2010年01月28日

東シナ海資源開発問題に関する情報公開を望む申し入れ

aga











(これは僕が携帯で撮った写真です。鳩山政権はこの程度の写真を提示するのも拒み、情報を公開しないのです。隠す・隠ぺい体質の鳩山政権です)

 日本と中国の間では、東シナ海の資源開発での意見の違いがありました。
 そこで平成20年6月に、ガス田開発について共同開発の政治合意を行いました。しかし、合意内容はその後なかなか進展していません。さらに中国側が、ガス田施設を整備している動きがあり、先日の日中外相会談でも岡田外相が「万一、合意に反するようなことがあれば、日本としてしかるべき措置をとる」と伝えたところです。

 これを受け、26日の自民党「内閣・外交・国防合同部会」で、東シナ海資源開発問題について議論をしました。政府に対し事前に、現在のガス田の状況を把握するため、ガス田の写真を提示するよう要請していましたが、「平野官房長官・岡田外務大臣の判断(外務省担当者)」で、拒否されました。
 自民党が与党の時には、こんな隠ぺいはしませんでした。中国に配慮して出さなかったとすれば、大きな問題です。昨日27日、石破政調会長名で平野官房長官に文書で抗議しました。
 以下、全文です。

平成22年1月27日
内閣官房長官 
平 野 博 文  殿
               自由民主党政務調査会長 石 破   茂


 東シナ海資源開発問題に関する情報公開を望む申し入れ

 昨日、わが党政務調査会の「内閣・外交・国防合同部会」において、東シナ海資源開発問題につき、政府より現状の説明を求め、議論を行ったところである。
 その際、議論に資するため、政府に対しては、事前に、「白樺」「翌檜」「樫」等のガス田の状況確認の為、現状の写真をもとに、説明を要請していたところ、外務省担当者より、「写真の公表は、政府の情報収集の内容を公開することになり、今後の情報収集等に支障をきたす」との理由で、平野官房長官・岡田外務大臣の最終判断で提供しない旨決定したとの報告を受けたところである。
 これまで、わが党が与党であった際でも、政府高官の判断で、国民の代表たる国会議員の議論に必要な最低限の情報の公開を取りやめたことはない。ましてや、ガス田の現状の写真については、民間でも入手が容易であり、これまで、わが党の会議においても公開されているものである。
 政府が自国の国会議員と外国と、どちらに顔を向けているのか疑いたくなるような事態であり、現政権の情報隠ぺい体質が明らかになる事態として、誠に遺憾に感ずる。
 よって政府に対して、東シナ海ガス田問題に関する情報の公開、とりわけ要求したガス田の現状写真の公開を再度要請し、今後、このような隠ぺいが為されないよう強く申し入れる。

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 観音寺   2010年01月28日 14:47
ホント「どこの国の政府だ」って感じですよね。
さて、政府側はちゃんと答えるのかどうか。
2. Posted by piku   2010年01月28日 15:25
政府インターネットテレビでも平野官房長官が「外国人参政権の問題に地方は関係ない」発言をした1月27日の分はUPされておりません。
この隠蔽体質…恐ろしすぎます。
政府が隠蔽することはマスコミの「報道しない自由」とはわけが違います。
こういうところを国会で追及していただくわけにはいかないのでしょうか?
そのうちインターネットも中国のように規制されてしまうのではと思っています。
早く正常な日本に戻ってほしい…。
3. Posted by kirin   2010年01月28日 16:07
小澤さんは、人民解放軍の日本支部になると、中国訪問時に言ってます。
強気の姿勢で中国と交渉することを臨みます。
4. Posted by sixyokou   2010年06月20日 17:51
東シナ海資源開発問題に関する情報公開を望みます。ガス田開発について共同開発の政治合意が国民が納得する形での合意内容ならば良いが不平等条約と思えば其れを推し進める事は出来ません。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
ランキング一覧

人気blogランキング

人気blogランキングに参加しました。
応援よろしくお願いします。
月別アーカイブ
最新コメント