2008年10月30日

定額減税(給付金)を考える

 「恒産なければ、因(よ)って恒心なし」(孟子)

 この意味は―「一般の人民は、恒産、すなわち、どんな場合にも、ちゃんと生活していけるだけの収入や財産が備わっていないと、恒心、すなわち、不変の思想、不動の道義心は保ちにくい。政治家はまず、人民に恒産を持たせることが必要である。」

 今度、政府が行おうとしている定額減税(給付金)だが、正直、どう考えたらいいのかと思っていたら、有名ブログに「定額減税(給付金)の政策的本質と政治言語としての「バラマキ」―という記事がありました。
 なるほどと思いましたので掲載します。


 いわゆる定額減税の問題について。今回は減税ではなく給付金の方式での支給だが、マスコミも野党もブログ左翼も揃って「効果がない」と言い、「無駄なバラマキ政策」だと非難している。

 定額減税を評価する声は一つもなく、これに反対するのが国民的正論になり、批判しない人間が異常だという常識ができている。
 
 民主党は、自分たちの子育て支援策(4.8兆円)がバラマキだと批判されると反論するが、似たような定額減税(2兆円)に対しては「究極の選挙対策のバラマキ」だと批判する。正直に言って、貧乏人が多いはずのブログ左翼が、民主党やマスコミに口を合わせて定額減税(給付金)に猛反対している光景が滑稽で仕方がない。

 民主党に踊らされ、マスコミに洗脳されているだけではないか。

 今日(10/30)の日経の5面に「給付金」に関する囲み記事があり、ニッセイ基礎研究所のコメントが載っていて、「分析では資産が少ない人ほど振興券給付によって消費を増やしている」とある。消費刺激の波及効果は限定的だが、低所得層は現実にそれを消費に回している事実が報告されている。 

 「働く貧困層」と呼ばれる年収200万円以下の人々にとって、たとえ僅少な金額(一世帯平均38000円)の「給付金」でも、生活する上での大事な収入になるはずで、おそらくは貯蓄ではなく支出に回ることだろう。
 貯蓄に回すほどの余裕もない世帯や生活者は多いはずだ。
 貯蓄に回したくても回せないほど生活に苦しんでいる人が無数にいるはずだ。
 貯蓄に回す余裕のある人は貯蓄に回せばよいのであって、それは将来の生活の安心に繋がり、将来の消費に繋がる。
 これは国家からの一時金であり、国民への生活支援金であり、その本質的意味を一言で言うなら、消費税の戻し減税である。

 所得に関係なく一律に同額を支給するということは、一律に徴収している消費税を国民に還付しているということだ。消費税を戻す。実質的な消費税減税。これは立派に社会民主主義的な性格の経済政策であり、左翼がそれを憤然と非難する図は明らかに本末転倒している。
 左翼の側が、「定額減税は消費に回らず景気対策にならない」と言って反対しているのは理解に苦しむ。与党の政策だから何でも反対すればいいという態度は誤りだ。

(略)

 誰でも消費はしたいし将来のための貯蓄もしたい。
 したいけれども収入が無いからできないのだ。生きるためには家賃を払い、電気ガス水道料金を払って、最低限の食料品と日用品を買い求めざるを得ず、店で商品を購入する支出を消費と呼ぶ。
 したがって貯蓄はやめることができても消費をやめることはできない。余裕のある者だけが貯蓄ができる。年収200万円で貯蓄をせよと言うのは無理だ。
 それが真実であるのに、ブログ左翼はマスコミや民主党と口を揃えて「定額減税は経済効果がない」などと評論家が言うようなことを言っている。定額減税をバラマキだとして反対するキャンペーンを張っているのはマスコミで、マスコミに記事を書かせているのは官僚である。
(略)

shige_tamura at 14:46│Comments(1)TrackBack(0)clip!麻生太郎 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by TK   2008年10月31日 01:52
与党が実行してきた子育て支援
散々反対してきた共産党までが賛成に回った時にも反対し続けた民主党
節操の無い民主党は亡国の因ですね

もしかしたら田村さん
約20年前ににっぽん丸に乗っていませんでしたか?

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
ランキング一覧

人気blogランキング

人気blogランキングに参加しました。
応援よろしくお願いします。
月別アーカイブ
最新コメント