2008年04月28日

実名サイトが主流の英語圏

 ブログをやっていて感じるのは、「匿名で批判することはおかしい、それは卑怯だ」と思っていた。
 そうしたら、僕の思いを証明してくれる【ウェブ立志篇】米ミューズ・アソシエイツ社長 梅田望夫 の「信頼結ぶ英語圏の実名サイト」というコラムが、今日の産経新聞にあった。
 大変、良いコラムだったので、以下掲載しました。


 英語圏と日本語圏とでは、ネット空間の雰囲気がまったく違う。そのことを多くの日本人は知らない。もう15年近くネット空間の進化を観察している私は、英語圏を眺めては「またすごいものができちゃったな、やられたな」といつもため息をつく。気を取り直しては、その事実を日本の人たちに伝えなければと思う。そして今日も文章を書いている。

 「お前は何者なのだ。お前の価値は何だ。これからお前は何をしたいのだ」

 欧米の若者たちは常にそう問われながら育つ。個を磨き、自分の個性を発信しながら社会を生き抜いていくようにと、子供のころから教えられる。

 そんな「実名で自己を表現しながら顔を上げて生きる」という欧米の「強い文化」を、英語圏ネット空間に持ち込んで標準化してしまった会社がある。フェースブックというシリコンバレーの未公開ベンチャーだ。

 日本のミクシィと同じ、会員限定の情報交換サイト「SNS」の一つである。会員数は全世界で5000万人を超え、英語圏の35歳以下の利用者が圧倒的に多い。サービスのルーツが米ハーバード大学での教授や学生の間での情報交換用途だったこともあり、利用者の学歴は高く、その大半が、顔写真、実名、自らの詳細なプロフィルを公開し、相互にコミュニケーションを取り、友人知人のネットワークをネット上で広げている。意識が高く、留学を志しているような日本やアジアの学生たちも多く参加するようになった。欧米英語圏の若者たちを中心に「強い文化」が世界に広がっているのだ。

 「匿名参加者が中心で、完全には自分を明かさない人が多い日本とぜんぜん違う。実名で、その人に関する情報が大量に公開されているフェースブックだと、それをお互いに読むことで相手のことがよく理解でき、会わなくても信頼関係を結べます。海外旅行に行くときは、フェースブック上で知り合った各国の友人の家に泊まります。大抵はタダだし、ユースホステルよりずっと安心なので、これからは学生貧乏旅行の主流になるでしょう」とは、今秋からロンドンに留学する20歳の日本人学生の言である。

 昨年10月、マイクロソフトがフェースブックに出資したとき、150億ドルという同社の時価総額評価の高さに世界中が驚いた。能力が高くやる気のある世界中の若者たちの多くが「人生のインフラ」としてフェースブックを利用し、その人間関係の地図のようなものが可視化されつつある。マイクロソフトはその価値を、これほどに高く評価したわけだ。ここ数年で、私がいちばん痛切に「やられたな」と思ったのは、このフェースブックの勃興(ぼっこう)だった。

 ネット空間に光と闇の両方が存在するのは当然のことで、現実社会に光と闇があることの鏡像にすぎない。「闇の部分が存在する」という理由だけでネットそのものを忌避する傾向が続けば、日本語圏ネット空間はますます特殊なものになっていくなあ。そう嘆きつつも、自分が20歳のときに、フェースブックのようなサービスがあったら、そこに飛び込み、人生の可能性がどれほど広がったろうかと、現代を生きる若者たちを心からうらやましく思ったりもする昨今である。(うめだ・もちお)


shige_tamura at 16:55│Comments(1)TrackBack(0)clip!ニュース 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by デルタフォース   2008年04月28日 18:41
5 エントリとは主旨が異なるかも知れませんが、日本語圏vs英語圏という構図以外にも日本だけが実は「ガラパゴス諸島化」しつつあるのでは?時折そんな不安に駆られます。
日経BPのサイトに<a href="http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/COLUMN/20071127/287983/">「日本が“ITのガラパゴス諸島”にならないために」</a>という記事がありますので参照いただけると幸いです。
記事の末尾に『「標準化の議論には,技術に関する知識だけでなく,ビジネス感覚,語学力,ディベート力が必要。しかし日本企業にそうした人材はなかなかいない」』とありますが、共通言語を持つ必要があると痛感しています。
言語といっても語学だけでなく、例えば西洋ならキリスト教的価値観、東洋なら儒教や論語といった「互いを認め合う為の」精神的・文化的バックボーンとセットで備わらなければ。私自身も、悩みつつ試行錯誤の日々です。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
ランキング一覧

人気blogランキング

人気blogランキングに参加しました。
応援よろしくお願いします。
月別アーカイブ
最新コメント