2007年10月31日

党首会談で何かが動くか

 最近の党首会談は、小沢氏が関係している。
 そして、何かが動くか。

 以下が最近の党首会談である。

 94年1月28日、細川首相と河野自民党総裁の会談。
これは、政治改革関連法案の修正で合意した。
この時は、自民党は野党で、景気回復のためにも予算審議をすべきと言っていたが、細川連立政権は、政治改革関連法案を優先し、世論もそれを後押しをし、自民もそれにのらざるを得なかった。
 細川連立政権では、小沢氏は新生党代表幹事として影響力を行使。

(94年2月3日 未明、細川首相は突如、消費税を廃止して7%の福祉目的税を創設するという「国民福祉税」構想を発表し、世論の激しい反発にあう。社会、さきがけ、民社各党の批判に合い、翌日、細川首相は国民福祉税構想を白紙撤回するに至った。)

 97年4月2日、橋本首相と小沢新進党党首の会談。
沖縄米軍基地に絡む駐留軍用地特別措置法改正案を協議。橋本氏の協力要請に小沢氏は反発したが、翌3日の連続会談で賛成・合意。「主張どおり合意できた」(小沢氏)

 98年11月19日、小渕首相と小沢自由党党首の会談。
自自(自民・自由)連立政権の樹立で合意。
議員定数の削減、副大臣制の導入、政府委員制度の廃止を要求。
(発足は99年1月)
ガイドライン関連法、国旗・国歌法、通信傍受法、改正住民基本台帳などが通常国会で成立。

 99年10月4日、小渕首相、小沢自由党党首、神崎公明党代表の会談。
自自公連立政権の樹立。

 00年4月1日、小渕首相、小沢自由党党首、神崎公明党代表の会談。
政権運営を巡って意見が対立、自由党が連立政権を離脱。その後間もなく、小渕首相は脳梗塞で倒れ、退陣した。

 01年10月15日、小泉首相と鳩山由紀夫民主党代表の会談。
テロ特措法案を巡り「国会の事後承認」に鳩山氏が反対、決裂。

 03年7月23日、菅民主党代表と小沢自由党党首の会談、テレビ出演。
民主・自由が9月末まで両党が合併することで合意。


 07年10月30日、福田首相と小沢民主党代表の会談。
会談後、福田首相は「民主党は協力政党と十分感じた。(小沢氏の)全身から感じた」と記者団に語った。
11月2日に再会談の予定。そして、何かが動くか。


「政界一寸先は闇」


shige_tamura at 16:23│Comments(0)TrackBack(0)clip!福田康夫 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
ランキング一覧

人気blogランキング

人気blogランキングに参加しました。
応援よろしくお願いします。
月別アーカイブ
最新コメント