2008年10月27日

小沢一郎民主党代表の金脈を撃つ 連続追及第6回

現代今日発売の『週刊現代』(11月8日号)に、松田賢弥氏の 執念の調査報道スクープ! 小沢一郎民主党代表の金脈を撃つ「連続追及第6回
牾儕漂埜紊慮綏兌圻瓩牛耳る「電波利権」の闇」
―が載っていました。6回目です。
概要は、
地元テレビ局をめぐる「架空株主」疑惑だけではない。当時の管轄官庁・郵政省内部には私的官僚グループ「一の会」が存在していた!
ーというもの。

記事の冒頭を紹介します。

「自民党幹事長当時の小沢(一郎)は、テレビ局を管轄する郵政省(現在の総務省)に顔の利く実力政治家だった。その小沢の政治力があって地方局を開局できた以上、小沢への見返りとして、その局の株式の配分でも小沢の了解と指示を得なければならない。小沢抜きで勝手に決めることはできなかっただろう。
そして、民放のキー局を系列に持つ新聞社にとって、実力政治家の介入で地方局を開局したことは、決して触れてほしくないタブーだ」
 ある新聞社の幹部は私にこう語った。現在、民主党の代表として自民党に政権交代を迫る小沢一郎(66歳)。その小沢が自民党の幹事長時代に牛耳り、当時の管轄省庁である郵政省やメディアもー体となった「電波利権」の闇はあまりに深い。ジャーナリズムを標榜する新聞社にとってすら「タブー」であるなら、その全体像が明らかになることはほとんどない。だが今回、私は政と官の猝着瓩鮗┐江攀鬚鮗蠅貌れた。
 小沢が自民党幹事長として権勢をほしいままにしていた90年4月、小沢の故郷・岩手県水沢市(現在の奥州市水沢区)を本社にフジテレビ系列の「株式会社岩手めんこいテレビ」(以下、めんこいテレビ。現在、本社は盛岡市に移転)が開設された。
 本誌先週号で私は「めんこいテレビ」開設の陰で同社の株式をめぐって、小沢事務所の秘書が複数の人間に「名義貸し」を依頼し、「架空株主」を仕立て上げていた疑惑を報じた。
「めんこいテレビ」の第6期営業報告書(96年3月期)によると、個人株主のなかで住所が小沢の選挙区(岩手4区)を含む県南部にある個人は10名。それぞれ額面5万円の株を1500株ずつ保有しているとされ、一人当たりの持ち株の金額は7500万円にものぼる。ところが、本誌がその株主を取材した結果、判明しただけで名義だけの「架空株主」が5名。2名は株の取得こそ認めたものの、1500株もの保有は否定したのだ。しかも、彼らのほとんどは小沢事務所から「名義貸し」の依頼があって「架空株主」になったことを認めた。
 その一人、北上市で浄水機器点検業を営む会社社長は生々しくもこう語った「『めんこいテレビ』について私は(株主として)名前を貸しただけです。配当も一切ない。事情はわからないけど、ただ名前借りるからなって。私は『おカネも出していいですよ』と言ったのですが、『いや、カネは(こちらで)出すから』と言われたんです。(実際の出資金は)誰かが出したはずですよ、小沢じゃなく。最後はその人(本当の出資者)が株主になったんじゃないかな」

 小沢事務所は、「ご指摘のような事実(名義貸しの依頼)はない」
 と否定する。だが、小沢の秘書たちが、公共性の高い電波事業であるにもかかわらず、率先して「名義貸し」を依頼し、虚偽の記載で「架空株主」を仕立て上げたことは、複数の証言から疑いようはない。時の自民党幹事長が、自ら電波行政を私物化していた疑いが濃厚なわけだ。しかし、小沢事務所はなぜ「架空株主」を仕立てることに奔走したのか。少なくとも7名で額面総額5億2500万円もの「所有者不明」の株式はどこに行ったのか。そして、この大量の「架空株主」の存在をなぜ、放送局を管轄する郵政省は見逃したのだろうか―。

(以下詳細は、『週刊現代』をお読みください。)

shige_tamura at 13:18│Comments(1)TrackBack(0)clip!小沢一郎 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by とめ   2009年02月14日 10:27
5 興味深く拝見させて頂きました。
ただ自民党幹事長というのは、政党内の地位で
あって、政治家としての地位ではないですよね。
もちろん自民党幹事長が、どれほど凄い影響力を
持っているかは分かっているつもりです。

もし民主党が政権を取ったら、政治家としての
知識や経験のある人がほとんど居ない巨大な
素人集団が政権を取ることになるわけで、
非常に不安です。

また、小沢一郎氏の先祖の墓が、両親の墓も
含めて、一つも日本に無いとは良く言われる
ことですが、単なる噂なのか真相を知りたい
ところです。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
ランキング一覧

人気blogランキング

人気blogランキングに参加しました。
応援よろしくお願いします。
月別アーカイブ
最新コメント