2008年08月25日

ソフトボール上野由岐子選手の「夢は必ずかなう」「努力は人を裏切らない」に学ぼう!

富士火力写真は、昨日行われた陸上自衛隊の「平成20年度 富士総合火力演習」の最後のシーンです。雨の中で行われました。


ソフトボール上野由岐子選手の「夢は必ずかなう」「努力は人を裏切らない」に学ぼう!

 昨日、北京オリンピックが終了した。
 事故もなく無事に終わったのは良かった。
 閉会式で、中国の花火と人力を使っての聖火の演出はすごかった。また、次期、オリンピック開催地のロンドンから二階建バスと、何といっても「べッカム」が登場してサッカーボールを蹴ったのが良かった。
 今回の日本の金メダルは9個だった。
 北島さんの世界記録を出した金2個、他に、柔道、レスリングの連続金を取った吉田沙保里さんなどは立派だった。

 当然、金メダルと思っていた野球が、最後は、韓国、アメリカに負けでメダルを逃した、サッカー男子も負けた。
 それに比べて、女子は、サッカーで4位、ソフトボールが金メダルだった。
この違いは、男子は野球とサッカーは、帰国すればまたプロでやれる。
 それに比べ、女子はプロがない関係から、仕事をしながら競技をする。なかには、スーパーのレジ打ちをしながらオリンピックに出場した選手もいた。
 男女の違いは、ハングリー精神、必死さ、真剣さの違いである。

 今回のオリンピックで9個の金メダルを獲得したが、新人が金メダルを取ったのが、柔道の石井選手とソフトボールだけだった。

 今、日本で問題なのは、学者やマスコミが「日本には夢も希望も持てなくなった社会」と喧伝し、若者から意欲を奪い去っている現象だ。
 自分が努力をしないで、他人や社会のせいにする日本の現状が問題だ。人間、意欲を失ったら終わりだ。
 なお、これについては、『意欲格差』(和田秀樹著、中経出版社)にもあるので、後刻、本の紹介をしたい。


 今回のオリンピックで、夢と希望を持つことの重要性をソフトボールのピッチャー上野由岐子選手から教えられた。上野選手のインタビューの「夢は必ずかなう」「努力は人を裏切らない」という言葉は、元気を与えてくれる。
以下、読売新聞(8月25日)の記事を掲載する。

 気迫の3連投で日本中を沸かせた女子ソフトボール代表のエース上野由岐子選手(26)は、中学時代に抱いた「五輪で金メダルを取る」という夢を実現させた。

 読売新聞のインタビューに「夢をつかめたのはあきらめなかったから」と話した。(北京で、鬼束信安)
――五輪ってどんなところ?

 「ワクワクする場所。真剣勝負ができる舞台で、自分を高めてくれる。選手村でトップアスリートと会ってオーラも感じる。米国の選手とは試合後、記念写真を撮って友情をはぐくみました」

――魂のこもった投球だった。投げ抜けた理由は

 「負けたくないという一心。絶対世界一になるという強い信念があった。自分の気持ちが折れる前に、相手が折れたんじゃないかと思う」

――優勝して泣いた

 「初めてボールを持った日から16年間、この日のためにソフトをやってきた。いま金メダルが手元にあるのが不思議なぐらい。本当にやったんだなって」

――ソフトを始めた小学生時代を振り返ると

 「ボールを追いかけるのが楽しくて、負けたくないから練習した。真ん中にストライクゾーンをくりぬいた板を父が作ってくれて、自宅の車庫でそれ目がけて投げ込みました。卒業するまで毎日、父がランニングにつき合ってくれた」

――五輪を意識したのはいつ?

 「中学2年の時、アトランタ五輪でソフトが採用されてから。長野五輪でスピードスケートの清水宏保選手が金メダルを首にかけている姿を見て、『自分も』って思った」

――それが実現できたのはなぜか

 「自分のボールを信じて投げられたからだと思う。自分をすべて出せば悔いはないという信念を持っていた。苦しいこともたくさんあったけど、あきらめなかったから届いた」


――金メダルを目指す子供たちにメッセージを

 「努力は人を裏切らない。クラス対抗の試合のメンバーになりたいとか、自分が立てた目標に向かって頑張り続ければ、結果はついてくる。夢は必ずかなう。それが私がソフトボールに教わったことです」

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
ランキング一覧

人気blogランキング

人気blogランキングに参加しました。
応援よろしくお願いします。
月別アーカイブ
最新コメント