2009年12月22日

民主党の公約違反

 民主党は再三、「税金の無駄遣いを徹底的になくせば必要な財源は確保できる」と豪語していたが、結果はどうだ。
 ガソリン税率を維持し、たばこ1本5円値上げということだ。
マニフェストの「ガソリン税などの暫定税率は廃止し、2.5兆円の減税を実施します」との公約が反故にされた。

 また、、子ども手当について所得制限を設けるか否かでもめた。結局、所得制限をつけないことになった。
 これは、所得制限を付けると参議院選挙前に配布できないからだ。選挙対策というわけだ。今回の子ども手当は、半額で、次年度から倍の5.5兆円になる。早晩、これも公約違反になりそうだ。

 民主党の政策は財源の点で極めて危険だと言われてきたが、それが今回証明された。


 民主党はこれまで、新規主要政策の十六・八兆円を捻出するため、公共事業の削減で一・三兆円▽公務員の人件費カットで一・一兆円▽補助金組み替えなどで六・一兆円▽議員定数削減で〇・六兆円▽埋蔵金活用で四・三兆円▽政府資産売却で〇・七兆円―を浮かせると説明していた。
 そのどれもが机上の空論にすぎないことは、先の事業仕分けの結果を見ても明らかだ。
 国民の注目を集めた事業仕分けでは、猊殺畛妬け人が牋代官瓩覆蕕粍官僚を痛めつけるのが痛快で拍手喝采を浴びたが、終わって見れば何のことはない。当初目標の三兆円削減には遠く及ばず、一・六兆円程度の財政効果に終わった。このうち九千億円は埋蔵金の国庫返納だから、純粋に削減できたのは七千億程度にすぎない。

 注意しなければならないのは、子ども手当をはじめとする民主党のバラマキが恒久的な政策であるのに対し、埋蔵金や政府資産売却などは一回きりで、使ってしまえばおしまいだということである。

 財源をめぐる民主党の嘘は、いずれ巨額の借金となって降りかかってくる。そのツケを今の有権者が支払わされることになる。

shige_tamura at 09:56│Comments(2)TrackBack(0)clip!鳩山由紀夫 | 民主党

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by piku   2009年12月22日 12:30
「ネガキャン」とやられてしまった自民党のチラシはやっぱり「予言の書」でしたね。
この公約違反は自民党支持者、反民主党からすれば当然の結果、想定の範囲内ですよね。
当然解散を要求しましょう!
2. Posted by ささ   2009年12月22日 13:34
>ガソリン税率維持
これはこれでリーダーシップとして評価すべきです。
ガソリン税は2008年4月の頃から財政収支改善と温暖化対策という2つの柱で重要でしたが、
いざ政権を取ってようやく実感したのでしょう。
石油業界からは裏切られたと反発する動きも出ていますがね。
一方、温暖化対策にあまり関係がない自動車重量税は軽減される見込みです。
自動車重量税軽減は自動車を長期継続保有や自動車を保有する会社にも恩恵をもたらします。
自民党はガソリン税の2本柱の本質が2008年3月から2009年8月までわからず石油業界に期待感を煽っていた民主党を批判するとともに、
自動車重量税軽減という民主党政権の方針には素直に評価すべきです。
揚げ足をとるだけじゃなく、評価すべきところを評価するのが責任ある野党の姿勢と思います。

>議員定数削減で〇・六兆円
国会議員の人件費が約400億円、国会運営費が1300億円程度のため、合わせて約1700億円です。
約1700億円から議員定数削減などどんなに支出削減をしても、絶対に6000億円の財源は出ません(笑)。
小学生でもわかる話だと思うんですが。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
ランキング一覧

人気blogランキング

人気blogランキングに参加しました。
応援よろしくお願いします。
月別アーカイブ
最新コメント