2008年04月22日

在日米軍駐留経費の日本側負担(思いやり予算)に関する新たな特別協定案が成立の見通し

 思いやり予算の成立が民主党などの抵抗で、五月にずれ込むことが予想されていた。
 ところが、昨日のブログにも書いたが、

 全駐留軍労働組合から民主党への米軍駐留経費負担「特別協定」に係わる緊急要請

 によって参院での採決が早まり、承認されることとなる。
 その結果、米軍基地労働者への四月分の人件費支払いが行われる見通しとなった。

 

思いやり予算24日採決へ(日経新聞、4月22日より)

 民主党は二十一日、在日米軍駐留経費の日本側負担(思いやり予算)に関する新たな特別協定案を二十四日の参院外交防衛委員会で採決する方針を固めた。
 同委、参院本会議ともに民主、共産、社民各党の反対多数で否決の見通しだが、協定は条約扱いで衆院の議決が優越されるため国会としては承認が決まる。
 これにより米軍基地労働者への四月分の人件費支払いが遅れるなどの混乱は回避される方向となった。

shige_tamura at 11:47│Comments(0)TrackBack(0)clip!民主党 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
ランキング一覧

人気blogランキング

人気blogランキングに参加しました。
応援よろしくお願いします。
月別アーカイブ
最新コメント