2008年09月02日

福田康夫首相退陣、「政界一寸先は闇」

記者福田首相の突然の退陣表明を受け、自民党本部の動きに注目が集まり、記者が殺到している様子。(自民党本部一階ロビー)

 昨日、民主党の小沢一郎氏が代表選に出馬を表明。
 その夜、福田首相が総理退陣のための記者会見を行った。
 
 福田首相が、昨日、突然退陣するとは誰も思わなかった。
 
 このまま、自分が首相であっても、民主党の対応によって政策が前に進まない。その上に、総選挙は、どんどんと迫ってくる。
 民主党は、ただただ「政権交代」を叫ぶだけで、その政策には財政の裏付けがない。ただただ「無駄をはぶく」というだけで、具体性がまったくない。とうことで、政権交代は、政策後退になるだけだ。
 
 福田首相は、現状を分析して、日本をより良い方向に打開するためには、自らが退陣した方がいいと判断したのだろう。
 自民党の総裁選挙を実施して、新総理・総裁のもとで自民党及び与党が結集して総選挙を闘う、新しい陣立てで闘いに挑むということだろう。

 僕も長い間、政界の端っこにいて思うが「政界一寸先は闇」だ。
 今回もそうだが、何が急に起こるかわからない。

 その際、慌てずに、いかに冷静・沈着に対応できるかが大事だと思う。
 こうしたときに、人間の「品格」があるか否かがはっきりする。

shige_tamura at 10:06│Comments(0)TrackBack(0)clip!福田康夫 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
ランキング一覧

人気blogランキング

人気blogランキングに参加しました。
応援よろしくお願いします。
月別アーカイブ
最新コメント