2007年12月22日

大連立構想は民主党小沢代表からの話だった

 「大連立構想は、民主党小沢代表からの働きかけだった」ということが、読売新聞グループ本社の渡辺恒雄会長・主筆から語られました。
 小沢代表はウソを言ってたのでしょうか?
 今後、この問題は大きくなりそうです。


 以下は、今朝の読売新聞(12月22日)の記事です。


渡辺・読売新聞主筆語る
「大連立構想、小沢氏の危機感から」


 読売新聞グループ本社の渡辺恒雄会長・主筆は、22日に放送される日本テレビ番組「なかそね荘」の中で、自民、民主両党による大連立構想が浮上した経緯に関する見解を明らかにした。
 発言要旨は次の通り。
 
テリー伊藤氏(司会) 連立への思いを渡辺さんが福田さん(首相)に電話したのか。
 
渡辺主筆) いや、小沢さん(民主党代表)の方からのアプローチだ。
 
テリー) 小沢さんから電話があったのか。

渡辺) まぁ、そういうことですね。(電話が)あったし、直接会いもした。(小沢さんは)福田さんが持ちかけて、渡辺が仲介した。おれは受け身だった」ということを貫いているが、それは逆だ。なぜ(経緯を)書かないのかと、朝日新聞をはじめ盛んに僕を攻撃しているが、ニュースソース(取材源)に対する信頼を失ったら、将来、そのソースは切れる。まだ政治は動いている。今、全部暴露しろと言っても無理だ。僕は新聞記者の倫理を守るために、言っちゃいけないことは言わない。僕自身の倫理観と道徳観がある。
 小沢さんが言っている「福田さんが持ちかけてナベツネが仲介して」というのは事実に反する。むしろ、小沢さんの方が危機感を持って、「次の衆院選は厳しい。次の選挙でも民主党は衆院で少数党で、参院は多数党だ。このねじれがずるずる行ったら、国はおかしくなる」と認識しているから、そういう認識に基づいて行動を起こそうとした。
 ところがあのひとは、秘密主義というか、自分の党の幹部にも一切言わなかった。抑えられると思っていた。ところが、造反されて党首辞任騒ぎまでいった。福田さんは何度も小沢さんに、「民主党は大丈夫か」と聞いている。小沢さんは「大丈夫だ」と断言した。
 福田さんは僕にも聞いてきた。僕が小沢さんに聞いてみると、「大丈夫だ」と言うから、本当に大丈夫かなと思っていたら、1時間か2時間たったらパーだ。小沢さんは裸の王様になっていた。自分が言えば、幹部会はただちに賛成と言うと思い込んでいた。これが、今度の大連立話を破壊した最大の原因だ。
 
テリー) 連立の条件は。

渡辺)政策協議機関を作り、テロ対策特別措置法、消費税、社会保障、年金の問題などを片づけていこう。これが、国民のために幸せだと、両方とも善意で会ったことは間違いない。いずれは(経緯を)全部書く。
 
テリー)連立の中での小沢さんのポジションは。
 
渡辺) 小沢さんは無任所の副総理。これは決まったことだ。閣僚の数を(自民党)10対(民主党)6対(公明党)1で、6の中には国土交通相、厚生労働相、農相は入れてくれということで話はついていた。
 
テリー) 衆院解散は。
 
渡辺) 解散したら、ねじれは決定的になる。そうなったら完全に国会はまひする。その時点で連立をまじめに考えなければならないし、考えるようになるだろう。


shige_tamura at 11:54│Comments(0)TrackBack(0)clip!小沢一郎 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
ランキング一覧

人気blogランキング

人気blogランキングに参加しました。
応援よろしくお願いします。
月別アーカイブ
最新コメント