党を解散すれば、小沢氏と二人で、党の資金を分けることにするでしょう。これで彼の投資も回収できます。この二人は、現職にとどまったまま、参院での敗北を望んでいるはずです。もちろん、参院選での敗北に、首相の責任は問われません。衆院選では、ありませんので。勝てばそれでよいのですし、負ければ、彼らのビジネスは成功するということでしょう。参院選で勝っても負けても彼らは利益を売るということになります。政治家とはそういうものでしょう。
5. Posted by LOVE&PEACE   2010年04月06日 00:24
この新党結成の流れて 細川護煕元首相が作ってきた?話しに似てませんか?1992年5月 日本新党結成→1993年8月9日〜1994年4月28日 細川護煕内閣誕生→1994年12月9日日本新党解散→1994年12月10日新進党結党→1997年6月18日 新進党離党→1997年12月26日 フロムファイブ結成→1998年1月23日 フロムファイブ解散→民政党結成→1998年5月7日 衆議院辞職…細川護煕元首相が 引退して 10年は経つんですね。日本赤十字社社長 近衛タダテル氏て 細川護煕元首相の弟で 2人共 大政翼賛会の近衛文麿元首相の孫なんですね…引退して 表に顔を出さなくなって 姿を見なくなりましたよね。非自民 非共産と 今も 言っているのかさえも わからない 状況ですね。まるで 1993年の細川護煕総理大臣誕生のままみたいですね。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
ランキング一覧

人気blogランキング

人気blogランキングに参加しました。
応援よろしくお願いします。
月別アーカイブ
最新コメント