2009年07月28日

民主党マニュフェスト批判

日の丸(写真は、国旗を掲げない民主党大会)
「財源、無責任であいまい」 首相、民主公約を批判

 麻生太郎首相は27日、民主党が発表した衆院選マニフェストについて「『子ども手当』や『高校の無償化』に何兆円かかるのか。財源が無責任で極めてあいまい。ここが一番の問題だ」と批判した。安全保障政策についても「国家の安全保障という最も大事なところがコロコロ変わるのが、日本の安全保障を最も危うくする」と述べた。首相官邸で記者団に語った。

 民主党が反対してきたインド洋での給油活動を当面、継続する方針をにじませたことには「インド洋への自衛隊派遣は憲法違反だと何回も言っていたと記憶する。今は憲法違反ではなくなったのか」と指摘。「主張は一貫性を持ってもらわないと。ブレたと言われることになりはしないか」と強調した。

 自民党の細田博之幹事長も同日、民主党のマニフェストを「非常にバラ色の内容になっているが、財源不足が大きすぎて全体として大きな問題がある」と批判。そのうえで「景気対策としてめざましいものもない。麻生政権の対策の方が具体的で前向きだ」と語った。(日経新聞7月27日より)



現在の教育委員会制度を抜本的に見直し、
教育行政全体を厳格に監視する
「教育監査委員会」を設置する。

 ついに民主党が教育の政治支配に向けて牙をむいた

民主党は、7月27日(月)にマニュフェストを公表しましたが、その中に、わが国の教育行政や、国民の自由に関して、極めて重大な危機をもたらす公約が入っています。
民主党は、かねてから、教育委員会を廃止し、知事や市町村長が教育行政を担うとする考えであり、『政策INDEX2009』では、「地方の教育委員会を発展的に改組した『教育監査委員会』を創設し、教育行政の責任を首長に移管」するとしています。
「教育行政の責任を首長に移管」することだけでも、教育においては政治的中立性・安定性・継続性が必須であり、選挙で選ばれた首長が直接教育の事務を担当することで、教育の政治的中立性・安定性・継続性が損なわれるおそれが高くなり、大きな問題があります。
具体的には、日教組の支持を受けて当選した首長が教育行政を担うことになり、日教組の主張に沿った教育行政が行われるおそれがあるのですが、民主党はマニュフェストで、新たに「教育監査委員会」について、その役割を「教育行政全体を厳格に監視する」ものと定義しました。
これは即ち、日教組の支持を受けて当選した首長に政治任用された「教育監査委員会」が、各学校において、日教組=民主党の方針に従った教育が行われているかを厳格に監視するということであり、教育を政治支配すると表明した公約に他なりません。
例えば、これまで通り「日の丸」掲揚や「君が代」斉唱、道徳教育などを行う教師などは、日教組シンパによって「教育監査委員会」に告発される社会が到来するのです。


北朝鮮のような監視社会がやって来る

現在、日教組は、国家と対峙し、現政権の打倒を目的として活動していますが、仮に民主党=日教組が政権を獲得した際は、「教育に政治的中立などない」との方針のもと、一転して、教育が民主党政権を維持・強化するための手段となります。
民主党が政権を獲得すれば、政権=日教組なのですから、日教組の教育への介入にストップをかける者がいなくなり、わが国の教育は日教組に支配されることとなります。文部科学省は実質的に解体され、教育委員会などは日教組の出身者で占められるか、実権を持っている民主党=日教組の顔色をうかがいながら行政を行うことになるでしょう。
そのうえで、一党独裁の共産・社会主義国、あるいは全体主義国のような、民主党政権の維持・強化のための教育が行われることになるのです。日教組が否定している「戦前」のような、あるいは北朝鮮の金正日体制を支えるためのような教育が、日本でも行われる可能性があるのです。


日教組による恐怖支配が現実に迫る

自民党は、かねてからこの点について警鐘を鳴らして来ましたが、ついに、日教組=民主党は、国民を監視する「教育監査委員会」と言う形で、教育の政治支配に対する本音を漏らしました。民主党を支持するのは、連合などの労組組合ですから、これは、彼らが理想とする社会主義国のような行政体制を作ろうという考えの一端が現れたものです。
民主党が政権を獲得すれば、北朝鮮のような教育が行われ、国民一人一人が監視のもとにおかれる社会になります。これは決して夢物語などではありません。いま、そこに、現実的な危機が迫っているのです。

shige_tamura at 10:14│Comments(2)TrackBack(1)clip!民主党 | 麻生太郎

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 民主党のマニュフェストは・・・恐ろしい  [ 黒猫通信 ]   2009年07月28日 19:53
民主党のマニュフェストに関する報道がネット上でも、結構ありますね。

この記事へのコメント

1. Posted by りんご   2009年07月31日 06:33
3 月2万6千の子供手当→扶養控除廃止
高速料金無料化、農業個別所得補てん
消費税の議論抜きの年制度改革突っ込み処満載の民主党のバラマキ政策を指摘するのはとても
重要なことなのですが800兆円もの国債を
発行したのも自民党政権下でありそれだけでは
説得力が無い様に思います
ネットの世論調査では今度の総選挙の1番の
関心事が外国人地方参政権付与と人権侵害救済法案です
民主党はこれを党是とし基本政策にしています
今まで以上の在日の権利拡大、対馬や人口の
少ない村や町に外国人(主に在日朝鮮人、中国人)大挙して押し寄せその地区の行政を牛耳る
危険性も充分有り得ます
その上民主党は大量移民受け入れにも積極的です
年金問題や経済対策に目を取られて選挙民は
それよりも遥かに国の在り方に関わる重要問題に気付いていません
試しに1回やらせてみようなどと呑気に構えて
取り返しのつかなくなることになる前に自民党は左翼思想に染まった民主党(旧社会党の残党)との違いを際立たせるべきです
たむたむさん日本を守る為にも自民党の先生方
に進言して下さい
2. Posted by ?   2009年08月16日 22:44

民主党のマニュフェスト、

予算的な問題で無理があると思いました。

国債も800兆円も発行したんだし、

これ以上、国の借金を増やさないで!!

って思いますね。

確かに庶民ウケしそうですが、

あとの負担が大きいと思います。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
ランキング一覧

人気blogランキング

人気blogランキングに参加しました。
応援よろしくお願いします。
月別アーカイブ
最新コメント