2007年06月08日

社保庁労組がやっと残業するんだって?

 年金記録問題が大きくなり、自民党が労組が問題と指摘したことで、やっと、社保庁労組が残業するというのだから、あきれます。
 社保庁労組は旧国鉄と同じように、ひどい組合体質だったんですね。

 今回も「民主党のブーメランの法則」が働きそうです。

 「民主党のブーメランの法則」とは、民主党が与党のスキャンダルを攻撃する行動を起こすと、100%以上の確率で同じスキャンダルが民主党内に発生するということ。


(年金記録問題)

 民主党が年金記録問題を指摘・攻撃する発言を始める→原因は、民主党の支持団体の社保庁労組がまともに仕事をしなかったこと。



「社保庁労組、残業へ 年金相談、休日も返上」(朝日新聞、6月8日)より


 年金記録のずさん管理の問題で、社会保険庁の職員でつくる「全国社会保険職員労働組合」(約1万1000人、旧自治労国費評議会)は、相談業務に対応するための残業や休日出勤を積極的に受け入れる方針を明らかにした。

 労組が長時間労働を容認するのは異例だが、労働条件の改善を優先したことが「宙に浮いた年金」につながったとの批判を受け止め、信頼回復を優先する。

 同労組は今後、集会などでも謝罪を表明していく。自民党などが主張する労組の責任論をかわす狙いもありそうだ。

 同労組は、年金の未統合記録を積極的に解消してこなかったことについて「利用者の立場に立った対応に不十分さがあった」と反省。

 窓口の相談時間の延長や、休日の説明会や出張相談会の開催に、労組として積極的に協力することなどを4日、社保庁に申し入れた。労組は「労働条件よりも信頼回復が最優先。説明会では利用者に謝罪することも呼びかける」としている。


shige_tamura at 09:56│Comments(0)TrackBack(0)clip!民主党 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
ランキング一覧

人気blogランキング

人気blogランキングに参加しました。
応援よろしくお願いします。
月別アーカイブ
最新コメント