2009年05月26日

北朝鮮の核実験・ミサイル発射に対する与党声明

 本日、与党 北朝鮮ミサイル・核問題対策本部が開催され、訪米団が派遣されることになりました。メンバーは、山崎拓、中谷元、佐藤茂樹の3議員に、事務局で僕が同行することになりました。明日、出発です。
 以下、与党声明を掲載します。(平成21年5月26日)

 昨日、北朝鮮が核実験及びミサイル発射を行った。
 今回の北朝鮮の行為は、危険極まりないものであり、わが国のみならず、北東アジア地域の平和と安全を損なう行為であり、断じて容認できない。北朝鮮に対し厳重に抗議し、断固として非難する。

 これらは北朝鮮の核実験を禁じた3年前の国連安保理決議1718に対する明確な違反であるとともに、NPT体制に対する重大な挑戦である。本日未明、国連安保理が緊急招集されたが、当然である。

 緊急安保理では、全会一致で明確な決議違反であることが確認されるとともに、新たな決議を採択することについて合意された。今回の核実験に対しては、米国、韓国はもとより、中国、ロシアも北朝鮮を非難する声明を発表している。北朝鮮の暴走が、国際社会の平和と安定の秩序を根底から揺るがしかねないとの強い危惧を、多くの国が抱かざるを得ない事態であることを示している。

 政府は、断固たる抗議の意思を表明するとともに、国際社会の世論を喚起し、北朝鮮が核開発および弾道ミサイル関連活動を完全に断念するよう、検証等、実効ある制裁措置をともなった、新たな国連安保理決議の実現に全力を挙げるべきである。

 また、国連や各国の動きをにらみながら、わが国独自に北朝鮮に対する追加的な措置をとることについても早急に検討し、決定すべきである。

 今回の北朝鮮の核実験及びミサイル発射の状況を踏まえ、今後とも、政府としては、国家の防衛と国民の安全確保のための施策の一層の充実に万全を尽くすべきである。

shige_tamura at 14:55│Comments(0)TrackBack(0)clip!安保・防衛政策 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
ランキング一覧

人気blogランキング

人気blogランキングに参加しました。
応援よろしくお願いします。
月別アーカイブ
最新コメント