2008年08月26日

上野由岐子選手の言葉に感動

 昨日のテレビでは、北京オリンピックの特集があった。
 その中で、最も大きくクローズアップされたのが、ソフトボールのピッチャー上野由岐子選手だった。
 なぜ勝てたのか?その理由は、米国のピッチャーの癖を見破り、それを作戦に生かしたことなどだ。でも、その中で、上野由岐子選手が連投で中指を故障しながら最後まで投げ勝ったことが大きかった。

 その上野由岐子選手は、決勝戦で「冷静になれた」それは、「神が降りてきたようだった」とインタビューで語っていた。

 努力する人には神が味方をするという証明であろう。
 あるいは、上野由岐子選手が努力によって神を自分に「引き寄せた」のであろう。

 やはり「あきらめなければ、夢がかなう」という言葉が良い。

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
ランキング一覧

人気blogランキング

人気blogランキングに参加しました。
応援よろしくお願いします。
月別アーカイブ
最新コメント