2008年04月28日

衆院山口2区補選

 衆院山口2区補選は、民主党の勝利となった。
 最大の原因は、後期高齢者医療制度ということだろう。

 選挙の途中に、勝てそうだということで福田総理が現地入りし、小沢代表は、「補選は全国区の選挙ではない」といった趣旨のことを発言した。その心は、選挙に負けても影響はないというニュアンスだったのだろう。

 今回の選挙、共産党から候補者を出さなかったが、これが民主党に流れたのもポイントである。

 この選挙結果で、政局はさらに流動化することになった。


以下、(産経新聞のインターネットの関連記事を掲載する)

首相、舛添厚労相に後期高齢者医療制度見直し検討を指示
4月28日15時7分配信 産経新聞

 福田康夫首相は28日昼、舛添要一厚生労働相と首相官邸で会い、衆院山口2区補選で自民党候補が敗北したことに関連し「選挙結果を受けて年金や医療制度について、国民の目線でしっかり対応してほしい」と述べ、争点となった後期高齢者医療制度(長寿医療制度)に見直すべき点がないか検討するよう指示した。
 会談後、舛添氏は官邸で記者団に「選挙の敗因と考えられる点について今から検討し、議論したい」として、新制度の運用面などに問題がないか早急に点検していく考えを示した。


民主勢い「自民政権の終わりの始まりだ」 山口2区補選勝利
01:01更新

 民主党は結党10年にあたる27日、衆院山口2区補選に勝利し、小沢一郎代表の求心力が増しそうだ。同党は、「一騎打ちに勝った。民意は圧倒的にわが方に期待している。自民党政権の終わりの始まりの選挙(結果)だ」(山岡賢次国対委員長)と勢いづいている。揮発油(ガソリン)税の暫定税率と道路特定財源の一般財源化をめぐる主張や、後期高齢者医療制度(長寿医療制度)廃止の方針に世論の理解が得られたとして、福田政権への対決姿勢を強めていく方針だ。(榊原智)
 民主党は28日午後の幹部会で、福田康夫首相への問責決議案の扱いに関し、与党が30日に予定する暫定税率復活のための歳入関連法案再議決の直後に出すことは見送る。補選に勝利したが、民主党は問責決議案提出のタイミングを決めきれておらず、当面は国会での政府・与党の追及を優先する構えだ。
 民主党の鼻息は荒い。同党の山岡国対委員長は27日夜、記者団に「政府・与党は結果を真摯(しんし)に受け止め、後期高齢者医療制度を直ちにやめるべきだ。30日に衆院再議決して、ガソリンを値上げすることも国民の意志はノーなので撤回すべきだ」と強調した。
 鳩山由紀夫幹事長は27日夜の記者会見で「小沢政権誕生に大きく近づいた」と胸を張った。また、「選択肢の幅が広がった。国会で後期高齢者医療制度、年金記録、道路の3点セットを追及し、最良のタイミングでの問責提出を視野に行動する」と語った。


困惑の与党 首相「なかなかうまくいかないものだ…」 山口2区補選・自民敗北
04/27 23:41更新

 衆院山口2区補選で自民党候補の敗北を受けて自民党幹部は苦渋の表情を浮かべた。党執行部は歳入関連法案を30日に衆院再議決する方針を崩していないが、党内の動揺は今後ますます広がりそうだ。
 福田康夫首相「なかなかうまくいかないもんですね…」
 伊吹文明幹事長「首相の責任ではないので気になさらないように」
 補選敗北がほぼ確定した27日夜、首相は伊吹氏に電話でこうぼやいた。
 古賀誠選挙対策委員長は午後7時半すぎ、党本部入り。8時すぎに党本部入りした伊吹氏はNHKの当確報道に間に合わず、「古賀さんだけの責任じゃない」とつぶやいて幹事長室にこもった。
 自民党では、後期高齢者医療制度を最大の敗因とみる。伊吹氏は「制度の説明が不十分かつ不適切だった」、町村信孝官房長官は「偏った報道も敗因の一つだ」とコメントした。
 野党が攻勢を強めるのは確実なだけに、伊吹氏は午後10時前に首相公邸に出向き、首相と今後の対応を協議。自民党の二階俊博総務会長は28日午前に臨時総務会を招集した。自民党各派も28日昼の派閥総会で一致結束を呼びかける。


shige_tamura at 16:24│Comments(0)TrackBack(0)clip!民主党 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
ランキング一覧

人気blogランキング

人気blogランキングに参加しました。
応援よろしくお願いします。
月別アーカイブ
最新コメント