2010年01月27日

昨日(26日)の僕のツイッターです

uiru 月刊『ウイル』が発売されました。内容は盛りだく弾です。以下、僕のツイッターです。

 鳩山首相は、普天間移設を5月までと言っていたのが、昨日「5月末までに結論を出す」となりました。少しここで先延ばしをしたようです。今朝の読売新聞で政治部次長の飯塚恵子氏は普天間問題について「混乱の責任 首相に」と述べています。

西田昌司議員が、政治家のモラルを主張しました。大事なことです。法に触れなければ良いというのではないのです。とくに政治家は、「政は正なり」(論語)といいます。

昨日25日の平野官房長官は記者会見で「(選挙結果を)斟酌(しんしゃく)しなければならない理由はない」と発言。これに稲嶺名護市長は「市長選の結果、これまでと状況が変わったことを理解してほしい。政治を行う人は民意を大切にすべきではないか」と平野長官の発言に不快感を示した。当然です。

結局、民主党は、平野官房長官が「普天間移設は、地元の自治体合意いならい」といったことで、「民主党は、いざとなったら地元意見を聞かないで、勝手にやる」との「民主党の本質」が出てきました。民主党は、自由がなく相手の意見を無視するという体質です。怖い体質です。

鳩山首相は「沖縄県民の総意を聞いてみたい」といっていたが、26日朝、「市長選の結果は一つの民意の表れだと受け止めている。私どもとしては(政府・与党の沖縄基地問題)検討委員会でゼロベースで移設先を決めていくことに変わりはない」と述べ、辺野古案を排除せず検討する考えを改めて強調した。

平野官房長官は26日午前の記者会見で、普天間移設問題で、移設先の自治体の合意を得る必要性について、「理解は求めなくてはいけないが、合意が取れないと物事を進められないものなのか。日本の安全保障にかかわってくる問題だ」と述べ、合意の必要性はないとの認識を示した。高圧的ですね。

参院予算委の西田昌司氏の鳩山首相への疑惑献金問題、お母さんからの子ども手当の問題の追及が午後からもあります。鳩山首相は「知らなかった」と言ってますが、僕も含め多くの国民は「首相は嘘をついている」と思っています。午後からの追及を期待します。

 民主党は法制局長官を入れないといって、今日の予算委の舛添要一氏の質問で、鳩山首相及び岡田外相も集団的自衛権や集団安全保障、自衛隊の海外での武力行使の問題など憲法の基本問題にまともに答えられないのだから、あきれるね。また、米国との「対等」という考え方も具体策がゼロで可笑しいね。

驚いたね。岡田外相は米国とに核密約の検証に熱心だが、中国の東シナ海の資源開発の写真を自民党外交部会に出さない。今まで出していたのに。「情報を国民に示さない」「どっちの国の政府なのか」「「透明性は自分の都合か」「情報隠ぺい」「マスコミも採れる写真を出さない」といった意見が出ました。

今朝の産経新聞(1面)でもでてたが、安保50周年共同声明が日米両国の首脳でなく、外務・防衛両閣僚の連名になったのは異常だよ。かつて日米共同安保宣言は、橋本龍太郎首相とクリントン米大統領だったよ。鳩山政権になって、米側から信用を失い、その結果がこうなったと思うよ。これって深刻だよ。

今、テレビで参院予算委員会始まったよ。舛添要一氏の質問良いよ。その後の林芳正氏の質問は経済中心で役に立ちますよ。

 自民党大会で石破茂政務調査会長は政策報告で、「外国人地方参政権について。憲法上、大きな問題をはらみ、国民的な議論も成熟していません。拙速な法案成立に断固反対していきます。」の述べました。自民党は外国人地方参政権に断固反対です!

僕のブログへの投稿。「民主党の末松義規衆院議員は1月22日の日テレの「太田総理」に出演し、「民主党は、外国人参政権はずっとマニフェストに入れて来た」と堂々と嘘をついていました。民主党はこれらの闇法案をひた隠しにして選挙を行いました。特別永住外国人に関しての説明も酷いものです。」

自民党大会・野村克也・楽天前監督の挨拶よかったです。「昨年は皆さん負けたんですよね。負ける時には負けるべくして負けるもので『勝ちに不思議の勝ちあり、負けに不思議の負けなし』と言い続けてきた。皆、負けて反省はする、勝って反省しないんですよ。そこに皆さんの落とし穴があった。」と。

今日は韓国の大学教授とさまざまな話をし、米国の学生から日米関係及び安保問題でインタビューを受けました。

フォローされているが400を超えました。皆さま、ありがとうございます。

「ウイル」3月号官僚匿名座談会「厚生 長妻大臣が国会答弁で言葉に詰まったことがあるのですが、後から官僚に『なぜ(自民党時代のように)後ろからメモを差し出さないのか』と怒鳴りつけていた。どこが政治主導なんだと、ばかばかしくなりましたよ。結局、『テレビカメラと小沢さん』が行動原理」

「ウイル」3月号官僚匿名座談会「財務 各省庁ともいずれ、戦時の『特高』のような存在の官僚が出現するかもしれませんね。いや、中国だったら密告システムかな」「外務 笑うに笑えない状況が起きつつあるということだけは間違いないでしょう。日本は衰退国家への道を歩き始めたのかもしれません」


「ウイル」3月号の官僚匿名座談会より、「内閣 議事録を平気で改ざんしようとする議員もいる。少なくても自民党時代はなかったことです。」「経産 百日たって、この政権の本質がようやく表に出てきたということでないでしょうか」(その1)
9:21 PM Jan 24th from web

月刊『ウイル』3月を見てますが、小沢不動産疑惑の核心(西田昌司)、話題の金沢敬元秘書告白、「特集 許すな!外国人参政権」など読み応えがあります。まもなく、発売になりますよ。

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by しかし   2010年01月27日 15:51
>結局、民主党は、平野官房長官が「普天間移設は、地元の自治体合意いならい」といったことで、「民主党は、いざとなったら地元意見を聞かないで、勝手にやる」との「民主党の本質」が出てきました。
でも、自民党も太田知事の代理署名を拒否した時に特措法を制定して地主の合意なしでも強制的に土地使用を延長せざるを得なかったですよね。

でも、できもしないことをできるがごとく主張していた民主党政権は沖縄県民を馬鹿にしていると思いますがね。どうオトシマエつけるんでしょうか。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
ランキング一覧

人気blogランキング

人気blogランキングに参加しました。
応援よろしくお願いします。
月別アーカイブ
最新コメント