2009年09月03日

鳩山代表幸夫人の前夫 激白!「あの夫婦 仮面の下の亡恩と不実」

女性 今朝発売の『女性セブン』に以下の記事が載っていました。掲載します。

「あの人が首相になるのは問題」とー
幸夫人の前夫 激白!「あの夫婦 仮面の下の亡恩と不実」


「さっきNHKの国際放送で民主党の圧勝を知りました。彼が首相になるんですね‥」
 彼はそういって複雑な表情を浮かべた。米国・サンフランシスコ一の観光名所といえば、ゴールデンゲートブリッジ。
市内からこの橋を渡り、約5分ほど車を走らせた高級住宅地で暮らす日本人男性Aさん(72才)。彼こそがこのたびファーストレディーになる鳩山幸さん(66才の狒杏廖蹐澄
    *
 34年前、鳩山由紀夫氏(62才)は人妻だった幸さんと“略奪婚”で結ばれた。何度となくそのことは世間の話題となってきたが、これまでAさんは一切口を閉ざしてきた。
そのAさんがいう。
「正直、私は人格からして問題がある人が首相になるのは、どうかと思っています。だからいま、昔のことを話そうと決めたんです」

 不倫を密告する手紙が届いて

 Aさんは熊本県出身。60年、アメリカ在住の姉夫婦に誘われて20代前半で渡米。サンフランシスコに日本食レストランを開店した姉夫婦と3人で懸命に店を切り盛りした。日本の高度経済成長を受け、渡米してきた日本人客でレストランは大繁盛。各界の著名人が訪れる社交場にもなっていた。
「月に1回ほど店に来る日本企業の社長さんがいまして、あるとき、冗談半分で“私にお嫁さんを探してください”といったら、本当に日本人女性を紹介してくれたんです。それが幸でした。
 宝塚にいたせいか、彼女はきれいでハキハキした女性でした。英語が上手で発音もよかったです」(Aさん)
 ふたりは同棲を経て、67年に結婚。幸さんも店を手伝うようになった。
 しかし3年後、妹夫婦のもとに届いた一通の手紙がAさんたちの人生を変える。それは日本に住む名士からで、
《元首相鳩山一郎氏の令孫由紀夫君が留学のため貴地に赴くことになりました。よろしくご指導、ご鞭撻を賜りたい》
 という内容のものだった。
 姉夫婦やAさん夫妻は、スタンフォード大学大学院へ留学してきた御曹司、由紀夫氏を快く迎え入れ、世話した。
「由紀夫くんはときどきレストランに食事に来ていました。彼はお金持ちの息子という感じで、本当に世間知らずでしたから、私たちに頼るしかなかったんでしょうね。
 そのころ幸はレストランで客を案内する係をしていたのですが、どうも由紀夫くんが幸に一目惚れしてしまったようです。私はゴルフで出かけることも多かった。その間に由紀夫くんがうちへこつそり来て会っていたんです」(Aさん)
 由紀夫氏は、後のインタビューでこう語っている。
 《人の妻に惚れてしまい、それでも突き進むことはつまり「不倫」という結果を招くことになるわけだけど、どうしても自分の気持ちに抵抗できずにゴールまで走ってしまった‥‥》
 その後、幸さんは店を辞めるが、由紀夫氏と幸さんの仲は当地の日本人社会で噂されるようになっていた。
 いまから38年前のこと。小さな狷本人村″で話はあっという間に広まった。
 「ある日、狡錣気鵑留守のとき、男性が家にこっそりと来ている″という密告の手紙が姉夫婦の家に届きました。
 義理の兄が調査すると、由紀夫くんが私の留守中に家に長時間上がり込んだりしていることがわかったんです。
 私が、“こんな手紙があったようだから、噂がたたないよう気をつけろ”というと、幸は“あの人はアメリカのことは何もわからないから、世話してるだけです”と答えました。
 たまに幸が“今日昼に由紀夫さんが来たのよ”というときはあったけど、何せああいう世界にいたから、演技がうまかったんですね。ふたりがつきあっているとはまったく思わなかったし、気配も感じませんでした」 (Aさん)
 しかし、夫婦の終わりは突然訪れた。手紙の一件から1年ほど経ったある日、Aさんがゴルフ後に帰宅すると、そこに妻の姿はなかった。
 「彼が迎えに来たんでしょう。
 『家を出ていきます』という置き手紙だけがありました。
 ただただ茫然自失の状態でした」(Aさん)

「恩を忘れた」
                                     
 結局、別居から2年後の73年にAさんと幸さんは離婚。
 同棲をしていた由紀夫氏と幸さんは、その2年後の75年に結婚した。
 「幸は私に挨拶もしないで出ていきました。もちろん由紀夫くんからの挨拶や謝罪もありませんでした。ああいう政治の世界で生きる人は、一般の感覚とはズレているんでしょう」(Aさん)
 Aさんの姉のBさんは、由紀夫氏の母・安子さん(86才)が、ふたりの結婚が決まったと挨拶に訪れたときのことをいまも鮮明に覚えている。
 「弟は留守でした。対応をしていた夫から、私も来るようにといわれたのですが、私は“ごゆっくりどうぞ”というのが精一杯で、すぐにキッチンに戻りました。だつて、弟の妻を奪われたんです。あまりに腹が立って、弱めていた火を強くして料理したのを覚えています。
 思えば、由紀夫くんはうちへ食事に来ても、代金やチップを払ったことほありません。
お金にあまりに不自由せず育ったからそういう常識すらなかったんでしょう」
 Aさんは幸さんと離婚後ほどなく日本人女性と再婚した。
「妻は前の妻が幸だと知っていましたので、テレビでふたりを見ると“この顔は見たくない”と目を背けていました。
 その妻も昨年がんで亡くなり、私もようやく気持ちの整理がついたんです。
 いまでも、思を仇で返されたという気持ちに変わりはありません。由紀夫くんが何の挨拶も謝罪もなく去っていったこと、そしてそういった人格の人間が首相になることについては、やはり思うところがあります。私は自分の妻を奪われたことをいっているのではなく、自分が来るべきところを母親を挨拶に来させるような男だということをいいたいのです」 (Aさん)
 由紀夫氏は「妻と一緒にならなかったらぼくは政治家にはならなかった」と公言するなど、折にふれて幸さんとの仲を微笑ましいエピソードとして語る。
 それに対し、34年問憤りの気持ちを抱き続けてきたAさんやBさんは、テレビの中で“友愛”を掲げる由紀夫氏、そんな夫を支えていきたいと微笑む幸さんの笑顔の仮面の下に亡恩や不実がみえるのだという。

shige_tamura at 13:25│Comments(12)TrackBack(0)clip!鳩山由紀夫 | 民主党

トラックバックURL

この記事へのコメント

2. Posted by ちいちゃん   2009年09月04日 00:55
昨日テレビで鳩山夫婦の特集していましたが、政治家を支えるすばらしいファーストレディの誕生といったニュアンスで、略奪愛、不倫といったキーワードを使いつつ全体的に好印象な作りでした。私の年代は騒がれたことも知らないし、このことも最近知りましたが、どんだけマスコミが印象操作をしても普通の感覚なら引いちゃいますよね。特に主婦は敵に回すと思います。このワイドショーが飛びつきそうなネタですが主婦層の支持率は落ちるでしょうね。この方時折バラエティに出演されていましたが菅直人夫人ともども世間とはずいぶんズレてる人だなという印象です。
3. Posted by 民団の組織的な動員応援は違反では?   2009年09月04日 05:32
選挙運動って、選挙権を持っている人でないとできませんよね。

民団が相当、組織的に動いていたのですね。
民団新聞webの記事
民団8・30へ全力 「参政権16年」の総決算 2009-07-15
http://www.mindan.org/sibu/sibu_view.php?newsid=11552&page=7&subpage=2921&sselect=&skey=

「参政権」獲得へ 私たちはこう動く 2009-08-15
http://www.mindan.org/sibu/sibu_view.php?newsid=11640&page=3&subpage=2957&sselect=&skey=

(続く)
7. Posted by ggg   2009年09月08日 16:46
人の女房を寝取るような野郎が「友愛」だと・・・・ケッ!
9. Posted by とおりすがり   2009年09月15日 22:44
人の心がわからないモノが政治屋をやれるのは、結局目先の利益しか見ていないモノと、周りがいうから俺もと何も調べず馬鹿騒ぎにはまってるモノが原因
歎いた所でしょうがない。
次の選挙でって馬鹿だろ。
日本と日本人が売国奴のいいなりに死滅するだろうのに
10. Posted by とおりすがり   2009年09月15日 22:49
人の心がわからないモノが政治屋をやれるのは、結局目先の利益しか見ていないモノと、周りがいうから俺もと何も調べず馬鹿騒ぎにはまってるモノが原因
歎いた所でしょうがない。
次の選挙でって馬鹿だろ。
日本と日本人が売国奴のいいなりに死滅するだろうのに
12. Posted by 通りすがり主婦   2009年09月21日 14:32
1 過去を問題にするより今が大事。不倫だろうが略奪愛であろうが、より良い日本を望んで選ばれた総理。応援するのみ!
14. Posted by 通行人   2009年09月28日 16:20
運命には逆らえまい。
妻を寝取られてしまったことも運命。
彼らの出会いも運命。
全ての夫婦がそうなるわけでもなく、
全ては運命だったのでしょう。
そう思わなければ、こんなこと納得出来ないでしょう。
しかし、男のけじめとして、自分の不始末にかんして殴られてでも自ら謝りに行かなかった事、
母親に代弁してもらったことには、当時情けない男だったんだろうと感じた。
16. Posted by とおりすがり   2009年09月30日 12:11
いくら過去の事であり今が大事とはいっても人に迷惑をかけたのは事実。人の奥さんに惚れ込んで、一緒になりたいために略奪婚か…まるで欲しい物を泣いてねだる幼児みたいだ。これだから世間知らずのお坊ちゃんは…

本人たちはそれで満足かも知れないが、振り回された周囲の人たちの気持ちはどうなる?過去の事で片付けられるものではない。

こんな男に一国の総理大臣が務まるか。自分の不始末を母親に尻拭いしてもらうような情けない男が。
17. Posted by 一般市民   2009年10月02日 18:15
5 北海道に鳩山神社建てたり、この人は顔からしておかしい。同じく夫人もである。これは、いいとして、妻が在日であるという報道がされているが、真実なのであろうか?事実であれば、大変なことになる。拉致被害者はどうなる?
度重なるミサイル発射による主権国家としての威信は?いくら結婚が自由としても主権国家の首相たるものが...。自民党がしっかりしてれば、こんな奴が首相にならなかったのに...。きわめて遺憾です。
18. Posted by 世も末   2009年10月20日 18:29
鳩山幸 なんという下品な女だろう
マスコミは、こんな不潔女を持ち上げている
理由が、わからない。
ファッションショーに夫婦で参加・・
日本経済は、そんなどころでは、ないだろうに


国民の7人に1人が貧困状態 厚労省、初の発表 - MSN産経ニュース
http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/091020/plc0910201337006-n1.htm
19. Posted by 右翼な人びと   2009年11月25日 05:51
>自分が来るべきところを母親を挨拶に来させるような男だということをいいたいのです」 (Aさん)
なるほどー。昔、彼は室蘭の愛人を週刊新潮にすっぱ抜かれたときに右翼団体使って新潮社に圧力かけて全4回の掲載予定を1回で終わらせてるんですよ。そのときも本人が挨拶に来る筈が来たのは母親だったと「右翼な人びと」という本に「鳥山」という偽名かな?書いてあった。
都合の悪いことは母親を挨拶に来させる男なんです。
しかしこの本の作者も本出したときにはまさか鳩山が総理になるとは思わんかったろうなー。
21. Posted by 海風   2010年09月30日 10:26
とにかくこの馬鹿兄弟一家に税金払っていることが、たまらなく悔しい。
 

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
ランキング一覧

人気blogランキング

人気blogランキングに参加しました。
応援よろしくお願いします。
月別アーカイブ
最新コメント