2009年05月26日

北朝鮮による核実験の実施について(外務省)

  北朝鮮による核実験の実施について(外交的取組)
 (平成21年5月26日、7時現在)
                         
1.事実関係
(1)25日午前9時55分頃、気象庁が北朝鮮において通常の波形とは異なる地震波を探知。
(2)正午頃、北朝鮮は、朝鮮中央通信を通じ、「地下核実験を成功させた」と報じた。
(3)11時45分、官邸内に官邸対策室、外務省内に外務大臣を本部長とする緊急対策本部を立ち上げた(注:中曽根外務大臣はASEM外相会合出席のためハノイ出張中であり、12時30分頃の外務省緊急対策本部会合は伊藤外務副大臣が主催)。

2.我が国の立場
(1)北朝鮮による核実験は、北朝鮮が弾道ミサイル能力の増強をしていることと併せ考 えれば、我が国の安全に対する重大な脅威であり、北東アジア及び国際社会の平和と安全を著しく害するものとして断じて容認できない。北朝鮮に対し厳重に抗議し、断固として非難する。
(2)かかる行為は安保理決議第1718号に明確に違反、NPTに対する重大な挑戦。
 また、日朝平壌宣言や六者会合の共同声明にも違反する。
(3)我が国は、米韓をはじめとする国際社会と連携して、安保理において決議を採択することを目指し、迅速に対応していく。

3.外交的対応
(1)北朝鮮に対する抗議
 25日、14時30分頃、北京「大使館」経由にて北朝鮮に対する抗議を実施。
(2)各国との協議・連携
 各国との間で電話首脳会談・外相会談等を実施し、上述の我が国の考え方を説明し、安保理等での連携を確認。また、多数国間会合においても本件を取り上げた。
 25日、11時30分(日本時間、以下同じ。) 日韓外相会談(於:ハノイ)
    12時50分 藤崎駐米大使からスタインバーグ米国務副長官に対する申入れ
    16時 日韓首脳電話会談
    17時10分頃 日中外相立ち話
    19時頃 ASEM外相会合(第一セッション)
    20時45分 日米外相電話会談
    21時30分頃、ASEM外相ワーキングディナー
(3)国連における対応
 25日、12時50分頃(日本時間)、安保理議長国(ロシア)に対し、安保理会合の緊急招集を要請。26日5時30分頃安保理非公式会合開催、6時20分頃終了。
 終了後、安保理議長(ロシア)より、北朝鮮の核実験に対する強い反対と非難を表明し、北朝鮮に関連安保理決議に完全に従うよう要求し、また、安保理決議につき直ちに作業を開始することを決定した旨のプレス向け発言が安保理議長より行われた。

shige_tamura at 09:26│Comments(0)TrackBack(0)clip!安保・防衛政策 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
ランキング一覧

人気blogランキング

人気blogランキングに参加しました。
応援よろしくお願いします。
月別アーカイブ
最新コメント